スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットカルトは出会い系と同じ匂い

カルト宗教の定義には、

・恐怖と不安を与え、人を精神的に不安定にさせる

・個人の意志をなくし教祖(教団)の意志に従わせる

・法外な金銭的要求

・信仰の妨げになりそうな家族や友人と疎遠にさせる

・生活を規制して自由を奪う

・社会を敵対視させる

・一般的モラルを逸脱させる

などが当てはまると思う。

これまでカルト宗教といえば、書籍や街頭アンケート、友人による勧誘などを通して近づき、
ご利益を謳い入信させ、徐々に思想の自由を奪い集金マシーンにしたり、
工作員として使ったりするような組織を指したものだ。

しかし、ここ最近こうしたものに該当しない「新型カルト」が現われはじめてきた。

不安な時代にはオカルトがブームになるのは、今も昔も変わりはしないが、
表現のしかたがよりソフィスティケートされ、
一見すると「心が温まるちょっといい話」的なことを言っているようにしか見えないのがクセモノ。

これらは、上記のようなこれまでのカルト宗教の定義には、ほとんど当てはまらない。

金銭要求もしなければ、家族と縁を切って出家しろと言うこともない、法律違反をさせたりもしない。
それどころか、教祖自身の姿すら現さない。名も名乗らない。
活動はすべてネット上で行うからだ。

害のなさそうな「いい話」を語り、毎日悩める人の相談に乗っているだけ。

それの何が問題なのか、と知らない人は思うかもしれないが、問題、大有りだ。

なぜなら、“ソレ”を信じるほとんどの人が何かしらの悩みを抱えた人であり、
中でも特に多いのが、他のカルト宗教(スピ系・エネ研含む)でかつて、
金と時間と居場所を失った経験を持つ人だったりするからだ。
彼らは「今度こそ本物」とすがり付いている。
だから疑いを持ってはいけないし、批判者を攻撃対象とする。

全員で同じ呪文を書き込んで、同じ匂いをプンプン発して次から次へと、
「あれはどうすればいいんですか。これはどういう意味ですか」と、
悩みの解決法を聞く、物の見方・考え方を尋ねる、叱られては喜び、褒められては喜び、
「おかげ」を報告する。
まるで自分の信心度合いを競うかのように。
そして、セッセと元信者仲間を「脱カルト」と称して勧誘。
大金を使わないだけで、やっていることは前のカルト宗教と何ら変わっていない。

教団内だけで通用する身分の資格を何千万も出して買ったりすることに比べたらマシではあるが、
なぜ自分が躓いたか気付いていないこの状態が、危ういことには違いはない。
教祖の本を読んで、まじないをしさえすればOKと信じるのが安易な霊能力者信仰に他ならないことは、
失敗を経験してわかったはずではなかったのか。
イイコトも、悪いことも全部「霊のせい(おかげ)」「前世のせい(おかげ)」「この世の修行」。
同じ世界に留まってるのだから、同じ罠に引っかかるのは当然だ。

要するに、今の状態とは、ぼったくりホストクラブに入れあげてボロボロになった女が、
ネットの出会い系で知り合った口の上手い男とのチャットに夢中になってるようなものと
考えてもらったらいい。

お金を使わないから大丈夫?
直接会わないから危険性がない?
そうか?

ここまで言ってわからない人には、説明するだけ無駄だからこれくらいにしておくが、
目に見えるものより見えない物を奪われる方が、実害は大きいのだという事は覚えておいて欲しい。

・恐怖と不安を与え、人を精神的に不安定にさせる

・個人の意志をなくし教祖(教団)の意志に従わせる

この二つが本当のカルトの怖さだ。

魂さえ手に入れれば、あとは容易い。

そして、このことは日本の社会全体が証明しているとも付け加えておこう。

コメント

非公開コメント

自分で判断できずに、誰かに依存したり。
自分に都合の良いように、誰かを利用したり。

以前は、そういうのは悪だと思っていましたが、
今では、それもひとつの共生関係なのかな、と
思うようになりました。

写真でも、自分でせっせと撮り続ける人もいれば、
誰かを師と仰いで、そこから離れない人もいます。
どれが良いとか悪いとかじゃなくて、それが
その人の生き方ということなんでしょうね。

もちろん、そうした依存関係は、私の望む生き方では
ありませんけどね。^^
そうじゃない人達の存在も、認めないわけにはいかないなぁ
と思う、今日この頃です。

>誰かを師と仰いで、そこから離れない人

芸事、技術などはそういったものでしょうね。
基礎基本はやはり長く続いてきた本流で身に付けるのが結局一番の近道であり、応用もききます。
もちろん自分流を創り上げる人もいていいですが、流派を守るのは型の伝承なので、それは私はむしろ大切にすべき事だと思います。
結局、師と弟子の目指すところは同じですから。

そうでない関係が怖いんですよ。

普通の生活の中で、わからない事を自分より詳しい人に相談したり、手が足りない所をお願いしたりなど、当たり前にあっていいことですよね。
だけどそれ、「誰にでも」じゃないはずです。

何故、たまたま見かけた力のある人が無条件で弱くて困っている人間を助けてくれるなどと思うのでしょうか。
これまで依存でしか人と関係を持ったことがないような人にその傾向が顕著です。

「私を信じる人は幸せになるよ。背く人は地獄に落ちるよ」は、そんな人達を絡め取る最高の教義。
選民意識もくすぐる飴とムチ。

認める認めないと言ったって、現に存在しているものは仕方ないですが、私は、馬鹿の集団は気持ち悪く感じると、ただそれだけのことです。

池田教や、アムラーと同じく。

はじめまして、ぽあんさん。
きんたろうさんのところから、きました。

時々記事を読ませて頂いております。
ぽあんさんの恐ろしいほど鋭ぎすまされた感性には、いつも感服させられています。

今回の記事には、私なりに、かなり共感することが多く、特に最近のセミナー形式の耳に心地よい言葉にからめとられ、思考を乗っ取られる過程には、違和感を感じてしょうがありません。人を自立させないシステムについて、これから、記事を書いてみたいと思っていますが、ぽあんさんのこの記事のリンクを頂きたいと思い、お願いにあがりました。
よろしくお願いいたします^^

りんりんさん、こんにちは。

りんりんさんのブログも時々覗いていますよ。
リンク、どうぞ使ってください。
まあでも適当ですからね。
「どこ」かを明らかにしたらコメントも増えて面白くなるんでしょうけど、面倒臭いのでボカしています。
相手は狂人だもの。

りんりんさんが危惧されるように、確かに「自己啓発セミナー」は怖いですからね。
これもいずれやらなきゃとは思っています。

突然のリンクの件、快く了承して頂き、ほんとにありがとうございました。

>「どこ」かを明らかにしたらコメントも増えて面白くなるんでしょうけど

笑、そ、そんな、恐ろしいこと・・・度胸がありませ~~ん(滝汗;
といっても、ぽあんさんがおっしゃるような手法は、宗教に限らずとも、いろいろな団体に共通していることが多いと感じます。

とても、わかりやすく解明してくださり、ありがとうございました^^
さっそく使わせていただきます。





プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。