スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘さでできた良薬

「あのね、ぽあんさん、
 よく薬を沢山出すお医者さんが『いい先生だ』と言われるけれど、違うからね。
 あれやこれや薬を出したがる医者は危ないよ。あまり薬を出さない病院の方が安心」

先日、ある人と話をしていて、そんな話になった。

なんでもその人の旦那さんは、血圧が高く持病もあったので長年大きな病院に通っていたのだが、
もう少しで薬で殺されるところだったという。

夜に突然の心臓発作を起こし救急車で運ばれて、一命を取りとめた。
担ぎ込まれた病院の医師は、これまで飲んでいた薬の種類と量と組み合わせに絶句したそうだ。

「こんなの飲んでたら死ぬよ!」

そう言われて、慌てて病院を替えて薬の量も1/5ほどになり、以前より元気を取り戻されている。
そして今は本人も薬を出してもらって飲んでいるおかげで体調がいいと、うれしそうに話してくれた。

「とってもいい先生でね、ビタミンとかいろいろ体にいい薬と、
 一緒にダイエットの薬も出してもらったから、少し痩せたのよ」と言う。

ん?
サプリメントや飲むだけで痩せる薬を出すのが「いい医者」だろうか?
と引っかかりは覚えるものの、本人が喜んでいるのに水をさしてもアレなので黙っていると、

「でもね、痩せるのはいいんだけどお腹がゆるくなるから、
 病院に行った時に「ちょっと困る」って言ったのね。
 そしたら『じゃあ、下剤を減らしましょう』ってすぐ変えてくれて良かったんだけど、
 今度は体重が減らなくなっちゃった。便秘もぶりかえしたし」

だそうで・・・・・、その痩せ薬なら私でもWantsで買って処方できるんじゃなかろうか、
との疑念がますます膨らむのだが、たぶん言ってもわからなさそう。

彼らに限らず、「体調維持のためには、薬は一生飲み続けなければならない」と信じている人は多い。
幼い頃から、そう洗脳されてきているから。

「あまり薬を出さない医者ほど、良い先生」と言っているからといって、理解してるわけじゃなさそうだ。


旦那さんが死にかけるほどの投薬をしていた前の病院は立派な医療過誤なのだから、
今のドクターから注意の一言ぐらい言ってもらえたのかと尋ねたところ、
「そりゃあ無理よ。病院同士だから言えないでしょう」と、とても物分りが良い答えが返ってきた。

もう、騙されたくて騙されているとしか思えない。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。