スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

象の背中

長女の仲の良い友達のお父さんが亡くなったので、その通夜式に行ってきた。
中一は5日から2泊3日の研修旅行で、帰ってきた翌の代休の日に知らせが入った。
友人は旅行中も別段変わった所もなく普通に明るく過ごしていたらしいが、
お父さんは前々から具合が悪くて入院してらしたようで、
家族全員の見守る中、明け方近くに眠るように息を引き取られたのだそうだ。
まだ54歳だった。
盛大な式で、奥さんは悲しみに浸る間もなく気丈に立ち働いておられたが、、
声は振るえており、娘の友人もずっと両手で握り締めたハンカチを顔から離せない。
私は故人とは直接面識はなく、式の間、悼む気持ちはあってもどこか遠い感じでいたのだが、
その家族の姿を前にたまらなく胸が塞がれ、かける言葉も見つからず、
ただ、涙がこぼれて仕方なかった。
娘が驚いていた。「お母さんが泣くなんて・・・」と。
自分でも驚いた。が、そりゃあね。。。
旅立ったお父さんの心残り、かけがえのない存在を失った家族の悲しみを思うと。
別れの日が近いと知って過ごしていたのかどうかはわからないが、
今こうしている私達だって、いつどんな形で終りがくるか知れないのだ。

「もし、余命何ヶ月と告げられたら」、そんな想像をする中で、
その怖さや辛さ、悲しみの時間に耐えられるだろうかと考える事がたまにある。
しかし、実際にそんな状況に置かれる人は、どれほどの確率だろう。
むしろそれは可哀想な事ではなく、幸いなのかもしれない。
準備ができるという意味で。
死は多くの場合、突然にやってくる。
そしてどんな形であれ、必ず、平等に。
健康でも病気でも、充実してても悩んでても、金があっても先行き不安でも、関係なく。
我々は常に、今をどう生きるかを問われている存在なのだと、身近な死は教えてくれる。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。