スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスワード忘れてた

思うことがあったので久々にブログ記事を書こうと思ってログインを試みたのだけど、
パスワードを忘れててブロックかかってしまった。
メールで再度パスワードを登録し直してログインできたものの、
その頃にはすっかり書こうとした内容を忘れてしまったので、また今度。
あと、折角コメントくれていたのに放置していてゴメンナサイね。お返事したからね。
スポンサーサイト

衝動的に消える奴

ネットをどんな風に使おうが個人の自由だが、
自分の意見を主張したいだけにしろ、他人との繋がりを持ちたいにしろ、
ブログやtwitterアカウントやコミュニティ等を作ってはちょっとやって消し、
また作っては、アッチャコッチャにちょっかい出しては人を集めては消える、を
性懲りもなく何度も何度も繰り返す人って何なんだろう?

気まぐれなのか衝動的なのか知らないが、そうやって逃げるように縁を切っては、
名前もコロコロ変えてても、やってることはいつも同じなもんだから、
うっかり関わると注文多くて面倒くさい面倒くさい。

聞きたくもない秘密を一方的に語っては、「理解してくれない」と拗ねてみたり、
勝手に悪口を言われているという被害者意識を膨らませて、鍵をかけてブロック。
そんなに警戒しなくても、ただの一般ブロガーでしかないアナタに興味を持ってる人なんか
そうそういるもんじゃないから。

その、誰もが自分に注目しているに違いないと思い込める「自信」ってどこから来るの?
それだけ特別なアナタなら、人に大切にしてもらえないなんて悩む事ないんじゃないかなぁ。

賞賛の誤解

【ツイ垢乗っ取り】香山リカ氏 「私が下書きのつもりで書いた。
“アプリ誤作動”で送信された」と弁解、何故か番組の対応に逆ギレ
⇒ 出演辞退【虎ノ門ニュース 8時入り!】


私もフォローしてた某氏のTwitter、
「アカウント乗っ取りなどに対応できなくなり、
 いったんこのアカウントを閉じさせていただき、
 再スタートを検討します。」

件のツイートもリアルタイムで見てて、
「ふーん、そんなことがあったんだー。
 どっちの言い分が正しいかはニュアンス的な物もあるから
 わかんないなー」
ぐらいだったんだけれども、
あれが、乗っ取り犯が書き込んだもの知れなくて、
アプリの誤作動で勝手に綴られた文章かもしれなくて、
出す宛てのない私信の下書きかもしれないものだったのか。

と、こうなると最初の、個性的な意見を持つ人を「宗教」、
賛同者に「信者」とは賞賛の意味で言ったのに誤解されたというのも、
本人の意見じゃないってことなのかな?
それとも、鍵の付いた日記帳に綴ったつもりの本音?

うーん、やっぱりわからないな。

わからないけれど、私も時々、人との会話中で
「いよっ、カリスマ!教祖みたいッスねー」
「信者にしてくださいよー。あ、最高幹部クラス限定ね」
とか心にもない事を言うことあるので、気をつけよう。w

痴漢少年

長男は今、昼で終わる仕事をしているため、
次男と長女の高校への迎えに車を出してくれる事がある。

待ち合わせはBOOK・OFF。
ここだと待つことになっても時間をつぶせるので。

ある日もそうやって帰って来てご飯を食べて、長女はお風呂へ。

リビングで寛いでいると、長男が口を開いた。

「これ・・・アリス(長女)には『言わんどって』と言われてた事なんだけど・・・」

長女が本屋で痴漢されたそうだ。

相手は、近くの中学生!!!
しかも、母親と一緒に来ていたとか。

娘が逃げて言いに来たので、すぐに表に連れ出して話をした。
親も一緒に。

「やっただろ!」「・・・・やってません・・・」

「嘘付くなや!触ってきただろうが!」「・・・ちがいます・・・」

「こっちは触られた言うとるんじゃ。じゃ、コイツが嘘ついとる言うんか!?
 なんでそんな事をせんといかんのじゃ! ああ~!?」
腹を立てて怒鳴る長男の勢いに、相手の子は泣き出した。

母親は側で、
「本当にそんなことしたの? してない? してないよね?」
とオロオロするばかり。

結局、ずっと相手はビクビク上目遣いで「ウウゥ~~~」と泣いているばかり。
話にならない。
もう、悪い事をしたのに怒られるのが怖くて嘘をついてるというのが
ありありとわかるのだが、どうしようもない。

警察に行く、店に言う、学校に通報する・・・なんてことも考えられるが、
どれも面倒なだけで、むしろ妹が恥ずかしい思いをする。
なので、そこで解放してやったそうなのだが、
結局相手は認めないし、謝ってないのだから、腹の虫はおさまらない。

