スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「虐める子が悪い」それはそうだが

会社帰りに中学校前で娘を拾って帰る。
このところ、クラブや雑事で終わるのがそのくらいの時間になる。
乗ってきた娘が怒っていた。
今日の班長会でなにかあったらしい。

これまで何度も重ねてきた班長会の議題の一つに、虐めに近いような問題があった。
クラスの中で気の弱い子が、数人の女子に嫌がらせを受けていた。
暴力のような深刻なものではないが、それでも毎日の学校生活で繰り返されるのは辛い。
学校では道徳の時間に虐め問題を取り上げて、
一人ひとりに自覚を持たせようとしてはくれているようだが、効果は上がっていない。
テキストを読んで、どんな感想を持てばよいのかは皆知っているので、そつなく答える。
「虐めとは、一人の人を大勢で悪口を言ったり責めるような行為」
「人の心を傷つける悪いこと」
「虐めは絶対にやってはいけない」
しかし、やる。

それをどうしたらよいかを話し合うのだが、座る席をどうするかとか、
注意して見ておくぐらいしか生徒の間では方法がない。

それで先生に相談を持ちかけて出た結論が、
「虐めをしている子に、『○○さんが嫌がっているからやめるように』と注意する」というもの。
その場にいた先生方も皆、それがいいだろうとのことで決まった。

「そんなことをしたら、もっと悪くなっても良くなる事はないと思う」と娘。
なぜ娘たちが直接虐めグループに抗議をしないのかを
先生方にまるでわかってもらえてなかった事に落胆したようだ。

もしも虐めグループにストレートに注意をしたなら、
○○さんか近くにいる人間がチクったのだと思われて、
よりエスカレートするであろう心配があることを何度も説明したはずなのに。

「もっと遠まわしに上手にやめさせて欲しい」と言う娘。
しかし、相手は、道徳の授業でも自分のやっていることを棚上げの人間。
遠まわしに伝わるわけもない。
教師陣もお手上げなのだろう。

「一応、学校として注意だけはしておきましたよ」という責任逃れなのか、
それとも、一度刺激を与えて様子見をしながら更に次の指導を考えておられるのか、
そこはまだわからないのだが、どうにかいい方向に向かって欲しい。

それともう一つ、これは今回のことに限らないのだが、虐め問題全般見ていて、
虐められる側へのフォローや周囲への理解が、どうも少ないと感じる。

虐められる側に、「あなたにも責任がある」「強くならなきゃ」と言うのは最低だが、
そうでなくて虐める側を悪いと認識して指導してくれる場合でも、
嫌な目にあっている人の気持ちはなおざりにされたままという事が多いのではないだろうか。
現実を改善していくための行動が一番大切なのはもちろんだが、
「ちゃんと見ているよ」「大丈夫だよ」という、安心させてくれる働きかけがあれば、
随分と気の持ちようも違ってくるだろうに。

誰か一人でも信頼できる人がいれば、安心できる。
安心させてやって欲しい。
重いものを背負って辛そうな娘の様子を見てて思う。

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。