私がアダルトチルドレンを嫌いなわけ

昔、ある人が管理する会員制の掲示板のメンバーであった時、
一人の女性が子育てをいかに自分が頑張っているかを語った内容に
思わず噛み付いてしまって、結果、追い出す格好になってしまったことがある。

その人はお調子者っぽくて、更に空気が読めないのか、いちいち一言一言が癇に障る人だった。
同じく空気読まない私とは折が悪かったのだろう、どうしてか腹が立った。
それは彼女だけのせいではなく、周囲が私を苛立たせたというのもある。

明らかに変なことを言っていることに対して、陰(別のディープな地下室)では
ヒソヒソと悪口を言うのに誰も本人には何のコメントもしない。
中でも、当たり障りのない井戸端会議ではキャピキャピと会話して、
「仲良しよねー」のふりをしているのに、裏で悪口が出たときも同調する人というのは、
一体何なんだろうと不気味でしょうがない存在だよ。
言いたい事があるなら、本人に言えばいいのに、衝突は恐怖する。
彼らは他人に意見に同調はしても自分の意見を言うということがないので、
突っ込みを入れようにもできないというのが余計に私に苛立ちを募らせたような気がする。
叩こうにも、ぬるくて弱いのを全面に出してくるんだから手に負えない。

調子ぃの彼女の子育ての頑張りというのは、
子どもがあるとき、
「お母さんは他の子のお母さんとは違う。
 どうして他のお母さんのように普通じゃないの?普通にできないお母さんは嫌いだ!」
と言ったことに対してショックを受けて、それから顔を合わせるお母さん方を観察し、
何が自分が他の人と違うのか、どうしたら普通のお母さんになれるのかを研究し努力して、
ようやく普通のお母さんを上手に演じる事ができるようになって、
子どもの信頼を取り戻すことに成功した、という物。

それを、「頑張ったねー」「良かったねー」「出来る事じゃないよ」「愛情があるからだよ」
と褒め倒す住民達。気色悪くてしょうがない。
アホかっつーの。

で、

「あんたは地のままでは子どもに母親失格と言われたわけだけど、
 『それが私だ』となんで開き直る事が出来なかったわけ?」

「普通って何だ? そこを子どもに聞いたか?他人をキョロキョロ見回す前に」

「普通じゃないお母さんはダメだと思う子が、
 親に自分が自分であるだけで受け入れてもらえると感じているだろうか?」

と、やっちゃったんだよね。

彼女は質問には答えず、
「私がここにいると不快に感じる方がいらっしゃるようなので消えます」
と言って、消えちゃった。

本当に最後まで不快な人だったよ。

不快すぎて私もそれから少しして飛び出ちゃったけどね。
傷の舐めあいしすぎて、オエップとなっちまって、大 爆 発。で、死屍累々。カカカ、ザマア。

でも最近、思うんだよね。
彼女に限らず、そんな人はどこの世界でも多かったんだなって。

特に子どもが虐めにあう人、不登校で悩んでいる人はほとんど皆そんな感じ。
本人は本人なりに頑張ってるつもりでも、方向がもう明後日だから。

私が「アダルトチルドレン」という括りの中に落ち着いている人が嫌いなのは、そういった理由。


この記事でお気を悪くされた方、もしいたとしても私のせいではありませんから。
自業自得。
不幸な自分がそんなに可愛いか?
一生やってろ。

ネットで傷つくならネットをするな。それだけ。

コメント

非公開コメント

ぽあんさんって、
とっても争いが好きで、人をけなすのが好きなんですね。


ね。

アダルトチルドレンって、こんな奴だから。(大笑)

はじめまして。
やけど自己紹介するほどでもないから、不躾ながらいいたいことだけ。m(_ _)m
ぽあんさんは、アダルトチルドレンの意味ちゃんと理解してるん?
ウィキペディアでもいいからちょっと調べてみてほしいな。

>雨点さんへ

はいはい。
山ほど本も読みましたよ。
ホームページも掲示板も巡ったし、プリントして、ごっついファイル作ったり。

そんで、結局「アホらし!」と全部捨てました。

専門家になる気はないんでね。

元々の語源にあるような深刻な虐待から社会生活を送れないほど精神的に病んでしまったような人は極まれで、ほとんどが暇だから、いらんことゴチャゴチャ考えてるだけじゃん。
うまくいかないのを親のせいにしている後付の理由。
甘えんぼちゃんですか、の一言だよ。
きちんと自分の仕事してれば悩まなくて済むの。

