ぽあん流風邪の治し方

ちまちまと小さい風邪をひいてると大きな病気にはならないからいい。

一年に一度ぐらいは熱を出して寝込むぐらいあってもいい。


私が子どもの頃は、みんなそんな事を言っていたように思う。

だから安心して、少々咳が出ようと、鼻がつまろうと、頭が痛かろうと、
大病をせずに良かったと思って過ごしたし、
熱が出てフラフラになっても、また今年も来たか~、ぐらいのもんだった。

風邪は万病の元だから甘く見てはだめ
というのはもちろん口を酸っぱくして言われたものだけれど、
だから休養が大切だし、栄養をとらなくてはいけないという意味だったはず。

いつから、インフルエンザは命にかかわる重篤な病になったのだろう。

かかったら一大事だから、まずかからないように、うがい・手洗いを徹底し、
飛沫を防御するためのマスクは必須。
ワクチンは絶対。
除菌、殺菌、加湿、密閉、人ごみは避け、備蓄食料を用意って、
それでもかかったら48時間以内に薬で撃退。
どんな臨戦態勢だ。バイオハザードの世界かよ。
というぐらい、「常識」が急激に変わってきているのを感じる。

「さもなくば脳炎で死ぬ」と多くの人が固く信じているが、
そもそも脳炎は、インフルエンザにかかったら病院に行く日本でしか多発していないのだ。
これが何を意味するかぐらい自分で考えてみればいいものを。

風邪もインフルエンザもウイルスによる感染が引き起こす症状というのはもちろんだが、
これは「気の病」という側面もあると、私は実感した事がある。

たぶん20歳前後の頃だったと記憶している。
私は一年に一度の大きな風邪をひいてしまった。
そしてこれは、今まで私がかかった中で一番症状が重い風邪だった。
いつもの事と思って病院には行かずに寝ていたが、三日経っても具合は悪くなるばかり。
熱は高い、頭は痛い、節々も痛い、喉も痛い、咳は出る、鼻はつまる、意識もうろう。
見かねて母は薬局に走り、「一番良く効く薬を」と言って
高い漢方薬を買ってきて飲ませてくれたが良くならない。
「とにかく栄養を付けなくては」と作ってくれたのが高級な牛肉を使ったすき焼き。
食欲はないけれど「一口でも」と言われるので熱でよろけながら食卓につき、パクリ。
鼻が利かないだけでなく味覚もおかしくなっていて、甘さも辛さも感じない。
醤油を足してもただ、苦い。

翌日、母が仕事に出かけても、私は一人で高熱のまま家で寝ていた。
静かでうららかな日中。
いつものように車の行き交う音、近所の保育園から元気な子ども達の声。
「どうして私だけ動けないんだろう」と思うと次第に悲しくなってきて、
そして次第に腹が立ってきた。

「クッソー、この風邪め!ええかげんにせえよ!何日居座っとるんじゃ。
 私の身体も身体だ。負けてるなよ。のさばらすな。
 もう、こんな動かんような身体はいらんわ。死ねや!」

ガバ、と布団から起き上がって、ふらつきながら風呂場に向かう。
服を脱いで、浴槽に残っていた冷たい水を頭から、ザバーーー。
もうもうもうもう、腹が立つ。死ね、死ね、死ね、死ね。
ザバーーー、ザバーーー、と頭からかぶること5,6回。
トリハダ立つ暇もなかったけど、さすがにガクブル。
で、そのびしょぬれのまま、部屋に戻って布団にバタン。
熱が高いので身体から湯気が上がっているのをぼんやり見たのが最後。

「ううっ、寒い」目が覚めたら私は裸のままうつ伏せで“乾いた”布団の上に寝ていた。
熱はすっきりと下がって、どこも痛くない。ふらつきもしない。
風邪はすっかり治っていた。

とても不思議な体験だったが、「風邪ってこんなもんなんだな」と私は悟った。
後に野口晴哉の「風邪の効用」を読んで更に得心。
風邪とは、本人が「かかる」と思えばかかるものだし、
「治りたくない」と少しでも思っていれば治らないものなのだ。
それは表層の意思ではなく、深層意識が決定しているからややこしいのだが。

私の場合、「このまま甘えて風邪をひきつづけてたら殺される」と身体が判断して
大慌てで治したということなのだろう。
「生きるか死ぬか」潜在意識に渇を入れれば、選ぶ方向は決まってる。
それを知ってからは、風邪など恐るるに足りないものとなった。

以後、私は水をかぶったことはないし、風邪ひきの子どもにぶっかけたこともない。
そこまで重症化しないから。
そういうもんだ。

あくまでこれは、ぽあんの風邪の対処法なので、良い子のみなさんは決して真似をしないようにね。
たぶん死ぬから。

インフルエンザシーズンには、厚生労働省の言いなりにワクチンを受けて、
もしもかかったら早めにタミフルかリレンザ。
病院の医師の言うとおりに、解熱剤や鎮痛剤を使用して症状を軽く済ますのが、きっとベストだよ。
変人の言う事なんか、聞いちゃダメ。

ね♪

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する