スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自分は原子力に詳しいんだ」は、なかったことに?

3月16日のニュースから。

「最悪なら東日本つぶれる」=専門家自任、笹森氏に明かす-菅首相
 「最悪の事態になったときは東日本がつぶれることも想定しなければならない」。菅直人首相は16日夜、東京電力福島第1原発の事故をめぐり、首相官邸で会った笹森清内閣特別顧問にこう語った。放射性物質の飛散により、広大な地域でさまざまな影響が出かねないとの危機意識を示したとみられる。
 笹森氏によると、首相は「僕はものすごく原子力に詳しいんだ」と専門家を自任。東電の対応について「そういうこと(最悪の事態)に対する危機感が非常に薄い」と批判し、「この問題に詳しいので、余計に危機感を持って対応してほしいということで(15日早朝に)東電に乗り込んだ」と続けた。(2011/03/16-22:12)

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011031601176

ここはまだ残っているが、Yahooニュースの方は消えている。
あそこはニュースの保存期間が短いので、それはまあいいとして、解せないのは毎日新聞社だ。
あちらこちらで引用されているのは、この記事。

「本当に最悪の事態になったら、東日本がつぶれる、ということも想定しなければならない。そういうことへの危機感が(東京電力に)非常に薄い」

16日夜、首相官邸で笹森清内閣特別顧問(連合元会長)と福島第1原発について意見交換した菅直人首相は、そう言って東電を強く批判した。さらに首相は「自分はものすごく原子力に詳しい」と自負したうえで、15日早朝に東電本店に乗り込み、首脳陣に「覚悟を決めて」と迫った理由について、東電側の危機感の薄さを挙げた。

この日、菅首相は首相官邸であった緊急災害対策本部で、被ばくの危険を冒して福島第1原発の危機回避に取り組む自衛隊員らに謝意を表した。しかし、陸上自衛隊ヘリで上空から海水を投下して原子炉を冷却する作戦は16日は見送られた。原発上空の放射線量が多く、強行すれば文字通り命をかけることになるからだ。統幕幹部は「命の保証がない。非常に危険な任務だ」と17日以降も放射線量を慎重に見極める姿勢を示す。

http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110317k0000m040069000c.html

しかし、このアドレス先の記事では、

 「本当に最悪の事態になったときには東日本がつぶれるということも想定しなければならない。(東電は)危機感が非常に薄い」

 菅直人首相は16日夜、首相官邸で会談した笹森清内閣府特別顧問に強い危機感を吐露した。東電と経済産業省原子力安全・保安院に任せている間に、福島第1原発の周辺は高濃度放射線に汚染された。そこまで事態が悪化するに至り、首相が「命がけの冷却作戦」を託した先は自衛隊だった。

 特に危険な状態にある3、4号機のうち、原子炉格納容器が損傷したとみられる3号機に、陸上自衛隊のヘリで上空数十メートルを通過しながら機体につるしたバケットから海水を投下する作戦が練られている。防衛省は当初、数十メートル上空でホバリング(空中停止)しながらピンポイントで狙う案を検討した。それでは乗員が放射線にさらされる時間が長くなるため通過方式に切り替えたが、同省幹部は「放射能との戦いだ。通過時だと(水が拡散し)冷却効果が薄くなる」と懸念する。


となっており、首相が「自分はものすごく原子力に詳しい」と発言した事には、一切、触れられていない。

後で書き換えられた?

私はちょっとショックだ。
こんなことは多くの人達にとって今更ながら驚くことも無い常識なのかもしれないが。

こちらは28日の朝日新聞から。

首相の原発視察は「勉強のため」 原子力安全委員長
2011年3月28日21時50分
 原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長は28日の参院予算委員会で、東日本大震災の発生翌日の12日に菅直人首相が福島第一原子力発電所を視察したことについて「総理が『原子力について少し勉強したい』ということで、私が(視察に)同行した」と語った。

 首相の原発視察に対しては野党などから東京電力の初動対策が遅れるなどの悪影響が出たのではないかとの指摘がある。首相の視察が単に「勉強のため」だったとすれば、論議を呼びそうだ。ただ、班目氏は「総理が行かれたことで、特に何か現地で混乱があったとは承知していない」とも述べた。


半日現地で案内されてお勉強をしてきただけで 「ものすごく原子力に詳しい」人になれるなら、
連日、原子力発電所の仕組みや放射能の影響などを
テレビや新聞やネットで見続け、調べ続けている私たちは、とっくに大大大大専門家だよ。
スポンサーサイト

偽りの「水」と「恩」

東京から遠く離れたここ広島の片田舎のこれまた片隅の小さなスーパーでも、
ミネラルウォーターの棚は空っぽになっている。

震災の後の混乱した中での食糧買いだめの影響も少しはあったが、
夕方に米売り場が空っぽになるという状態は2日ぐらいで解消し、
必要な物が買えない不便は今のところ、特にない。

しかし、水だけがない。

なぜ? 

国は韓国や中国からの水の支援の申し入れを一も二もなく受け入れた。
緊急時であるということで検査も満足にできないであろうに。

なぜ?

水ならある!
日本国内にいくらでも!

西日本や北海道では、蛇口をひねれば安全な水道水が出るではないか。

なぜこれを給水車で配給しない?
いやいや、被災地に全部行ってしまってるなら、ペットボトルに詰めてもいいんだ。
何かしたい人はいくらでもいる。

口蹄疫で生き埋めにされた家畜の血が
水道水に混じるような国からの水

硫酸工場の排水で真っ赤に濁って
泡立つような水を水道水に使うような国からの水

をありがたがる前に。

何かおかしい。

そう思っていたら、案の定。
韓国も中国も「日本は(震災支援の)恩をあだで返す」と不満をあらわにし、
日本の教科書検定に「日本固有の領土というでたらめを記述した」と
イチャモンをつけてくるようになった。
(参考:【助けたのに】恩をあだで返す、破廉恥国家日本に世界(※韓国)から批判が集中【強欲】)
(参考:尖閣「日本領土はでたらめ」=教科書検定、事を荒立てず―中国)

なるほど、これが狙いか。最初から。

よくやるよ、韓国も中国も、民主党も。

日本をなめるのもたいがいにしろ!

↓こちらを読めば、やはりそうかと納得し、さらに怒りが燃え上がること間違いなし。
(参考:博士の独り言 消えたペットボトルの「水」

プルト君を誠意を持って理解しよう

みなさ~ん、悪い噂のせいで、ボクをオバケのように怖いと思っていませんか?

でもそんなことはないんですよ。

怖いのは、みなさんがボクのことを正しく理解していないからです。

だからボクは、いっしょうけんめい本当のことをお話ししました。

これを見てみなさんの誤解が解けて、ボクと仲良くしてくれると嬉しいな。




どうでしたか?

ボク、とっても頑張ってるでしょう?

どうか誠意を持って応えてくださいね

ヤクザと原発の深い闇

原発関連の闇を扱う内容の漫画が、東日本大震災から現在までの状況に
あまりにもリンクしており生々すぎるということで、連載中断となったそうだ。

その漫画とは、「白竜~LEGEND~」の「原子力マフィア編」。

現実にリンクしていて生々しすぎると聞けば、
それはいったいどんなものかと興味が湧くもの。

早速、3月11日発売号を手に入れた。

以下は、その漫画のセリフ。

「原発の内部じゃな・・・・マスコミに発表されない事故が
 頻繁に起こっているんだッ!!


「それらを すべて・・・
 金と権力によって覆い隠しているのが
 東都電力の体質だッ!!


「原発ってのはな 原子炉やタービンはもとより
 それらを作動させるために数十万本のパイプが使われている
 いわば
 配管でできている発電システムなんだ!
 この中の主要配管が吹っ飛べば・・・
 チェルノブイリ級の原発事故が起こる!!

「原発の配管技術は 化学プラントと比べると15年遅れている!
 たとえば化学プラントでは時代遅れだと1960年代に廃止した工法を
 原発では最新の工法だと誤解をして1980年代に採用している」

「しかもその工事現場はずさんきわまりない!
 もっとも許せないのは 大手原子炉メーカーが受けた配管工事が
 下請け 孫請け ひ孫請けに回されていくことだ」

「原発って所はな 多重構造になった
 下請けシステムで成り立ってるんだ!!


「配管工には東都電力からひとりあたり7万円の日当が出て・・・
 しかし下請けに回されるたびにピンハネされていき・・・
 現場の作業員に渡される日当は8千円から7千円にまで下がるッ!!