ああ、それから、通りすがりに実生活に何の関わりもない人に理解を求めようとする自己中心的な性格も直した方がいいね。
そんなだから、「あなたのことをわかっています」みたいな気持ち悪い奴の餌食になるんだよ。
金や労力を奪われるか、マスかきの道具にされるのがオチ。

あ、ちょっと親切に書き過ぎちゃった。

丁寧な返事ありがとうございます。
ちゃんと知ってはったんですね。
考え方はちがいますが、ぽあんさんの言いたいことをしっかり言うとこ、素敵やと思います。

サンキュー。

考え方なんてコロコロ変わるもんだから。
私の言うことなんか適当だよ。

あけましておめでとうございます

今年初寄りしました。更新楽しみにしています。

A・D含め軽度、重度の精神障害(と書いてしまうとよくないでしょうか)、今やたくさん名前がついていて、ワケわからんってのが正直なところです。
ちなみに私は『適応障害』だそうですが、結局、あることを経験して体がいうこと聞かなくなり、また動きもがけるようになったという事実。
病名がついた自分に酔いしれていた時期が、一番辛かったにも関わらずメチャ恥ずかしい。そう思えるようになったから身心動くようになりました。
ぽあんさんのように、弱さをも認められるようになりたい。
そう思いながらいつもここへきますので、ぽあん節、今年も沢山よろしくお願いします。

新型もらいたい!と思っちゃう今日この頃(爆)子供達は済ませちゃったし、今さら後悔。

今年の抱負、あなたのブログがなくなりますように。

Uさん

新年おめでとうございます。今年もよろしく。

Uさんは「適応障害」ですか。雅子様と同じ病名ですね。
雅子様もそうですが、病気で辛かったら休んだらいいと思うんですよ。治療に専念して。
ちょっと動いてみては様子を見て、出来るとか出来ないとかは自分の身体と相談しながら。
医者にも本人の痛みはわかりませんからね。

脳の損傷や分泌ホルモンの異常ならともかく、心は薬では治りません。
痛み止めや症状を抑えることはできても、治せない。
これは、風邪やその他の病気と一緒で、結局は自分の持っている免疫機能を正常に働かせる以外に回復はしないものです。

痛みや苦しさは、悪化したら命取りになりかねない病気を知らせてくれてるんだから、毛嫌いして取り除こうと躍起になるのは却って逆効果。
今の世の中ではこんな考え方をする人は少ないでしょうけど。

私がアダルトチルドレンが嫌いな理由をもう一つ。
彼らは、「病気だ」と言っても、「病気じゃない」と言っても怒るので付き合いきれません。
そして、心の病や気持ちの不安定さも、風邪と同じく人と人の間で伝染するものですから。
好き好んで嫌な気持ちになりたい人は誰もいない。
そんな当たり前の事がわからないから、自称アダルトチルドレンは嫌われるんです。

ぽあん節、いつもより多めにオマケしときました。

うは、何だか凄いことになってますね。(^^;)

ぽあん節は、わかって読むぶんには面白いんですが、次のエントリーにもあるように「言わんでもええこと」なんじゃ?と思ったりすることがあるのも、正直なところです。
ぽあんさん自身が書かれているように、「毛嫌いして取り除こうと躍起になるのは却って逆効果」というわけですね。
嫌いだから嫌いだと言うのは構わないんですが、相手の神経を逆撫でしてしまっては、余計な争いを増やすだけですよね。
私自身も経験があるんですが、自分が正しいと主張すればするほど、その正しさは伝わらずに、反感を持たれたりします。
人を嫌う人は、人からも嫌われますよ。
「好き好んで嫌な気持ちになりたい人は誰もいない」ですからね。
なんだか、あちこち自己矛盾してませんか?
まあ、ここのひどいコメントを読めば、ぽあんさんの気持ちも良くわかりますけどね。
私は、ぽあんさんが好きなので、もっと好きにさせてくださ~い♪

>K-Hyodoさん

ご意見ありがとうございます。
反論であっても、ちゃんと会話ができる人の考え方は参考になります。

おっしゃる通り、わざわざ言わなくてもいいことです。
このブログに書いてること全部そう。
だけど私はわざわざ出かけて行って書き込むなんてことはしてませんよ。
以前あった事と、だからその傾向のある人をこう思うって話であって、誰か特定の人に「あなたが嫌い」と言ったわけでもないのに、どうして自分のことを言われてると感じる人がいるのかな?
私からしたら、あんた誰?ってなもんですよ。

