FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛乳は毒かクスリか?

どうも牛乳は、身体にいいとも悪いとも一概に言えないようだ。

大塚製薬の人の話を聞いて「絶対に大量に飲む必要がある!」という気になった私だが、
K-Hyodoさんにご紹介いただいた「日本人と牛乳」によると、
むしろ牛乳は害とあり、混乱する。

お腹は壊すし、骨粗しょう症の予防になるとは限らないし、
心筋梗塞・脳梗塞・大腸がん・男性の前立腺がん、
女性の乳がん・卵巣がん・子宮体部がんを引き起こす可能性もあり、
少子化の原因でもあるらしい。
それが本当なら、とても恐ろしい事である。
文部科学省は一日のカルシウム摂取量の基準の50%を学校給食でまかなうように指導し、
事実上、児童生徒たちに牛乳の強制をしている。
とすると、我々は国によって毒を飲まされているのか?

などと考え出すと夜も眠れなくなる。
睡眠不足が一番の健康の大敵だというのに。さてさて。

日本人には昔から牛乳を飲む習慣はない。これは本当である。
しかし、カルシウムの必要量が現代人と昔の人とで大きく差があるわけではないだろう。
では、どこから摂っていたのか。
ムチャクチャ小魚ばかり食べていたわけではあるまい。

調べてみると、日本人のカルシウム摂取量は、長年340㎎~380㎎であったのが、
戦後近代栄養学の導入によって食生活が欧米化し、
欧米のカルシウム摂取量1000㎎/日を目指してなされた1960年代はじめの牛乳普及運動の結果、
現在の一日の必要摂取量600㎎が決められたのだという事だ。
昔から日本人はカルシウムをしっかり摂っていたわけではない。
それなのに古代から戦前までの日本人の骨を分析しても、
高齢者に骨粗しょう症などいなかったという結果が出ている。
反対に牛乳をしっかり飲んで栄養状態がいいはずの戦後生まれの人の骨がポキポキ折れている。
これはどういう事なのか?

実はカルシウムだけを大量に体内に取り入れても骨にはならないのだ。
カルシウムが骨に吸着されるにはマグネシウムが不可欠。
牛乳を飲んでも、ナッツ類や海草、ホウレンソウ、大豆製品、バナナ、青魚などを
食べていなければほとんど無意味ということ。
これは意外と知られていない。

昔の人の食卓は野菜中心で肉を食べる事はあまりなかった。
マグネシウムは野菜から十分に取り入れることができ、
尚且つ、動物性タンパク質によって酸性になった血液を中和させる為に用いられる
体内のカルシウム量は少なくて済むという構成。
必要なものだけ食べて、身体に余計な負担をかけないという
極めて合理的で効率の良い栄養の摂り方をしていたのだった。

また、砂糖や食品添加物に多く含まれるリン酸というのがまた、
カルシウムの骨への吸着を妨害している。
運動不足も言うに及ばず。

どうやら、栄養たっぷりの美味しい食事と甘いお菓子が豊富にある現代は、
いつもお腹をすかせていた昔の暮らしより貧しくなっていたようだ。

さあ、食をもう一度、見直しだ!!

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。