スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚せい剤とわたし

私は悪いことはいろいろと手を出したものだけれど、
麻薬・覚せい剤・シンナーといった類をやったことは一度もない。
なんといっても、薬が大嫌いなのだ。
ビタミン剤ですら、「ゲー」なぐらいに。

最近、酒井法子が騒がれて、また若年層や一般の人たちの間に
麻薬汚染が広がっているという話題があちらこちらから聞かれるが、
「今に始まったことじゃないのに」というのが、私の感想。
ずっと昔から、覚せい剤は結構身近にあった。ただ、それを知る人が少ないだけで。

私が小学生から中学生ぐらいの頃、母は夜にキャバレーに勤めに出ていた。
母は、私が子どもだろうが何だろうが、店であった出来事とかを
割とグロい事まで話して聞かせたがった。
指名を取るためにボックス席で××をやっちゃうコがいるとか、
オシボリのとても不衛生で間違った使い方が当たり前であったりとか。
で、そういった話の中に覚せい剤の話題もあった。
トイレに行くと、個室の壁によく血が飛び散っていることがある。
昔だから覚せい剤は静脈に注射で打つのが普通だったのだが、
その際には必ずゴムチューブを巻く。
しかし、禁断症状が出始めて慌ててトイレに駆け込むような時には、
震える手では上手く巻けなくて、針を乱暴にブッ刺すと、血がビューッと噴き出すらしい。
2、3人いたらしいが「そういうコ達は、もう目が普通と違うからわかるよ」とか言っていた。
もれなく、ヤクザ風のヒモが付いているってのも特徴で。
警察による抜き打ちの検査が入ることもあって、女のコ全員並ばされて、
「腕を出せ」と言われる。
だから、やってるコ達は腕には打っていなかった。内腿がドス黒く変色していたという。
これでバレなかったというのだから、警察もマヌケだ。

高校生ぐらいから、私は毎週のように酒場通いをするようになったのだが、
あるとき、カウンターの隣に座った奴が覚せい剤の常習者だった。
ショボイ中年の男が腕をまくると、注射痕がダーッと。
「恐!」と思って、だけどあからさまに避けるのも恐くて、
「ええと・・・、体に悪いから、あんましやんないほうがいいかもぉ・・・エヘヘ」
なんて、刺激しないように刺激しないように離れてって見ていたら、他の客にからむからむ。
見かねたママさんが、「もう帰ったら」と言った一言にキレて、
ガラスの灰皿を投げ、ママさんの後ろの大きな熱帯魚の水槽に、ガシャーン。
裏から飛び出てきたママさんの大きな息子が表に引きずり出してボコして、電柱にガツン。
事情を聞きに来たおまわりさんに、
「酔っ払いが足を滑らせて自分で頭をぶつけたのを見た」と証言してあげたんだけど、
よく考えたら、私、未成年だったっけと今更ながら思い出して冷や汗もんだ。

大人になってからは、悪い仲間に誘われて通うようになった外人が集まるディスコが
大麻やなんかの受け渡し場所だったり、
知り合いの友人が覚せい剤の売人やってて懲役くらったことがあったと聞いたり。

一番身近だったのが、元友人からやったって告白された時。
彼女は、私が最初に勤めた会社に私が辞めたのと入れ違いに入社した人だった。
辞めた会社に遊びに行っては皆で飲みに出たりするうちに、親しくなった。
そのうち彼女も会社を辞めて、「しばらく連絡ないなー」と思っていたら、
とことんどん底にいたというわけだ。
スタンドで働いていて、通ってくる男とデキちゃったのだが、こいつがとんでもないヤク中。
シンナーと覚せい剤に溺れたギャンブル狂の暴力男って、揃い過ぎだろう。
付き合ってるときは、相談したかったけど、絶対に私に怒られると思って来れなかったらしい。
だから、私に会いに来た時にはもう別れた後だったのだが、悪いことにお腹に赤ちゃんが・・・
私は中絶とか絶対反対の人なので、「1人で産んで育てる気はないの?」と聞いたのだけど、
「無理。私もやってたの、クスリ・・・」だったものだから、これは仕方ない。
彼女は、その後、他の人と結婚して、やっと幸せになれたと思ったが、
生まれた子どもは障害を持っていた。
覚せい剤やシンナーをやったことと関係があるかどうかわからないが、きっと一生後悔する。

というふうに、薬物の恐怖は昔から身近にあったといっても、
今はもっとお手軽になっているというのが、より危険さを増していると感じる。
錠剤タイプのカラフルで可愛らしいこと。
一般には鼻から吸うのはコカインだけだと思われてたのに、
のりピーのせいで、覚せい剤も吸引できるって世に知れちゃったし。
これで復帰でもしてきた日には、「覚せい剤も禁断症状が抜ければ治るんだ」と
間違った情報を広めることになるのは間違いない。
一生、治らないから。
一生、苦しさと渇きと恐怖と後悔に苛まれるんだって所まで、
なぜ報道しないのだろうと私はいつも思う。
中毒から立ち直ったら偉いんではなく、やったのが馬鹿なの。
で、クスリをやめても元には絶対に戻らないの。
一度でも薬物に依存した人間をテレビに出すな! ちやほやするな!
立ち直った所を見せるなら、ドキュメンタリーにしろ! 社会のクズとして抹殺しろ!
もし、本気で日本から麻薬や覚せい剤を一掃したいのなら、まずはそこからだ。

馬鹿は馬鹿で自滅してくれればいいけれど、殆どの場合、他に迷惑をかけるのだから。
ラリってる奴に無差別にグサッなんて、嫌だからね。

コメント

非公開コメント

そのとおり!!
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。