「これでまともな職人が雇えるはずがない!
 当然 現場で配管をする作業員は農家や漁師のおじさんになる!」

「それに・・・何の資格もない作業員に溶接工の
 偽造ライセンスが与えられることもある!
 取材の過程で氏名の記入されていない白紙の資格証明書を何枚も見たぜ・・・!」

「たとえば溶接の途中でパイプに小さな穴が開くことがある
 それは配管のひび割れの原因となるので 非破壊検査をして穴の有無をチェックする
 検査には主にカラー検査が用いられる
 まず赤い浸透液をパイプに塗り・・・その後に白いスプレーを吹きつける
 傷があった場合その傷が・・・浮かび上がる!
 だが何度傷の会ったパイプを修理しても直りきらないでカラー検査をクリアできない場合がある
 それでは工事が進まない そんなとき現場では 先に白いスプレーを掛ける
 そうすれば浸透液を塗っても傷が浮かび上がらないので
 検査をパスできる


わずか2メートルのパイプ同士が5センチもズレていて繋がらないことがある
 そんなときは・・・3トンものチェーンブロックを何本もパイプに掛けて引き寄せ
 むりやり繋いでしまう!

「パイプには常に戻ろうとする圧力がかかっている・・・
 だから ある日突然 破裂することも考えられる!
 それがもし主要配管だったら・・・・」
 

原子力マフィア編

「その闇とは!?」

フィクションとはわかっていても続きが激しく気になる展開で、「現実」にバトンタッチ・・・・?

(参考:極道マンガにみる『原発利権』の真相 ~”原発奴隷”の実態~
隠されてきた真実を知りたい方には、ぜひとも読んでいただきたい。
転載されているスペインの新聞『エル・ムンド(EL MUNDO)』の内容は、
日本でも30年前には雑誌等で報道されていた事を私は覚えている。
しかし、いつしか誰も何も言わなくなった。

続きを読む

社会汚染物質の除去を求む

電気が足りないなら、節電すればいい。
24時間営業を制限しろ。ネオンを消せ。深夜放送をなくせ。夜は寝ろ。

いや、本当はそんな事に効果が無いのはわかっている。
なぜなら夜間の電気量は足りているからだ。
不足なのは、皆が活動している昼間の電力。

だから一番の解決策を言う。

さっさと、パチンコ屋を潰せ!
電気喰い、金喰い、人心喰いの社会の有害物質なんか、要らんだろ!

(参考:なぜ電力を大量消費するパチンコ屋を野放しにするのか)

(参考:蓮舫大臣、石原都知事の「津波は天罰」発言に不快感)
>また、フリーライターふじいりょうからの
>「石原都知事からコンビニエンスストアの深夜営業を制限する政令施行を求められたが、
>屋外広告やパチンコ店などに拡大して施行することを検討しているか」との問いに対しては、
>「政令で規制するのが本当に適切なのか。 国民の皆様方の冷静な対応、積極的なご協力があって、
>電力消費は供給内に収まっている」とし、石原都知事の提言に否定的な見方を示した。


(参考:パチンコの電力消費量は一般家庭の43万世帯分(東京電力管内))

山岸凉子「パエトーン」 特別公開中

[ウィキペディアより]
パエトーン (初出:『ASUKA』1988年5月号)

チェルノブイリ原子力発電所事故の発生、広瀬隆、武谷三男の著作との出会いから始まって、原子力発電所の事故が起きれば何が起きるか、日本ではどのような事態となるかが筆者から語られる。

原子力発電所の燃料となるウランは、太陽の最後の姿である超新星が爆発した時につくられた。それを人類が利用するということは、ギリシア神話に登場する、父アポロンの日輪の馬車を御そうとしたが暴走させ地上を焼き尽くしたパエトーンのような愚行ではないだろうか。


【特別公開】山岸凉子「パエトーン」


この漫画には、
原子力発電の仕組み、事故が起きたらどうなるか、何が問題なのかが描かれている。
私は発表当時これを読んで、次に広瀬隆氏の「東京に原発を!」を読んだ。

「原発がないと必要電気量がまかなえないのだから、これからも必要である!」
と今も言い続けている人は多い。
それは、ここ広島でも。
被爆地であることを武器にした「反戦・反核」の左翼運動が盛んだった事に反発するのはいいが、
それと原発とは同列に語られるべき問題ではないはずだ。

引きこもりの子を持つ教育者

「医者の不養生」とは昔からよく言われることではあるし、
医療関係者が病気になることがあっても、それはある程度は不可抗力で仕方ないと思う。

しかし、

教育者の子どもが「引きこもり」なのは、マズイんじゃないだろうか?

次男の高校の校長の話。

この話は息子から聞いたので、「なんで一生徒のあんたがそんな情報を知ってるわけ?」と聞いてみた。

すると、「本人が言った」という。生徒の前で。

「なんでわざわざそんな家庭の事情みたいな話を?」

「さあね。大変だって同情して欲しかったんじゃないの」

本当のところの動機はわからないが、少なくとも息子にはそう受け止められたわけだ。


聖人君子であれとは言わないけれど、せめてそう見せかけてくれなければ示しがつかないだろう。
自分の子さえまともに育てられないとアピールしてどうする。

今後、どんなに熱心に教育に付いて語ってくれても、「ケッ」って感じで聞いてしまうだろうな。
私も。

放射能はニコニコしている人には来ない?

ネット上で多くの人たちが一斉に同じ事を言い始めた。

「放射能にはニコニコしてるといいんだって」 と。

それ本当?と、早速その出所をサーチしてみる。

元々の話は、どうやらここらしい。
「2011年3月21日14時- 山下俊一氏・高村昇氏「放射線と私たちの健康との関係」講演会(前半)

>放射線の影響は、実はニコニコ笑ってる人には来ません。クヨクヨしてる人に来ます。
>これは明確な動物実験でわかっています。


なんと。それは良い事を聞いた。

と、思いかけたが・・・・・、ふと頭をもたげる疑問。

ニコニコ笑っている動物って?

人間以外の動物は表情筋が発達してないのと、
脳の作りが違うからそもそも「笑う」ことがないんじゃなかったっけ?

(参考:笑うのは人類の特質)

それに動物は、過去や未来を思い煩ってクヨクヨもできないはず。

ということは、ここで言う放射能の影響を調べた「動物実験」ってのは、「人体実験」のことなのか。

酷いことをするものだ、と思う。
それとも、この実験自体が嘘なのか?


しかししかし、それなりに社会的地位のある方たち、そんな無茶はしないだろう。
ということで、ここは百歩譲って、
「ニコニコ」と「クヨクヨ」が感情の比喩であるということも考えてみようと思いなおす。

動物にも確かに感情はある。

そうした場合、「ニコニコ」は、何の不安や不足の無い安定した環境に置いた場合、
「クヨクヨ」は、逆に劣悪な環境下で不快な刺激を与えられ続けた場合ということになろうか。

落ち着いた気持ちでリラックスしていれば、免疫力は向上する。
絶えず恐怖や不安にさらされていれば、免疫力が低下する上に、
癌の発生率が上がったり、循環器系や消化器系に不具合が多くなってもおかしくない。

何も放射線の影響に限らず、ストレスは万病の元。
そして、癌治療に笑いが効果ありとする学説もここのところ多く見受けられる。

(参考:「笑いのがん治療」を実践)
(参考:笑いのメカニズム) 等など多数。

どうも「ニコニコ」と「クヨクヨ」は、特に放射線の影響に限って作用するわけでもないように思える。

では、なぜ福島県放射線健康リスク管理アドバイザーのお2人は、このようなお話をされたのだろうか。

たぶんこの方たちは、マスコミや新聞の報道で多くの人たちが不安感を持っているということが
現状では一番の問題だと考えておられるのだろう。
途中、花粉症のお話も出てくるが、これなども天気予報で
「花粉飛び始めました」と聞いた途端に、ハクション!となる人がいるぐらいだ。
「放射能汚染が広がっています」と聞いて具合を悪くする人が出ても不思議は無い。
であるならば、これも立派な「放射線の影響」だ。

と、こちらは納得できる話のようだ。
(もちろん、原発で事故処理作業をされている方には「ニコニコ」も「クヨクヨ」も関係ないだろうが。)


だが、実は、ここからが本題。(スマン。前置き長くて)

ネット上にはもう一つ別の出所があるのだった。

こちらはちょっと厄介だ。

かの有名なネットカルトの教祖様が
「放射能はニコニコしてる人には何にもできないけど、クヨクヨしてる人には悪さをする」
と言ったのだから。

今、信者たちが盲目的にセッセとこの話を拡散している。

誰が言ったか関係なく人々の安心に繋がるのなら、それはもちろん悪いことではない。

が、気をつけなければならないのは、ほんのちょっとの改変で意味が違ってくるものもあるという所。

元は、
「放射線の影響は、実はニコニコ笑ってる人には来ません。クヨクヨしてる人に来ます。 」

ネットカルト教祖は、
「放射能はニコニコしてる人には何にもできないけど、クヨクヨしてる人には悪さをする」
と言っている。

この微妙な違いが、いつもの奴の罠の手口。

放射能を擬人化して、
あたかもそれが意志を持っているかのように印象付けているのがわかるだろうか。

心理的な要因と、霊的な要因のすり替え。

こうして、安心を与えるふりをしながら巧みに恐怖を植え付け、依存患者を増やしていく。

何でも奴の商売道具になる。
気をつけないと、どんな入り口からでも憑り込まれる可能性はある。


奴の戯言に惑わされて平成20年に新米を大量に買いだめした信者たちは、
今、不安感から食糧や水の買いだめに走る人たちをどう見ているのだろうか。

恥じているならいいけれど、
大方は、自分が同じことをしているということに気付きもしていないのかもしれない。

信じるものは騙される(アムウェイ)