それは聞かされた私とて同じ。なので、
「店と中学校には話はしておいた方がいいんじゃないか。次の防犯にはなると思う」
という話をすると、

「だからアリスが『お母さんに言わんどって』言うんじゃないか。
 お母さんはすぐそうやって大げさにしようとする。だから嫌なんだ」
と言う。

被害者本人が恥ずかしいのはわかるけど・・・、
そして私は子どもの身体だけでなく心も守らなきゃならないから、
それはその通りなのだけれど・・・・
同じことがまた本人や他の人に繰り返されないとも限らないというジレンマに
悶々としてしまった。

あの痴漢バカ中学生がこれに懲りて二度とやらなければいいのだが、
わざわざ防犯カメラの死角で痴漢しているぐらいだから、どうだろうか。

それにしても、妹を守るお兄ちゃんがいてくれたことは、
本当に良かったと思う。

ぽあんの有料ブロマガはじまるかもよ?

さて、書きたいものはゴッソリと溜まってはおりますが、
ここいらで、ちょいと方針転換などしてみようかななどと考えております。

熱を入れて書けば書くほど嫌われていくのが、この「ぽあん歩庵」。

「なぜこんなわざわざ憎まれるような書き方を?」と
ご心配くださる方は多々いらっしゃるのですが、
これも一つの手法としての実験ですので、
反論どころか批判も悪態も、私としては一向にかまわないどころか、
むしろ歓迎しているくらいです。

なぜならば、私は基本的には「いい人」をやっちゃうので、
昔から敵を作ることが出来ないという欠点があるからなんですね。

他人の話をよく聞いてしまう。
相手の立場になって考えてしまう。
気持ちを先回りして、欲しがっている言葉を言おうしてしまう。
人を傷つけるということが怖くてたまらない。
誰かを怒らせたり悲しませたりするぐらいなら自分が我慢したほうがまし。

なので、人と衝突はしないし、
あからさまに虐められたり、影で悪口を言われたりした経験はないのですが、
そのかわり、
親友、特別に仲の良い人、絶対的な味方というのも出来たことがありません。

本当に、そこそこ「いい人」、どうでも「いい人」といった、
毒にも薬にもならないような人間が、素の「ぽあん」なんですね。

敵が多いひとほど、強力な味方もまた多いというのはよく聞きます。
それが正しいかどうかは別として、
100人の敵に囲まれても、たった1人でも真の味方がいれば強くあれるというのは、
その通りだと思います。
自分がどうなんだということを明確にしないってのは、安全かもしれないけれど、
腹の探りあいの群れの中で「私たちって仲間よね~」とやってる人間を、
私はどうしたって、好きにはなれない。

好きじゃない人たちと上手くやっていこうとする好きじゃない自分ってのを
壊したい!
それが、このブログの目的でもあったわけです。

善も悪も、そうそう決め付けられるものではなく、
この世にあるほとんどの物がグレーなのは、わかりきったこと。
時代によって、立場によって、状況によって、物の価値や意味はコロコロと流転する。
今日、正しかったことが、明日は間違いになるなんて普通にある。その逆も。

だからこそ、「白だ!」、「黒だ!」と、
とりあえず断言するってことをやりたいと、そういう気持ちで書いてたのがこのブログ。

間違いを恐れて慎重になんてのは、責任のある立場の人がやればいい。
医者が嘘の診断をして人の命を危険に晒すようなことがあってはいけないけれど、
素人が自分の思う事を自分のページに書き散らすことに、良いも悪いもないわけで、
脅迫や犯罪幇助、実名での誹謗中傷などといった、法に抵触するようなことさえなければ、
オールオッケー。
間違ったら「ごめんなさい」で、済む話でしょ。


・・・・・とまあ、そういう立場でやってきましたが、
ぽあんが言いたい事を言うというのが、どうしても困る人たちもいるようで、
単にブログを書くだけのことに、面倒くさいあれこれを考えなきゃならないのも
シンドイよなぁああああっって思うようになってきたんですよ。

そこで、今後は「ぽあん歩庵」の一部記事を、
ブロとも限定にするか、ブロマガで有料にするという方法を考えています。

通りすがりではなく、わざわざ読みたいと思ってくれる人に向けてなら、
ブログ更新のモチベーションも上がりますし、
ついついキーボードを叩く手も滑って過剰にサービスした特別濃厚な内容も書けようかというもの。