でもまあ、こうなるかもってのはわかっててのことだからいいんですけどね。
心安らかにいたいんだったら、安らげる場所を見つけるのは自分の責任であって、期待通りに動いてくれない他人のせいにしてはいけない、と理解できる人だったらとっくに悩んでないでしょう。

たぶん私のこのやり方はこれからも変わらないと思います。
心にもないことを言って優しいふりしてると、病気になっちゃうだろな。

まあ、言って良いことと悪いことを気にしだしたら、何も言えなくなっちゃいますからね。(^^;)
私も、ぽあんさんがここに書かれることに対して、批判したり反対したりするつもりはありませんよ。
中には、痛烈なぽあん節のおかげで、初めて気づく人もいるでしょうしね。

きっとぽあんさんは、社会的な「免疫機能」、白血球みたいな存在なのでしょう。
ただ、直接個人を攻撃する意図はなくても、その条件に当てはまる人が、実際にダメージを受けてしまうことは起こり得るわけです。
それがぽあんさんに納得できないことだとしても、「期待通りに動いてくれない他人のせいにしてはいけない」ですよね。
それができないがゆえに、「病気」でもあるわけですからね。
もう少し相手への配慮があれば、コメントが荒れることもないと思いますよ。
押した後には押した分だけ引かないと、押し戻されることになりますからね。

これからも、ぽあんさんの本音を楽しみにしていますね♪

Hyodoさんは優しいですね。大丈夫ですよ。

私は逆にもっと荒れるかな~?と楽しみにしてたぐらいなんですけど。
炎上させるのって難しい。
なにも、期待通りに動いてくれない他人のせいにするわけじゃないですが。(笑)

争いが好きで人をけなすのが好きな人が嫌いなら、嫌っていいんですよ。
コメントが荒れるのが嫌なら、サクッと削除するか、コメント不可にしますから。

あなたは境界性人格障害ですね。

来たよ。名無しのエセ精神科医が。

立派な病名付けてくれちゃって、ありがたいねぇ。

だけど、私なんかと一緒にされたら、
本当に「境界性人格障害」で苦しんでる人やその家族にとっては迷惑なんじゃないかな。

ってところまで考えなきゃね。
弱者の立場になって物を考えられる心優しき人なら。

私は単に、性格が極悪なだけだよン。www


しかし、あれだね。
なんで
「あなたこそ、立派にアダルトチルドレンだよ!」って誰も突っ込んでくれないんだろ?

弱者の立場とかいうてるけど、何を高見にたってるんかいな?
あんたも立派な弱者だよ。

思ったことを忌憚なく言うのは構わないとは思うけど、ちょい度がすぎるわな。

嫌いは嫌いでええけど、尊重はせなあかんわ。吠えすぎ。
なんか抱えとるんか?

いつまでもいつまでも、うっせーよな。

それも名無しで文句だけ言ってくる奴の多いこと。

話し合いができないってもの、あんたらの特徴だよ。

だったら関わってくんな!と思うんだけど、
構ってちゃんだからしょうがないか。(←ほら、ちょっと理解して あ・げ・た よ!)

ま、いいや。
暇なのでたまには大真面目にご返答いたしましょう。

12日の新記事で、「アダルトチルドレン祭り」だ!

ちょっと付き合い良すぎるかな。

No title

ぶす

ご依頼の件

了解いたしました。

大丈夫ですよ。
思ったように書いていただいても。

落ち着かれましたら、またご意見くださいね。

No title

ブログに書いてることは過激だけど、中学校PTA会長3年目ってなんだかんだ立派な人だと思う。

傷の舐め合い、馴れ合いに対して感じる気持ち悪さや自分の弱さを美談にしていることに嫌悪感をおぼえる…という意見には共感できる部分もありました。

でも人のために自分を変える、人からよく思ってもらうために(たとえ演技でも)好ましい振る舞いを身に付ける、その事自体は必要なときもあると思います。(頑張ってるアピールは見苦しいですが)
おもねるとか媚びるとかじゃなくて、目的のために誰かとうまくやるとか、他人を(極力)不快にしないため…と思えば、自分を作るのもまた処世術や人に対する愛情表現のひとつなのではと思いました。

そして、ぽあんさんの物の言い方は過激すぎるし、とても感じ悪いです。炎上狙いと仰ってますが、過激で悪意をあらわにしたような言い回しは炎上のために意識したものなんですか?そうだとしたらぽあんさんもまた「自分を作る」ことで欲しい反応を得ようとしていることになりませんか?