下の「アムウェイは放射能対策もバッチリ! 」の記事のコメントに、

>こんな個人な主観バリバリのブログ たいした影響なんてありませんから

と書いたのだが、これまた私の主観バリバリの見方だったため、実際には、
ネズミ一族が心配していた通りに影響大有りだったようだ。

あの記事を書いた直後には、「アムウェイ 放射能 浄水器」で検索をかけると、
私の記事がトップに来て、他には特にそれ関係の情報は目に付かなかったのだが、
現在ではいくつかのページがヒットするようになった。

しかも、私が書いた

>浄水器では、フィルターの目より大きな放射性物質は取り除けるが、
>分子レベルで水に溶け込んだ放射性物質、放射能は除去出来ない。

>その上、浄水器のフィルターの汚染はどんどん濃くなるので、
>頻繁に取り替えるようにしないと、無意味。


の部分を引用した形で記事を書いているものが何件かある。

私としたら、大汗ものの「キャー、や~め~て~」状態だ。

なにしろ私は科学のド素人なのだから、責任は持てない。

もしもアムウェイの浄水器が超高性能で、これまでテストの機会がなかっただけで、
放射能をバンバン取り除くような物だということが実証されたら、どうするつもりだろう。

その上、

>もしも浄水器の購入をすすめられたら、
>「ラドン温泉の湯から放射能を除去して真水にすることもできるんですね?」
>と聞いてみて欲しい。


の所をも流用しているページもあるが、
それはアムウェイ御用達のNSF(国際認証機関)の調査で、
正式に99.99%除去できるようなことが書いてあるぐらいだから、
出来る可能性は極めて高いと考えられる部分だ。

最悪、今回アムウェイを叩いた人たちは、
虚偽の情報を流して、人々に安全を届けようとした善意のディストリビューターを妨害し、
多くの人たちを危険に晒した咎で法的責任を負う可能性だってあるかもしれない。

そうしたさまざまな可能性を考えて、私から一言言っておきたい。

覚悟が半端な者は、危ない橋は渡るな。

東京都葛飾区の金町浄水場でも、放射性ヨウ素の吸着効果が期待されるとして
粉末の活性炭が用いられているぐらいだ。
アムウェイの活性炭入り浄水器に効果が全くないとも言い切れない。

なにしろ、アムウェイディストリビューター一押しの浄水器は、塩素の味と匂いは取っても、
美味しさのもとのミネラル分(カルシウム・マグネシウム)はしっかり残す
高性能な15万円もする物なのだから。

アムウェイを憎む人は、損をさせられたのか、勧誘で嫌な思いをさせられたのか知らないが、
何でもかんでも材料にして、闇雲に批判すればいいというものではない。

自分で調べて、自分で思うことを書いてくれたまえよ。諸君。


さて、そう言いながらも私自身も科学的根拠をネットで探し、伝聞で紹介するしかないのだが。
科学のド素人(笑)に、自分で実験して証明する力はない。
ということで見つけたのが以下の情報。

「水道水から放射性ヨウ素を除去できるか?という質問に答えて・・・ 」

「中空繊維型逆浸透膜によるラドン(希ガス)の除去について」

これらとて、どこのどのような立場の誰が書いたものかわからない怪しい情報の一つに過ぎないのだが。

さて、
水面下で口コミで広がる情報と、ネットの匿名の情報、どちらを信じるのか、「選ぶのは、あなた」。

と、責任逃れをしてみるテスト。(大笑)



(追記)科学のド素人が考えて、こうじゃないかな~?と導き出した仮説。

(事実)
塩素を取り除き、ミネラル分は残すのは、何もアムウェイの浄水器だけの特殊機能でもなんでもなく、
活性炭を使用した浄水器は、ほとんどに同じような説明が入っている。

(事実)
塩素は活性炭の炭素と結びついて分解される。→雑菌が繁殖しやすくなるので紫外線照射は○

(事実)
イオン化した物質は吸着しないので、ミネラル分や鉄分は影響を受けない。

(?)
イオン化した塩素ももちろんスルーだが、これは無害なので問題ない。
なので、味と匂いを除去という表記か?

(事実)
ヨウ素はイオン化していなければ気化しやすいが、水道水中のヨウ素はイオン化しているので、
煮沸は濃度を上げるだけで逆効果。(ソースNHK)

(?)
水道水中の放射性ヨウ素、およびセシウムを活性炭使用の浄水器で除去する事は・・・・・・?

原発クンの良いトコ探し

何人かの人に聞いてみたことがあるのだが、最近の学校では、
ホームルームに問題提起して皆でその解決を探るなんて事はしなくなっているようだ。

以前、小学生だった長女のクラスが荒れてどうにもならなかった頃、
私は自分が小学生だった頃にしてたように、帰りの会でその日あった事を議題にし話し合い、
悪いことをした人に反省してもらったらどうかと娘に言ってみたのだが、
「帰りの会ではそんな事できない。嫌だった事とか話せるような時間なんかないんだよ」
と言う。
それでは帰りの会で何をするのかと聞くと「人の良かった所を発表する」のだと。

「今日、○○さんが消しゴムを拾ってくれました」
「理科の時間に○○君が実験の道具を運んできてくれたので嬉しかったです」
「○○さんの発表の声が大きくて良かったと思います」
みたいな事を発表して皆で拍手~、で、「さようなら」。

授業中に平気で立ち歩いたり、先生の注意を無視して私語するのが当たり前の状況で、
そんな場合じゃないだろうと思うのだが、
とにかくそれが帰りの会なので、それ以外のことは出来ないらしかった。

そりゃあ、問題が大きくなって出てきた時、先生が「全く気付きませんでした」になるわけだよな。


と、

こんな事を思い出したのは、
福島原発に関しての一部意見が、それに良く似ているような気がしたからだ。

なんでも、
「千年に1度の津波に耐えているのは素晴らしいこと。原子力行政はもっと胸を張るべきだ」
と、どっかの馬鹿が言ったとか。

当然こいつをコテンパンにぶっ叩くのかと思いきや、マスゴミの腰は引けてるし、
「そうだそうだ。よく持ちこたえた、立派な設計だ」「人が死んでないのに騒ぎすぎ」
などとと追従するかのような輩もあちこちからワラワラと湧き始めてきたのはどういうわけだ?

だから、そんな場合じゃないというのに。

派手に怒りをぶちまけている人が見えてこないのは、
良い所探しのホームルームに慣れ親しんできた国民だからなのではないかという気がしてしまう。

これが、日本を壊そうとしてきた奴らのこれまでの教育の成果の表れと見るのは、穿ちすぎだろうか。

廃炉や!

日野晃のさむらいなこころ より転載
【福島原発10基の「廃炉」署名キャンペーン】
http://fukushimahairo.web.fc2.com/

とりあえず出来ることはこれや!

【よくわかる原子力】
http://www.nuketext.org/suishin.html#reason1

もう一度おさらい。

まだ寝言を言う馬鹿ども
http://www.tv-sdt.co.jp/nnn/news880759.html

中部電力の水野明久社長は24日、浜岡原発3号機の運転再開の意向を川勝知事に直接伝え、知事は理解を示した。
また水野社長は「原子力発電はぜひとも必要」と述べ6号機の建設を進める考えを示した。


今日のニュース
(朝日新聞社)福島第一原発事故、スリーマイル超えレベル6相当に

現在のこの状況でもまだ原発推進をやめようとしない人間はいったい何を考えているのだろうか。

「事故が起こったからといって即座に『原発反対』となるのは、ヒステリックな過剰反応だ」との声を、
さまざまなメディアで見聞きするようになってきた。

が、それは違う。

正常な人間の、正しい判断だ。


「まだ寝言を言う馬鹿ども」のリンク先が消されていたのでログを置いておく。
こんな人間たちがいたということは、未来永劫残しておかねば。

まだ寝言を言う馬鹿ども(キャッシュより)

ヒマワリと西風

「ヒマワリが放射能汚染を除去する」というニュースが出て、多くの人に希望を与えていたが、
それもどうやら事実ではない可能性が高そうだ。

「20日で95%の「土壌の」放射性物質を除去する話がウソくさい件」

まあ、そうだろうな、という感じ。


もう一つ、東日本の状況に心を痛めつつも、
被害が及んでいない西日本に住んでいた幸運をかみ締めていた人にも怖いお知らせ。

「黄砂シーズンに韓国で検出されたセシウム137、西日本に来てても不思議はない」

まあ、あるだろうな、という感じ。


地球の回復力に期待するのもいい加減にしないとね。さんざん汚しておいて。

恐怖で儲ける火事場泥棒(アムウェイ)