それこそ、1人の味方のためにですね。

ということで、「ぽあんのここだけの話」を読みたい人がどれくらいいるか、
アンケート調査です。


上のアンケートで、読みたい、読んでもいいとお答えの方は、こちらもお願いします。

非双方向ブログ

書きたい事を書き散らすようなこんなブログをやってれば、
アラシがやってきて引っ掻き回すなんてことは、あって当たり前って
私は思うわけよ。

それがどうしても嫌なら、最初から、
人の神経を逆撫でする可能性が少しでもあるような記事は書かなきゃいい。

誰が読んでも当たり障りのない適当に「良い話」を優しい口調で書いてれば、
好感度アップで、「私もそう思う」「同感」「元気出ました」「ありがとうー」ってな
これまた心地良いコメントが来るだろうってのはわかってる。

でも、

そんな事は私は書こうって気にはならない

↑はい。ここ、大事。

だからって、誰かを傷つけるような文章を書こうとしてるわけでもないんだよ。

もう、単純にね、ここは私が独り言をブツブツ言ってるだけの所なんですわ。

メモ帳代わりといいますか、
考えた事をああでもない、こうでもないと関連付けたりまとめたり、
そんなことをしたりしなかったり、やりたい放題し放題の場所。

文法、用語、組み立て方を試行錯誤して遊んだりね。

そりゃ、読みたいと思って訪問してくれる人がいれば嬉しいし、
好意的なコメントが来ればありがたくもあるけれど、
読みたくない人に、「お前のために書いたんだ。読め!」なんて
強制するつもりなんぞさらさらないのよ。
分かりる?

「むかつく、腹立つ、こんなの読みたくねーよ」って人は、読まなきゃいい。
で、もって、
ページを黙って閉じるだけではどうしても腹の虫が納まらない人がいた場合は、
文句の一つでも書いてくれて、どうぞどうぞ、超結構ってスタンスなんだな。

というか、たとえ「批判的なコメントは書くな」と赤字で注意書きしといたって、
書きたい人は書くでしょ?
何の縁もゆかりも利害関係も何もない赤の他人の
ああしろ、こうしろなんて指示に従ってやる義理はないんだから。
「誹謗・中傷・罵倒・煽りはネチケットに反する」とかのマナー違反を問われても、
痛くも痒くもないもんね。

どうせこっちも書きたいこと書いてんだ。
読んだ人がコメント欄に書きたいこと書いたって全然OKってぐらいじゃないとね。

でも、そんな私のやり方が理解できないという人もいるでしょうよ。

人に嫌な思いをさせたくないというのを信条にしている人は、
同じく自分も嫌な思いをさせられたくないと思っていたりするものだかんね。

自分の言動が相手にどう受け取られるか熟考に熟考を重ね、
攻撃的にならないように、失礼のないように、
不用意にプライドを傷つけないように、トラウマに触れないようにと
とことん気を使って、相手の求める通りの喜ばせるような物を書いてるのだとしたら、
自分の意図と違う受け取られ方をするのは心外だし、
傷つくし、悲しいし、恐怖ってことになるかもしれない。

また、これまで付いていた読者への影響も考えたりすることもあるかもね。

とにかく、批判的な意見は「困る」でしょう。

その場合は、消せばいいよね。最初からなかったことにしちゃうの。
でも、削除するまでの間に他の人の目に触たら、読んだ人が不快になるかもしれない。
そんな心配もあるから、承認制という便利な機能がブログには付いているんだよね。
これを使うも使わないもブログ主の自由。
コメントを消すも消さないもブログ主の自由。

ほんでもって、私みたいに、書かれたコメントは丸々置いておくのも自由。
それを読む、読まないも自由なら、
返事をするしないも自由。
いやー、自由って素晴らしいじゃあないか。

だからさ、他人のブログに書いたコメントを、
ブログ主の都合が悪い物だったから反映してくれないとか、消されたとか、
返事がないとか、グチグチと不満をこぼしている奴らがたまにいたりするけど、
何言ってんだ?甘えるんじゃねーぞ、って感じ。
敵の情けにすがってどうすんだ?

自分でブログ作ってそこで思う存分書き散らせっての。
消される心配も、隠される心配もないんだから。
直接相手から返事がもらえるかどうかはわからないけれど、
運が良ければ代弁者っぽいのが来て議論交わせるかもしれないしね。

やりとりしたければすればいい。
したくなければ無視ればいい。

コメント欄での罵倒合戦が怖いのなら、コメントは読まなきゃいい。
自分がどうするかだけでしょ。

ぽあんは、読む人に自信と勇気と希望と安らぎを与えるために
ここを書いてるんじゃないんだよ。

そういう物が欲しい人は、他所へ行ってくださいましな。はい。

妄想をひとつ

不思議なのは、さ、
どうして、ぽあんが「本当の事」を言っているのが前提なのかって所。

もしかしたら、なにもかもが「嘘」かもしれないってなぜ疑わない?