何年も前の記事に見当違いなことを言ってたらごめんなさい。反抗期の娘みたいな物言いが気になって、オバサンがタラタラ言いたくなってしまいました。

わわわさんへ

コメントありがとうございます。
処世術、愛情表現というのはあると思いますよ。
なんだかんだで人は社会で期待される役をこなさなければならない時がありますし、そうすることで自身が成長するものですから。

ただ、子供が「他の子のお母さんと違う。普通じゃないお母さん嫌い」と言った時に、なぜそんな言葉を口にしたのか、自分に何ができるかを、親として考えたようには私には見えませんでした。
他の誰かを手本に演じるのが本当に子のためになるのかなって。
子供は親の背中を見ると言いますよね?
自分が自分らしくあることを否定されたら、文句のつけようのないお利口ちゃんにならないといけないと非言語で語ってしまった。
そこを問題視したのです。


また、炎上狙いの件ですが、炎上するしないは私のコントロールできるものではないので、どうでもいいのです。
ある傾向の人にはカチンと来るだろうなぁ、ぐらいで書いています。
私のことはどう見るも、その人の自由ですよ。

この記事、8年前ですか・・・・
確かにね、今だったら、こういう書き方はしないだろうなって部分、いっぱいある。(笑)

はじめまして。

私が参加しているアダルトチルドレンの自助グループで、以前にここのコメント読んでリスカした人がいたみたいなので、攻撃しようと思い読んでみましたが、確かにそうだよなあ…と思いました。

自助グループに参加してて思うのですが、アダルトチルドレンの人達は回復する気がある様には思えない人が多いです。

私も、かまちょで、自分が無くて、見捨てられ不安が強いですが、いろいろワークして1人でやっていける様にはなりました。

まあ、その事をミーティングで話すと、みんな暗い顔になるので言わない様にしていますが…。

みんな、このままじゃいけない事は分かっているのに、努力が回復の内側にあるんですよね…。努力してステップやって、自己満足してるだけという感じです。

私も最初はそうしていましたが、なーんにも回復しないので、無理していろんな事をする様にはしました。凄く疲れましたが💦

ここのコメント読んで、1人でも多くのアダルトチルドレンで悩んでる方が、「このままじゃいけない」と思ってくれたら幸いです。

勉強になりました。ありがとうございましたm(._.)m

MAXさんへ

コメントありがとうございます。

アダルトチルドレンに理解のある人、優しい人は沢山います。
慰めて欲しかったり、癒されたかったり、自信を持たせて欲しかったら、受け入れてくれるグループもある。
今なら少しWebで検索かけたらヒットするページは星の数。
逆に批判している所を見つける方が難しいと思います。
誰しも良い人でありたいですから。
それなのに有名人のブログならいざ知らず、無名の何処の馬の骨ともやりわからない自称子沢山お気楽主婦(嘘かも知れないのに)の明らかな攻撃的無責任記事をわざわざ探してまで、どうして読むのでしょうね?
リスカする人は、その理由、怒りや悲しみの新たな言い訳を常に求めています。
被害者であり続けるために。
そこに遠慮して口をつぐむのは、私自身がそういう人達のせいで言いたい事も言えないという被害者となるという事。

好き嫌いぐらいは自由に言ったっていい。
良い悪いだって法に触れてでもない限り他人の主観でしかない。
そういう思いで、このショッキング(笑)なタイトルを付けています。

コメント欄には、今は消えている何件かのレスがありました。
最初は「ヒドイ!許せない!」と殆ど罵詈雑言のコメントでしたが、レスで落ち着いて自らを省みて謝罪され「消してください」と言われたので消しました。
そういう人もいれば、そうではない人もいる。
私が私の思いを表現する事でとる責任は、私に対する他人の評価のみであって、会った事もない他人のメンタルや人生ではありません。
罪悪感を与えたり与えられたりする下らないゲームは、楽しくはないですよね。

悩める人は被害者として「可哀想。頑張ってるね。あなたは悪くない。立派」と言われるのも何か満たされた気がするものですが、それよりも100万倍も楽しいことがこの世には溢れてるという事に、いつか目が向いてくれるといいですね。
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する