下の「アムウェイは放射能対策もバッチリ!」の記事に追記がありますので、参考にどうぞ

無責任な噂の出所は、どうやらアムウェイ会員用のチェーンメールのようだ。

Yahoo!知恵袋
「許していいのでしょうか?!!
 東日本関東大震災を利用してチエーンメールを流してるアムウェイの販売組織。」


>放射能の恐怖をよびかけ、
>対策に空気清浄機だ浄水器だとそれは世界最高峰のアムウェイですと営業し、
>倒産の危機には権利収入で。ぜひ。
>と不謹慎にもほどがあるメールを連名にして流してきた。


解答欄には「ゴミに心を痛める必要はない」との返事を書かれていた人もいるが、
ただのゴミならどんなにいいか。
自分だけで腐ってくれればいいものを、この洗脳マルチのゴミは、
周囲の善良で心弱い人(はっきり言えば、ちょっとお馬鹿)を餌食にするから困るのだ。

別の解答欄にある
>『放射線にはヨウ素がいいから、アムウェイのサプリメント飲むとたくさん摂取できていい』と
>石○直明っていう教授か博士かしらんけど、専門家が言ってる。
>というアムウェイ信者のつぶやきが溢れかえってました。

についても探ってみると、確かにTwitterにこのようなつぶやきが溢れていた。

>石井直明医学博士より�~万が一に備え、
>ワカメや昆布など非放射性のヨウ素の食品を食べるのは良いが、
>摂取出来る量としては、トリプルXの方がはるかに多いそうです


石井直明博士とは、この方のことだろうか?
あのひと検索 スパイシー 「石井直明 プロフィール」

ここを見る限り、アムウェイとの繋がりはわからないし、
著書の一覧も至極まともな科学的な物ばかりで、
放射能対策として「トリプルX」を薦めるような感じには見受けられないが、
本当の所はどうなのだろう?

いくら検索をかけても、アムウェイ会員の同じつぶやきばかりがヒットするだけ。

もし、事実と違う話が拡散されていたとしたなら、
個人の名誉を毀損する大きな問題になりそうだ。

たとえそうなったとしても、アムウェイ側の言い分はだいたい予想はつくが。

「石井博士が言われたのは、
 『万が一に備え、ワカメや昆布など非放射性のヨウ素の食品を食べるのは良い』だけで、
 あとの『摂取出来る量としては、トリプルXの方がはるかに多い』は、
 アムウェイの会員の個人的意見。
 読み方によっては誤解される表現であったとしても企業としては関知しない」

と、まあ、こんな感じで逃げるだけだろう。

信じたい人は信じれば良いし、
真実を確かめたい人は、迷惑な話だが石井博士に問い合わせるなりなんなりお好きにどうぞ。

私にはどうでもいいことなので、これくらいにしておく。

強い男の涙の値打ち(石原慎太郎都知事)


「言葉にできない。ありがとう」石原都知事、感極まり言葉詰まらせる
放水活動の消防隊員に謝辞

2011.3.21 21:35
18日に福島第一原発に出動した緊急消防隊東京都隊の第一陣と会話を交わし、目頭をおさえる石原東京都知事=21日午後、東京・西原(緑川真実撮影)
 福島第1原発事故で放水活動を行って帰京した東京消防庁ハイパーレスキュー隊員らの活動報告会が21日、東京都渋谷区の消防学校で行われた。石原慎太郎知事は参加した115人を前に感極まり、何度も言葉を詰まらせながら感謝を述べた。
 「みなさんの家族や奥さんにすまないと思う。ああ…、もう言葉にできません。本当にありがとうございました」。隊員からの活動報告を受けた石原知事は、涙を隠さず、深々と礼をした。
 石原知事は、被曝(ひばく)覚悟の活動を「まさに命がけの国運を左右する戦い。生命を賭して頑張っていただいたおかげで、大惨事になる可能性が軽減された」と称賛。さらに、「このすさんだ日本で、人間の連帯はありがたい、日本人はまだまだすてたもんじゃないということを示してくれた。これをふまえて、これにすがって、この国を立て直さなければいかん」と声を震わせた。
 活動報告会に参加した隊員の一人は「あの強気の知事が涙を流して礼を言ってくれた。上から物を言うだけの官邸と違って、われわれのことを理解してくれている。だから現場に行けるんだ」と話した。
(引用ここまで)

たまたま見たニュースでこの映像が流れていた。
それはこのyoutubeの動画よりも長く石原都知事が話されている所が映っているもので、
あまりに普通の声と違い震えていたので、睡眠不足でお疲れなのだろうかと思っていたところ、
夫が「石原さん、泣いてるじゃないか!」と言うので驚いたという次第。
喉の奥からこみ上げてくるものを搾り出すように言葉にする石原氏の頬に流れる涙。
命を賭けるとはどういう事なのかを真に知っている男の、心からの感謝の意が伝えられていた。

あの尊大な、あの強さを崩さない、あの石原都知事は、ここで泣く。
見ている方も目頭が熱くなる。
男が涙を流す時は、こうでなくてはならない。

政治家や企業のトップの涙は、これまで幾度もテレビに映されてきたものだが、
どれも自分の悲しみの表現でしかなかったと思う。
不祥事を糾弾されて泣く、理想を求めて力及ばず泣く、頑張っても理解を得られないと泣く。
自分かわいさの涙など、そんなもの、女子供の泣き方だ。

石原都知事は、東日本大震災を「天罰」と表現したとしてここ最近話題に上っていたが、
これなども問題の記者会見の映像を見れば(わかる人には)わかるように、
完全に発言の一部だけをトリミングして別の意味にすりかえる、マスゴミお得意の誘導と印象操作だ。
(参考 : 石原都知事批判を誘導する捏造・偏向マスゴミ)

ネットには、そういったくだらない話題にはワーッと食いつくけれど、
男の涙には感じ入る物がないというガキが多い。

弱者に優しい事を謳い文句にする政府など、
イザと言う時にはパニックになり物の役にも立たないということが、下の記事からも見て取れるだろう。

石原都知事、消防隊への圧力に抗議=原発放水「速やかにしないと処分」
時事通信 3月22日(火)0時54分配信
 東京都の石原慎太郎知事は21日午後、首相官邸で菅直人首相と会い、福島第1原発での放水作業をめぐり、政府関係者から東京消防庁ハイパーレスキュー隊幹部に対して「速やかにやらなければ処分する」との圧力的発言があったとして、抗議した。石原氏によると、首相は「陳謝します。大変申し訳ない」と述べた。
 石原氏は会談後、記者団に「現場の事情を無視して、(放水作業を)速やかにやれ(と指示があった)。やらなければ処分する、ということを上から言ってはいけない」と強調。さらに、「担当大臣か何か知らないが、恐らく上から来るのだろう。そんなばかなことを言ったら戦が戦にならない。絶対言わせないでください」と首相に申し入れたことを明らかにした。
 また、同隊が使用した放水車の連続放水能力は4時間が限度だったが、政府側の指示で7時間連続で放水したため、石原氏は「完全に壊れた」と説明した。
 一方、枝野幸男官房長官は同日午後の記者会見で「これから調査する」と述べるにとどめた。
(引用ここまで)

男は、国は、守るべきを守るため、強くあれ!

アムウェイは放射能対策もバッチリ!

  「アムウェイ 浄水器 放射能」と検索して来られる方へ  
↑こちらの記事も読みください。


アムウェイが原子力発電所の事故を自社製品の販売に利用しているらしいという噂を耳にした。

本当かな? と思ったら、どうやら本当らしい。

リンクは貼らないが、あるアムウェイ信者のブログから。

>私達ディストリビューターはこんな時こそ、いつも通りにアムウェイ製品を使う事で
>しっかりと自分の身を守り、また大切な家族や友人達の身も守ることができると実感することでしょう。
>放射能対策として、アトモスフィア空気清浄機・コンフォートフィットマスク・espring浄水器、
>そしてトリプルX(ヨウ素が有効だそう)にプロテイン・ビタミンC。
>これらの製品が強力に私達の健康をバックアップしてくれます。

だそうだ。

スゲエな、アムウェイ製品。


今回、アムウェイは1億円の義援金を出してくれたという。
それは確かにありがたいお金に違いないけれど、私はどうも素直に感謝する気になれない。

日頃、人の弱みに付け込んで金を巻き上げてるヤクザの「炊き出し」みたいな気がしてね。


(3月23日13:40追記)--------------------------------------------------------

「放射能 浄水器 アムウェイ」で検索かけると、
この記事が上位にくるせいかアクセス数急上昇中。

なので、念のため書いておく。

浄水器では、フィルターの目より大きな放射性物質は取り除けるが、
分子レベルで水に溶け込んだ放射性物質、放射能は除去出来ない。

その上、浄水器のフィルターの汚染はどんどん濃くなるので、
頻繁に取り替えるようにしないと、無意味。

もしも浄水器の購入をすすめられたら、
「ラドン温泉の湯から放射能を除去して真水にすることもできるんですね?」
と聞いてみて欲しい。
書面にするか、音声を録音するかして残しておけば、
詐欺で訴える時に役立つと思われる。