狂人は息をするように嘘を吐くってこと、
心理学をやってて知らないわけはないはずだがなー。おかしーなー。(棒読み)

「鎌をかけられた」んじゃないかとか考えもしないなんて、素直なお坊ちゃんだこと。

身に覚えがないことを言われたら、だいたいの人は
「何を適当なことを言ってるんだ。嘘を吐くな!」と怒るもんじゃないの?

だのに、まず、ぽあんを信じた上で、ぽあんに対して疑いを晴らそうとするんだね。

読者はアクセスログなんて見てないってのに。

おもしろいねぇ。

ジキルちゃんとハイド君は。

アラシのやり方

掲示板歴やらブログ歴が長かったりするといろいろとあるもので、
無駄な人間関係を築いては、その人に頼まれて、
まったく興味もないブログにコメントを書いたりもしたっけな。
なーんてことを思いだしてた。

そこはスピリチュアル系の、
アクセス数もコメントも多い和気藹々としたブログだったんだけど、
心優しいブログ主は反論されたことなかったのか、
「このブログは汚されてしまった。悲しいです」と言い残して閉鎖しちゃったんだよね。
スピリチュアルに目覚めてブログで仲間が出来るまでは、
家族の事で悩んでうつを患い病院に通ったり、リスカしたこともあったらしかったから、
その後どうなったかは気になるけれど、まあ、しょうがないわな。

嫌なコメントが欲しくないならコメント欄を閉じとくか、承認制にすりゃいいんだし、
それもせずにいる人の、
「この自分の居心地の良いきれいな場所に、反論を書くな。否定をするな」
てなお願いは聞いてやる義理はないんだから。

と同時に気付いたのは、
誰かのブログが気に喰わないからって、知り合いに反論を書いてくれと頼む奴の薄汚さ、
そしてそれにホイホイと乗っかっちゃって遊び気分でからかいを入れた自分のバカさ加減。
なのでもうしないけどね。

自分の言いたいことは、自分のスペースに書けばいいんであって、
相手を屈服させる幼稚なパワーゲームを仕掛ける必要なんかないもんな。

赤の他人に望みどおりの反応をしてもらいたがるのは、やっぱガキだからだよ。

ガキの使い

それにしても、毎度毎度、
他人のブログの意見に難癖付けなきゃ納まらない連中って湧いてくるもんだね。
そりゃ、いいんだけどね。
私も好き勝手に書いてるんだし、コメント欄はフリーに開放してるんだから、
何を書いてくれちゃっても構わないよ。
たださ、誰に何を言いたいの?ってのは思う。
ぽあんが気に食わないって思うのは自由。
違う意見を持つのも自由。
自己主張するのも自由。
だけど、ここに書くってことは、私に向けて言ってるんじゃないの?
もしくは、ここを読む人に対してか。
で?
話をする気がないなら自分のブログで自分の意見を書きゃいいだろに。
しかも、なぜ怒ってる?
ぽあんが何か不利益を与えたか?
自分と違う物の見方をする人がいたのがそんなに辛いことだったのか?
勝手にブログを読みに来て
「もう二度と来ないよ」と、わざわざ最後っ屁を残して行きたいって、そのココロは?
理解不能だねぇ。
ガキの気持ちなんざ。

目先にかまけていいんじゃね?

ブログも放置気味だが、最近、Twitterの方もとんとご無沙汰。
ログインもしてなきゃ、読んでさえもいない。
というのも、私がフォローしている人たちは放射能対策に熱心な人たちばかりなので、
読んでいると気が滅入ってきてうんざりしてしまうようになっちゃったんだよね。
今後の事を考えると真剣に立ち向かうべきだし、私自身もそう思っていたからこそ、
そういった毛色の人たちの意見を集めるような構成にしたわけだけれど、
ね、
突然、嫌になったわけ。
元がチャランポランないい加減な人間なもんで、しょうがないんだよ。
もちろん被曝の可能性のある瓦礫を全国に拡散させないための署名やら活動やらは
出来る範囲で続けるし、
食品に注意深く確認する事は怠らない、原発には依然絶対反対の姿勢は崩さないけど、
誰が御用学者だとか、次の大地震がいつどこで起きる可能性が何%とか、
そんなことはもう、どーでもいいんじゃね?って感じ。
煩わしいだけ。
備えあれば憂いなしとは言うけれど、どこまで備えたって実際に役に立つかどうかは運次第。
何をどこまで集めても足りないって所は、貯金額と同じだよ。

「災難にあうときは災難にあうがよく候 死ぬときは死ぬがよく候」
どうせ私らは致死率100%なんだから、死ぬまいとしたって無駄ってこと。

それよりも今やらなきゃなんない事の方が大事でね。
面白おかしく、そこそこ忙しく、そこそこのん気な日々を過ごせりゃ万々歳じゃないかな。
っていう、心境の変化。
これもまた、いつまで続くかわかんないけどね。
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。