アバター3D

話題の「アバター」3D吹き替え版を見に行った。
私が立体映画を見るのは、小学生低学年の頃の東映まんがまつりの「赤影」以来。
あの頃のは紙でできた赤と緑のメガネをかけると白黒でカマとか木とかが飛び出して見えた。
しかし最近のは全然違う。
普通にかけてもただサングラスみたいに薄暗くなるだけで色は変わりない。
偏光方式というらしい。
しっかりカラーで、質感を持った物体がまるで本当に目の前にあるように見える。
最初のシーンでいきなり酔いそうになったが、なんとか持ちこたえた。
普通の映画と違い、なぜか全体を見ることができずメインの物以外の
片隅に動いている物とか、窓の外や背景、小物などに目がいって仕方ない。
情報量がありすぎるから?字幕も読みづらいし。
とかなんとか言いながらも、その奇妙さが面白くて最初から最後までメチャ楽しんだのだが。

ストーリーの方はというと、誰かのブログに「これは宮崎アニメの世界だ」とあったが、
確かに少し「もののけ姫」に少し似てるかもしれない。
だがそこはやはりアメリカ人の作るもの。
「すべては繋がっている」と言いながら肝心な部分ではどうしたって「力の論理」。
善と悪、強者と弱者、支配者と被支配者、愛と憎しみといった二元論から脱却することもない。
そして根底にごく自然に流れる権威主義。
「さすがだな~」と、変な感心をしてしまう。

映画を見終わって外に出ると、現実は意外とのっぺり。
映画の方がよっぽど立体的でリアルに感じたような気がする不思議。
それにしても、やたらと目と脳が疲れている。
目は見たいものに自動的に焦点を合わせるように出来ているのに、
3D映画は、強制的に製作側の見せたい物にピントが合わされていたためか。
新しい刺激に脳は「面白い!」と感じても、目は困っていたようだ。
来年あたり3Dテレビも発売されると聞く。
頻繁に見ていて感覚がおかしくなるなんてことがなきゃいいけど。ヘミシンクCDみたいに。
と、
そんなことをチラッと思う。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する