(3月24日9:05追記)--------------------------------------------------------

都の浄水場からヨウ素、乳児の摂取制限を-23区と一部多摩地区 (3)
(引用ここから)
  京都大学原子炉実験所の小出裕章助教は放射性ヨウ素に汚染された水の浄化について「活性炭のフィルターなら何がしか有効だと思う」と指摘、「放射性ヨウ素の半減期は約8日。8日たてば半分になるスピードで減っていく」と述べた。ただ事故が悪化すれば「これからさらに悪い汚染が広がる可能性がある」とも語った。

  東レの浄水器「トレビーノ」の販売部課長代理、青柳圭介氏は、トレビーノは「塩素や鉛、農薬などに含まれる化学薬品は除去できる」がヨウ素や浄水する基準に含まれていなかったのでろ過できないと説明。パナソニック広報の秦慶治氏も、「パナソニックの浄水器は国に有害として指定されている指定13物質を除去する機能は持っているが、そもそもヨウ素などをろ過できるように作られていない」と述べた。
(引用ここまで)


浄水器ランキング
(引用ここから)
浄水器ランキングに出ている浄水器のメーカーは、ナショナル、東レ、ダスキン、ブリタ、タカギ、アウェイと星の数ほどありますが、浄水器の心臓部、逆浸透膜を自社で研究・開発・製造しているメーカーは、ほんの数社です。「東レのトレビーノ」は、その中の一社で、逆浸透膜では世界をリードするトップ企業です。東レは、数多くの浄水器メーカーに逆浸透膜を出荷しています。例えば、ナショナル、ダスキン、タカギ、などの浄水器のフィルターもそうだと言われています。東レの2.5万円の製品と、他社の6万円や10万円の製品の中身(逆浸透膜)が全く同じものなんてことも珍しくありません。どこの製品でも大体の浄化性能の比較は一緒ですが、アムウェイの浄水器eSpringだけは特殊です。この機種は、他社と差別化を図るために、内部に紫外線殺菌灯が内蔵されています。紫外線殺菌灯を前面にセールしています。しかし、逆浸透膜は熱に弱いんです。高温水を流せば逆浸透膜は、すぐに寿命を迎えます。浄水器が止水時の紫外線殺菌灯による発熱量の影響を考えると、eSpringはチョッと疑ってしまいます。私見ですが、アムウェイの浄水器にするのならば、紫外線殺菌灯の無い機種をオススメします。まあ、中身は粗同じ様な造りですから、ネットで出ている浄水器ランキングを参考にされて本体と維持費の安い物が私は良いと思いますよ。(引用ここまで)


東レとパナソニックは、自社の浄水器では放射性ヨウ素を除去できない事を明かした。
アムウェイからはまだ発表はない。
これをどう判断するかは、ご自由に。

(3月24日10:05追記・11:46訂正)--------------------------------------------------------

科学のド素人が調べてみました。

アムウェイの逆浸透膜フィルターの孔のサイズ 0.0001μm = 0.1nm(他社製品と間違ってました)

eSpring浄水器Ⅱは、不織布プレフィルター、圧縮活性炭フィルター紫外線ランプの三重構造。
除去できる不純物は、0.2μm = 200nm = 200000pm

なので、
>水のおいしさの元となるミネラル分は残しながら、しっかり浄水できるのです。
だそうです。

水分子の直径 約380pm

ラドン原子の直径 約290pm
ヨウ素原子の直径 約266pm
(ただし飛散してくる0.2~0.4μmの粒子については除去効果は期待できそうではある)

(ミネラル)カルシウム・ナトリウム原子 直径 360pm
(ミネラル)マグネシウム原子 直径 300pm

おまけ  塩素原子の直径 約200pm
      NSFの物質削減リストによる「塩素の味と匂い」の削減率 98.9%

う~ん、やっぱりよくわからん。具体的にどういうことなのか説明して、偉い人。


(3月24日13:53追記)--------------------------------------------------------

すでに昨日以前に大本営発表はあったようだ。

東北関東大震災に関するご質問について

ということで、
「放射能対策に有効」と謳う個人経営者はアウト!



(4月1日7:20追記)--------------------------------------------------------

私もまとめた。

アムウェイ浄水器の活性炭を広げると、東京ドーム10個分の面積

市販のヤシガラ活性炭(1kg)の活性炭を広げると、東京ドーム25個分の面積

アムウェイの浄水器の交換カートリッジの価格 26,250円

市販のヤシガラ活性炭(1kg≒2L)の活性炭の価格 2,500円

関係ないが、

一人の人間の腸を取り出して広げると、テニスコート1面分の面積

一人の人間の血管を取り出してすべて繋げると、地球3周分の長さ



気化しやすく煮沸で取り除けるイオン化していないヨウ素は、活性炭で吸着可能

現在水道水中に含有される放射性ヨウ素は煮沸すると濃度が高まるイオン化したヨウ素

よって、活性炭では除去できない

浄水場では、通常よりもかなり多い活性炭を投入して浄化を試みているが、
放射性ヨウ素の除去が成功したとの報告は今のところない

人体に影響のない程度のヨウ素であるなら、そもそも15万円もする高価な浄水器の必要もない

以上

「米“放射能パニック”」の真相を笑う

出回ってる情報によると、
17日にアメリカのメディアが「今週末にも、太平洋を超えて放射性物質が到達する」と報道し、
西海岸で放射能パニックが起こっているのを受けて、
ヒラリーさんは、「日本は信用できない」と激怒したということになっている。

いろんなニュースサイトがあるけれど、どこも同じ記事。

で、

そのアメリカのメディアの元記事はどこにあるのだろうかと探したのだが、これがまた、よくわからない。

何と言う新聞なのか、テレビなのか、雑誌なのか、ネットなのか、どこの誰が言ったのか。

おかしいな~? と思っていたら、

ここに、こんな記事が出ていた。

2011-03-20 ZAKZAK反日記事のソースを調べてビックリ

ほ~らほらほら、はい、情報は捏造されていたってことでした。

>また、「放射能パニック隠蔽政府にヒラリー激怒」「ヒラリーが菅首相に強い不快感」と書かれていますが、
>同種の記事は英語サイトで検索しても見つかりませんでした。
>ヒラリーがテレビで言ったとする発言も「日本の情報が混乱していて信用できない」
>「米国独自の調査で判断する」だけで、首相への直接批判ではありません。


なーんだ、ヒラリーさんは怒ってないんだってさ。

ヒラリーさん、下の記事で悪く言ってしまってごめんなさい。
そうだよね。日本が一番仲良しで大好きなアメリカちゃんがそんなひどい事言うわけないもんね~。

ということで、
良い子のみなさん、安心しましたか?

噂って尾ひれを付けて一人歩きするから、気をつけなくっちゃね。

まったくもー、あ・わ・て・ん・ぼ・さん♪ テヘッ。

続きを読む

私たちはすでに被曝している

一時的に平常時の10倍とか、20倍、30倍、40倍の放射線数値が測定されたからといって、
すぐに健康被害が出て命の危機であるかのように大騒ぎをする人たちに見てもらいたいものがある。



1945年の米トリニティサイトでの世界初の原爆実験から1998年の最後の臨界核実験までの
計2053回に及ぶ全ての核爆発を時間を短縮して、光の点滅と実験回数を示す数字で表した映像作品だ。
これにより、いつ・どこで・どの国が何回、核実験を行ったかを知ることができる、というもの。

地球上ではこんなにも「核」が使われてきた。

次にこの図。

測定データで見る「過去の出来事」より
こちらは雨水やチリに混じって降ってくる放射性物質ストロンチウム90の量の経年変化。
現在の放射線量は、1960年代前半の約1/1000。これは1日だけではなく年間を通じての数値だ。
そして、放射性物質の種類はこれだけではない。
また、ここには大気中に浮遊している物や、環境・食品中に取り込まれたものなどは含まれていない。
詳しくは、こちらを参照。 
1日で数十日分の放射線を浴びるのと、1年で1000年分の放射線を何年にも渡って浴び続けるのとでは
どちらがより深刻かは問うまでもないだろう。

今、世界中が日本の原発事故による環境汚染に危機感を持ち、反日感情が高まっているという。
アメリカのヒラリー国務長官などは、「日本は信用できない」と激怒したとか。
どの口が言うか?と言ってやりたい。

白血病発生率が年々増加傾向にあるのも、昔はなかった花粉症、各種アレルギーなどの原因も、
アメリカを始めとして世界各国で盛大にやった核実験の影響ということも考えられるではないか。
エイズやエボラといった新種の難病、奇妙に変異し毒性を強めるインフルエンザウイルスさえ、もしかしたら?

奴らに踊らされてはいけない。

参考:「退避すべきかとどまるべきか」放射線被ばくを深く心配されている方々へ
    (2011年3月17日午後時点の情報を踏まえて)

これ以上ヒバクシャを作らないために

私は広島生まれの広島育ちだ。風が吹くとき

そして原爆爆心地すぐ近くの本川小学校を出ている。
幼い頃から身近にいるヒバクシャや、平和教育によって、
放射能の恐ろしさをくり返し教えられてきた。

今回の原発事故によって放射能汚染が深刻度を増していくのを、
心臓が凍る思いで見ている。

あってはならないことが、とうとう起きてしまったという絶望感を持って。

ヒロシマで「原発反対!」と声を上げる人を、
「ヒバクシャの過剰反応」とせせら笑って封じ込めてきた人たちは、
今、何を考える?

