母親の資格を問われても

子どもが二人、不登校になった人からメールがきていた。

「相談があります」

とあるから、どんな相談かと思ったら、

「二人も不登校にしてしまった私は、母親失格ですか?」

「普通に育てているのに、どうしてなのでしょう」

「心配で不安で逃げたいという気持ちから、仕事に逃げているのかと悩んでいます」

とのことで、それは相談じゃないよね・・・・。


本音で返事すると、

「二人も不登校にしてしまった私は、母親失格ですか?」
     →母親の合格ラインがあるの?
      ってか、それじゃあ、不登校になった子どもは人間失格ってことか。

「普通に育てているのに、どうしてなのでしょう」
     →普通の育て方って、どういう育て方?
      さぞや不登校になってない人の育て方、熟知してるんでしょうね。偉いね~。

「心配で不安で逃げたいという気持ちから、仕事に逃げているのかと悩んでいます」
     →意味不明。仕事をしてたら心配や不安から逃げられるなら、悩んでないでしょ。
      問題を直視することから逃げちゃいけないと思っているなら、さっさと辞めれば?

なんだけど、たぶん意味通じないし、
本気で変えたいわけではない人に対していたずらに傷つける趣味はないので、
言って欲しい言葉を返してあげる。

「あなたのせいじゃないよ」と。

わー、ムッチャ嘘つきだよね。私。

ま、親がどうだろうと、子どもはテキトーに育つよ。苦しむとしてもね。いいの、いいの。

と、私はあくまで楽観視。
無責任なようだけど、これ、大事なんだよ。相手のためにも。



「学校に行く行かないなんて、たいした問題じゃない。
 自分の食い扶持を稼いで自立さえできれば、一生ひきこもりでもOK」
と考えているような親の子は、案外不登校にならないもの。

だがそれを、こう考えたらいいと教えられても出来るものではない。

その証拠に、彼女、一人目が不登校になった時、
「学び方は色々あるから、学校にこだわらなくてもいいんだと思ったら、私も子どもも楽になった」
と言っていたはず。
しかし、それはカウンセラーの言葉の受け売りであって、乗り越えたわけではなかったのだろう。
そして同じように下の子も不登校に。

日常の会話や接し方の一つ一つが繋がり積み重なって作ってきた要因の
何をどうしたら解決できるといった魔法はない。

心配と不安を作ってるのは、自分自身なのだから。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する