・・・・と、いまさら責めても仕方のないことだが。


これまで関心を向けてもこなかった分、正しい知識を持つ人は少ない。
それも仕方がないことだ。


1986年にイギリスで製作された「風が吹くとき」という映画がある。
ほんわかとした可愛らしい夫婦が主人公のアニメーション映画だ。

イギリスの片田舎で年金暮らしのこの夫婦は、ある日おこった戦争のため、
核兵器が使われる万が一に備えて「政府発行の避難マニュアル」に従って準備をする。
そして、その日はやってきた。

静かで、そして恐ろしい映画だった。
部屋の片隅にトタンを立てかけて作った「シェルター」の中で、
「じゃがいも袋」の中に入って助けを待つのがなんとも・・・・。

後で知ったが、この「政府発行の避難マニュアル」は、実在の物だったという。


東京電力福島原発事故が起きてから、巷ではさまざまな情報がチェーンメールとなって拡散されている。

本当の情報、偽の情報、本当と偽が混ざった情報。

誇張された不安を希望ある嘘で打ち消せば、それを早速利用する商売人。
値上がりしたイソジン、放射能を抑える成分があると効果を謳う「根昆布サプリ」、
放射性物質対応マスク、等などその他沢山の通販ページが見つけられる。

それを後追いするしかない正しい情報。
ヨウ素を含む消毒剤などを飲んではいけません-インターネット等に流れている根拠のない情報に注意-


放射能は、一旦漏れたら防ぐのは非常に困難である。
被曝を予防したり、吸収された放射能を排出できる食品も薬品もない
だから、怖いのだ。
 (ヨウ素は放射性ヨウ素にのみ有効。40歳以上には無意味)

ただ、少量の被曝程度ではすぐに健康被害に繋がることもないので、
そこでバランスの良い食事に気をつければ、体力と免疫力を維持できる。
実際そうやって、出血が止まり難いとか、よくめまいがするとかの不具合を抱えながらも、
活動的に明るく長生きをされたヒバクシャの方もいる。

危機に際して最も有効な手立ては、逃げること、近づかないことしかないが、
避難指示が出されている20k圏内、屋内退避指示が出されている30k圏内は、
その指示に従っていれば今のところ問題はないと思われる。
その圏外の人には特に心配はない。

ましてや、東京にまで汚染が及ぶとかは取り越し苦労にもほどがある。
これまで遠い他人事にしてきたのは誰だ?

何かあったら怖いのなら、何かがないようにしなければいけなかった。
この事故は、これからの原子力発電のあり方を大きく変えることになるだろうが、
今は、とにかく無事に収束してくれることを祈る。

恐怖は内にある

東京の知人と電話で話す。

都内は、スーパーもコンビにもほとんど空っぽだそうだ。

まずカップ麺やパンなどがなくなり、米がなくなり、缶詰がなくなり、
お菓子もベビーフードも、牛乳もヨーグルトも生鮮食料品もなにもなくなって、
納豆も豆腐もない。フルーツが少しだけあるかな? 水はないけど、お酒だけまだある。
ティッシュやトイレットペーパーもないのでとても困る。
ガソリンスタンドは営業はしているけれど、どこも行列。
そんな話。

こちらは店に普通に物があるので、そんなにも差があるのかと驚いたのだが、
これからジワジワと影響が出だすのかもしれない。
そう考えたら、まだ普通に買えるうちに備蓄しておいた方がよいように思えて、
夕方の買い物時に非常食を買い込んでみる。

まず、カップ麺をとりあえず箱入り20食。
インスタントスープ10食、味噌汁10食、米10キロ、
缶詰数個、レトルト食品、海苔、昆布、ナッツ・・・・あとは菓子類と・・・
ティッシュとトイレットペーパーと・・・・
山のようにカゴに入れて、一応買ってはみたけれど、なぜかまだまだ落ち着かない。
家族6人で1週間、10日ぐらい食べていけたとして、その後は?

もっと、もっと、もっと貯めて置かなければという気になる。
いったい、何日分貯めて置けば私は安心するのだろう?
そう思うと、バカバカしくて笑えてきた。

この恐怖感は、元々自分が持っているものだ。

その弱いところに少し刺激が加わっただけで、すぐ露わになる本性。
「絶対的安心」というどこにもない物をどこかにあると、
求めて、求めて、求めて、駆けずり回るのは、
どうにかしようとしている事でほんの少~しは気がまぎれるからに過ぎない。

まさに仏教で言う所の「渇愛」状態。

面白いなぁ。

恐怖でも遊べるんだ。

また今日も、台風前のようなハイテンションで眼の色変えて食べ物を買い漁るんだよ。
私って奴は。

(参考)初期仏教の世界「TANHÂ:渇愛」

ソドムとゴモラの罪

震災のことを考えていた。

何が悪い?
誰が悪い?
どうやったら避けられた?

答えなどない。

何も悪くない。誰も悪くない。どうやっても避けられなかった。
自然災害とはそんなものだ。

男も女も、弱者も強者も、善人も悪人も、年よりも赤ん坊も、日本人も外国人も、
金持ちも貧乏人も、高学歴も中卒も、ホームレスも議員さんも、
代々の家を受け継いできた人もたまたま通りかかった人も、
なにもかもが一切、関係ない。

そこにいただけだ。

私たち人間はなす術もなく、「神様、助けて」と祈るしか出来ない。
しかし神様の手は救ってくれはしないので、「神様、どうしてこんなことが?」と問いたくなる。

それは無力であるが故に仕方のない心の動きではあると思う。
ただ、その答えを求めようとすると過ちを犯すことになる。


今回のこの災害を、「あの宗教」ならどう教えるのだろうかと考えた。
私が若い頃、聖書を勉強する会と偽られて通ったことのある、合同結婚式で有名なカルト教団なら。

聖書をビデオで解説していく中で、私がどうしても納得できず許せないと感じた回があった。
結局はそこが引っかかって、以降、全力で離れたようなものだ。

それが「ソドムとゴモラの街」の解釈。

堕落して神の怒りに触れた「ソドムとゴモラの街」は、一瞬のうちに滅ぼされてしまったという。
カルト教団は、その話を滅びたくなければ堕落してはいけないと説く事に使っていた。
そこに私は「何だ!その神は!」と猛烈に腹が立ったのだ。

「従わんからもう要らんとは、どんだけ狭量な神なんだ?」
「それに、悪い奴だけ懲らしめればいいじゃないか。何万人も住んでいたのに、全部一緒くたかよ」
「生まれたての赤ん坊がどんな罪を犯したってんだ?」
「悪いことをしてない人は生まれ変わって幸せになれるんだよな?は?生まれ変わりはない?」
「そこに住んでいたことがもう堕落した悪人の証、だと? なんじゃそれは!」

とまあ、そこまで口は悪くはないのだが、それぐらいの剣幕で食って掛かった。
だが、奴らからはまともな返答はなかった。
ヘラヘラして「うん、それはね、7days(一週間合宿)に行ったらわかるから」と繰り返すばかり。

人の命を何だと思っている。
そんな神なら要らんわ!と思ったものだ。

奴らならきっと今回の地震についても、いつもの論調で、
「神の仲保の国家である韓国に従わなかった日本に天罰が下った」とか言うのだろう。
堕落した街が亡ぼされたのだと。

ただ、そのカルト宗教に連れて行かれた私の知人は、仙台で共同生活をしていたはずだが・・・・。

天災に理由を付けるのは、いつも人間側の都合なのだ。
それで免れるわけもないのに。


こんな記事が目に付いた。

東京新聞【私説・論説室から】
がんばろう!ニッポン(2011年3月14日)


 「出ない」とみられていたのにやっぱり「出る」らしい。十一日は朝から石原慎太郎東京都知事の渋い顔で頭がいっぱいだった。次期都知事選の話だ。

 都議会本会議の締め括(くく)りに登壇した石原氏。「国家破綻への危機感ゆえに」うんぬんと嘆き、憂国の士然として再び立つと表明したではないか。国家破綻とはまた大きく出たな、とコンビニ弁当を頬張りながら原稿を書きあぐねていた。

 そこへ、グラグラッときた。机上のスチールラックが大揺れ。積み上げた本や資料、スクラップがドサドサッといっぺんに散乱した。十階にある論説室は物置をひっくり返したように足の踏み場もなくなった。

 テレビが映し出す地獄絵に恐怖した。大津波の濁流が家や車を押し流し、街を丸ごとのみ込んでいく。すべてが失われた水浸しの更地、真っ黒な猛煙を噴き上げるコンビナート、揚げ句に原発の爆発-。絶句。

 国家破綻の様相だ。人間よ、おごるなかれ。人間がいじめ抜いてきた自然がいよいよ激怒した。この危機を救う力が本当にあるのは、政治家ではない。

 やっぱり自然を恐れ、敬い、苦しんだり、悲しんだりしている人たちに寄り添い、手を差し伸べることのできる温かい心の持ち主だけだ。今はそんな人たちで歯を食いしばって、できる限り涙の数を減らしたい。みんなが笑顔になれるまで、がんばろう!ニッポン。 (大西隆)


アホだ。

なんでもない日常の中で出来ること

震災被害に対しては、いくら心を痛めても仕方ないので情報は情報として割り切って、
必要以上に不安材料を集めたり、悲劇に心を揺らさないよう努めている。

今やるべき事は、普段の暮らし。
その上にプラス、救援のために何が出来るかを考える。


今週はチャリティ募金のイベントを計画する会議が入っている。
そこで自分のできることをする。
多くの人に来てもらうにはどうするか。
災害はどこにいつ来るかわからないのだから、
自治会や地域コミュニティの連携を深めるような物が企画できないか。
そこに献血車も呼んではどうだろうか。
等など。


「泣いて泣いて泣きながら折鶴を折っている」というような事を他人に語れる人は、
私には気が狂っているとしか思えない。

募金をする時は、どこで何に使われるかわからない団体より、
100%震災救援のために使われることが確実な信用できる窓口へ。

淡々と目の前のことを

昨日は中学校の卒業式だった。

こんな時だけど、影響のないこちらでは普段と変わらない暮らしが続いている。
そして予定通りの行事。
ただ、開式の前に被災者へのお悔やみの言葉と全員で1分間の黙祷はあったが。

心配していたPTA会長としての祝辞もなんとかこなして、ホッ。

終わって外に出ると、執行部役員たちが集まってきて「良かったよ~」。
まあ嬉しい!と思ったら、
「あれ、ぽあんさんが考えたの? え、本当に?」ですと。ガクッ。

そういえば、今回は役が役だからと久々に美容院に行って、
「祝辞を読むなんて初めてだから苦痛でね~」てな話をしたら、
男の美容師さんが、「その文章って誰が考えてくれるんですか?」なんて聞かれたっけな。
「え、自分で・・・」と答えると、
「じゃ、その考えたのを校長先生とかがチェックしてくれたりするんですか?」だって。
いやいや、子どもじゃないんだから。
赤ペンで添削してもらって「もう少しです。頑張りましょう」とかは、ちょっとな~。(笑)
でも、もしそうならどんなに楽だろう、とかもチラッと思ったりもして。

中学生の娘は娘で、卒業式の予行演習を何度も繰り返したとか話してくれる中で、
「お母さんとかは、どこで礼してどんな風にするかとか練習あるの?」とか聞いて来たし。
私にだってそれくらいの常識的な大人の振る舞いはできるんだよ・・・・。

どこまで私は頼りない危なっかしい人に見えてるんだろ。
日頃が日頃だから仕方ないけどね。

千年に一度・・・

昨日、帰宅して夫から電話をもらうまで地震に付いて何も知らなかった私。
テレビに映った、これまでにないような大惨事の様子と、
増えていく死傷者・行方不明者の情報に耐えられず、スイッチを切った。

一夜明け、今日もいつものように会社に来ているけれど、
まだ群発地震は続いている。
状況はますます悪い。
その上、原子力発電所の冷却ができなくて、メルトダウン間近という噂が飛び交っている。
ああ、だけど今、噂じゃなくて炉心が溶け出したとニュースで言っている。
はじまった?
誰にとっても想定外だったとか・・・
汚染されると放射能の半減期は何万年とか・・・


これまでの、絶対的だと思っていたものは簡単に壊れるものだと知る。

1000年に一度の可能性の日が、実際に来てしまったということが信じられない。
歴史に残る世界最悪の災害の危機に面していることも。


すべての人が安全に避難できることを祈っています。

いつもの暮らしが戻ってきますように。

なぜ就職先がないのか

朝、NHKを見ていると、
この時期になってもまだ就職先が決まらない大学生がインタビューを受けていた。
すでに30、40社ぐらい受けているのだが、採用されないのだそうだ。
「まあ、そうだろうなぁ」夫が言う。
私もそう思う。
頭が良いとか悪いとか中身がどうとか知る以前に、
一目見ただけで企業から「いらん」と判断されるだろう子が画面に映っている。
本人にはその自覚がないのだろうから可哀想ではある。

番組では、大学生たちはこれまで競争を知らずに育ってきたので、
就職活動で初めて競争というものに直面して、戸惑っていると説明していた。

学生には二種類あるらしい。
就職活動が厳しいとなったとき、入念な下調べをしたり対策を考えたりとすぐ動き出す子と、
どうすべきかわからず不安でなかなか動き出せない子と。
今の子たちには、後者の方が多いようだ。

マスコミ志望の学生が、現状の厳しさを語っていた。
彼は、目がショボショボで、かったるそうに喋る。
思わず、「徹夜でもしたのか?そんな顔じゃ、面接無理だろ」と口に出したら、
次男が「いやぁ、不安で不安で眠れんのじゃろう」だと。
笑わせる。
夫は、「NHKにカメラマンとして雇ってもらえばいい」とか言っていた。
そうだよ。折角の売り込むチャンスなのに、ね。

競争したことがないからとか、不安だからとか、自分に向く仕事が無いからとか、
一生言ってればいい。

こういうのを見ると、
今の教育が、いかにダメ人間量産システムかってこと、よーくわかるよね。

裁判用状況説明書作り

年末の記事「職場の人間関係」で、クビになったと書いたS、なんと、裁判を起こしてきた。

「不当解雇」 だそうだ。

不当も何も、以前の記事では詳しく書かなかったが、
奴が仕事をしないからクビになっただけだというのに。

なにしろ、就業時間内に工場内をうろついては、携帯から私用電話を頻繁にかけたり、
他の部所の人達に個人的な話をして機械を止めさせるようなことを続けてきたのだから。
整備を怠って機械は壊すし、壊したものを黙って隠して、どうにもならなくなってもトボケて逃げる。
上司の注意も命令もきかない。「無理です。できません」と平気で言って努力もしない。
わからないことも聞きに来ない。
用もないのに早朝からタイムカードを押しに来て、機械のスイッチを入れただけでボサーッとしてて、
時間外労働の手当てだけ持っていこうとする。
重機に乗って昼寝をしてたという目撃証言もある。
何度も何度も「改まらないようならクビだ」と言われ続けて、それでも変わらず、
他の従業員のプライベートにも迷惑をかけるようになったので、解雇されたのだ。

解雇といえども普通は1ヶ月前に言い渡すもの。
だから、通告されてから1ヶ月は働く権利があるのだが、
奴は「こんな所で働きとうない!」と帰ってしまい、それっきり。

そして、その足でハローワークに行ったらしい。失業手当をもらうために。

常識ある社会人なら誰でも知っている事だが、失業手当は「一身上の都合」で辞めた場合、
下りるまでに3ヶ月かかる。
奴がその事実を50何歳かで初めて知ったのなら、これまで半年以上もった会社がなかったということか。
とにかく、「これはマズイ」と思ったSは、
自分の都合で辞めたのではなく、会社の都合で辞めたのならすぐに失業手当が出る、と考えた。
そこで何をしたか。
経営者で雇用主である会長に話をしても当然聞いてもらえないのはわかりきっていること。
なので、会長の息子のボンボン社長を使う算段を立てた。

翌日、会社に来て、従業員達に退職のあいさつ回りをする振りをして社長に接近。
しかし、会長が聞きつけて偉い剣幕でドヤされたので退散。

次に社長の携帯に執拗な電話攻撃。
着信拒否をされてつながらなくなれば、知り合いの携帯を借りて連絡。
うっかり出た社長に、「おどりゃー、すどりゃー」で脅しまくり、ファミレスに呼び出して、
ハローワークに提出するための、自分の思い通りの解雇理由を書かせた。

「私、〇〇会社の代表取締役社長 〇〇は、〇〇〇〇さんの退職が、本人都合ではなく、
 会社都合であったことを証明いたします。
 〇〇〇〇さんは、真面目で勤勉な人柄で、実直に骨身を惜しまず働く彼の活躍により、
 当社の業務は非常にスムーズに運び、多大な収益を得ることができました。
 会社としては、彼のような優秀な人材には長く勤めていただいて、
 これからもその能力を存分に活かして頂きたいところではありましたが、
 この不況の折、当社の経営状態も苦しく、人員削減のため誠に残念ではありますが、
 退職をしてもらうこととなりました。
 彼は実に素晴らしい人間ですので、次に雇用をお考えの企業様には
 どうか優遇していただけるよう、よろしくお願いします。」

と、まあうろ覚えだがそんな感じの、一目見て「気持ちワルッ」と感じるような、へ~んな文章を。

Sは、それを持ってハローワークに行った。
だから、ハローワークからすぐに電話がかかってきた。
「お宅は人員削減をしてるのに、ハローワークに求人を出してるのですか?」と。

それで会長の知るところとなり、Sの嘘はばれた。
ばれないわけがないわな。
いくらお役所仕事だといえ、ハローワークの人もバカじゃない。

ついでに、解雇に至るまでのSの所業までバレバレになってしまったものだから、
就職の斡旋も無理となり、余計窮地に追い込まれたSが、ない頭を絞ったのか、
悪い低脳仲間にそそのかされたのか知らないが、解雇理由を書いた社長を相手取って、
「会社都合で落ち度のない人間を辞めさせた」と不当解雇の訴訟を起こして、
少しでも金を毟り取ろうという計画を立てたらしい。

どんなに馬鹿げたくだらない訴えでも、裁判にかけられたら、
こちらには、それが事実無根であるということを証明する義務が生じてくる。

そこで、社長と会長と各従業員のSの退職に至るまでの経緯と、それ以降の出来事についての
状況説明書をまとめるという仕事が私に回ってきた。

本来の仕事ではないのだが、こういうのは、私は得意中の得意だったりする。
物事は何でも大げさに大げさに表現するのが大好きだからだ。
1の事実をそのままに、10にも100にも印象付ける仕掛けをちりばめて、
淡々とした文章の中に相手がどんなに悪い奴か、こちらがどれだけ情に熱く正直者かということを
サラリと織り込んでいく。

あまりに面白い仕事だったのでノリノリで仕上げたら、打ち合わせの時に弁護士さんから
「これ、本当に社長さんや、会長さんが書かれたんですか?
 非常にうまくまとまった文章なのでこのまま裁判資料に使わせてもらいます」と言われたらしい。

相手はきっと驚くことだろう。
どえらい大げさになってしまった、反論のしようのない事実で追い詰められて。
奴に事実無根の証明は、とうてい出来ないはずだ。


小ざかしいエゴだらけの脳みそも、たまには物の役に立つ、という話でした。チャンチャン♪

心は子ども 肉体は大人

1日は、長男の高校の卒業式だった。
小規模校なので、学年は1クラスだけ。
そのせいか、皆、仲が良い。
式の後の最後のホームルームで3年間の思い出のDVDを見て、
ほのぼのとして帰宅途中の車の中、息子がこんなことを言った。

「もう学校に来んからか知らんけど、妊娠3ヶ月をカミングアウトした奴がおった」

・・・・! エエエエエ~~~ッ!

彼氏は同じ高校の先輩だった人。
「相手もまだ大学生だし、そいつも進学なのにどうすんだろ」と心配げ。

本当、どうするのだろう。
親の気持ちを考えるといたたまれない。


そんなことがあって、今日、今度は高校1年の次男がこんなことを言う。

「うちの学校、マジ、クソ。同じクラスに、子ども堕ろした奴おったけんね。
 見るからにビッチだったけど、ほんまにキショイんじゃぁや。死ねや、カスが」

ゲッ。

すると長男が、
「だろ。俺が言った通りだったじゃないか。〇〇高はビッチ率が半端ないって」

噂は本当だったか。

その堕胎した子は、親に内緒で手術をしたらしい。
親に言わない理由として、「親に迷惑かけたくない」などとほざいてたとか。

馬鹿すぎる。
親の事を考えるなら、そこにいたる前に考えて欲しかった。
そして、そうなってしまったら、頼らなきゃ駄目だろう。
自分を大事にしない人間は、自分を大切にしてくれる人間をも平気で踏みにじって気付かない。
悲しい事だ。
(しかし、保険を使ったならバレそうなものだが?・・・親も無関心か?)

次男が「やはり、結婚するまでそういうことはすべきじゃないよ」と、
自分の彼女を大事にする決意を改めて固めたようなのは、嬉しかったな。

卒業式の翌日から福山の彼女のところに行って二日帰ってこなかった長男は・・・・どうだろう?

私にどうしろと?

子どもが不登校になった昔の友人から、またメール。

「今、なんとなく精神不安定です。
 何してますか?」

何してる、ってあんた・・・、平日の朝の11時前だよ?

普通は仕事してるでしょ。

でも、今日は昼までで早退だけど。

試験期間中の息子を下まで迎えに行って、
帰ったら昼ごはんを作って食べさせてすぐに市民センターである会議に出て、
夕食の買い物をして帰ったら仕度をして、
夜のPTA役員会のための資料を準備して早めに中学校に行って、
となかなかにバタバタの予定。

それでも何か困ったことがあるのかと、
「電話の時間はとれないけれど、メールなら後で返事できるよ」と返したら、
・・・
「ぽあんちゃんは、どうしてそんなに頑張れるの?私は無理。
 自分のと子供のことで手一杯でゆとりがない。
 どうしたいのかわからない娘の態度にイラつくし、
 パートでリーダー的なことをやらされて荷が重いしで、
 家出してどこかに行きたくなる
だとさ。

何で彼女はこんなに無意味なことを聞いたり言ったりするのだろう?
と、ため息が出る。
「こうしたら頑張れるよ」と答えたら、その通りにするわけでもあるまいに。

自分をそんなにも哀れんで欲しいのか。
優しいふりで、「可哀想ね。あなたは頑張ってるじゃない。きっと良い事があるよ」
とか言ったら問題が解決するならいくらでも言うけれど、そうではないでしょう。

そもそも「精神的に不安定」って何だ、それ?
他人の心の中のことまで私が知ったこっちゃない。

「右に行こうか、左に行こうかで迷ってる」という相談なら、
「右と左にはそれぞれどんなメリット・デメリットが考えられる」という話をした上で、
「私ならこっちを選ぶよ」と答えることもできるけれど、
「なんとなく精神的に不安定」なのは、そっちの勝手な事情じゃないか。

ああ、面倒くさい。

「私にとっては、自分の精神状態なんかどうでもいいので、
 そちらの辛さはいまいち理解できなくて申し訳ないです」
と書いて送っておいた。

甘ったれな他人のご機嫌をとってやるような暇はないのでね。
そんなことで消耗される自分のエネルギーが勿体ない。

本当は「自分の精神状態ぐらい自分でどうにかしろよ!カス!」と送りたいぐらいだったが、
今回は控えておいた。
でも、次は出してしまうかもしれない。

ダメな自分を認めて欲しいなら、
悩める人に優しく優しく労わり続けてくれる、傲慢で冷血な奴らに縋るがいいよ。
宗教の教祖様とか、心理カウンセラー先生様とかさ、いっぱいいるじゃん?
金もらえるなら、私も適当に「いーの、いーの」やってもいいかな。


あと、私は絵文字が嫌いだ。
特に、四捨五入したら50になろうかといういいオバンが、
家出したいぐらいの真剣な悩み事を相談する文章に付けるような物じゃないよな。

歌を届ける

どーもー、アンジェラ・ポアンです。(笑)


岡山ワークショップで唯一私が心配だったのは、喉を傷めたらどうしようかということ。

というのも、翌日には中学校の「卒業生を送る会」でPTAとして歌を唄うことになっていたから。
その上、私は一応会長なので挨拶もしなければならない。

去年は大失敗だった。
今年と同じくアンジェラ・アキの「手紙」を歌ったのだが、
緊張のあまりに弾け過ぎた私はひとり浮いてたらしい。
それで一年間、娘がクラスメイトから「やーい、お前の母さん、アーンジェラー♪」と
からかわれ続けたという事もあり、ここは一丁、再チャレンジして名誉挽回といきたいところだったのだ。
(「もうやめてー!」とかいう声もどこかで聞こえるような気はするけど、気にしなーい。)

そこで、喉を労わりつつ無理せずに、などと考えていたわけだけど、
実際に稽古に入ったら、そんなことはぶっ飛んでしまった。
終わりの方での、全員で部屋の両脇に別れての全身全霊全力での相手に届く「ナマムギ」で、
一発で喉をやられて、帰りの車の中ではもう、かすれ声。

うわ~、どうする?
と困っても、のど飴を舐めるぐらいしか仕方がない。

そして迎えた本番。

結果としては、その最後の「ナマムギ」が良かったようだ。
湧き上がってきたエネルギーそのままに、「歌」を「生徒たち」に届ける事が出来たのだから。


帰って娘に、
「いや~、本当はもうちょっといい声なんだけど、しゃがれてるから残念~」と言うと、
「そう思うなら、控えめに歌ってくれたらいいのに・・・」。
私の声は、生徒席にむっちゃ聞こえてたらしい。
ただ、私のガラガラ声は意外なことに、生徒席ではさほど酷くは聞こえなかったらしく、
「アリスのお母さんの声、きれいね」「歌、上手いね」と言われたと言っていた。

歌の間中、娘が恥ずかしいので頭を下げて見ないようにしていたら、
よくからかう男子が4人ぐらいその娘の様子をずっとガン見していたと、
女の子たちが後で教えてくれたそうだ。
きっと面白がって、またからかってやろうと思ってたのだろうが、
終わったら、なぜか誰も何も言わなくなっていたとか。

してやったり!

これがずっと日常で続けば、どんな面白い毎日になるか。

エネルギーは、出して、出して、出しまくらなければね!
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。