FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湧きいずる悩み

悩みとは、どうしようもない事を思い煩う事。

  こんな生まれでさえなかったら。
  あんな親でさえなかったら。
  虐めさえ受けなかったら。。
  貧乏でさえなかったら。
  もっと頭が良かったら。
  可愛い顔にさえ生まれていれば。
  暗い性格でさえなかったら。
  太ってさえいなかったら。
  つまらない会社に就職さえしなかったら。
  厳しい上司さえいなかったら。
  意地悪なお局様さえいなかったら。
  好きな人に彼女さえいなかったら。
  歳を取りさえしなかったら。
  こんな旦那と結婚さえしなかったら。
  気難しい舅、口うるさい姑さえいなかったら。
  子供さえ生まれてくれたら。
  子供さえ生まれなかったら。
  子供が受験に合格さえしてくれてれば。
  子供がグレてさえいなければ。
  旦那が暴力さえふるわなければ。
  旦那が浮気さえしないでくれてれば。
  旦那がもっと優しい人でさえあってくれれば。
  嫌な人が多いこんな街にさえ住んでいなければ。
  悪い人に騙されさえしなければ。
  あの時事故さえおこらなければ。
  病気さえしてなければ。

  ・・・・・・きっと今頃幸せだったのに。
  こんなに辛い思いをしてなかったはずなのに。

本当にそうかなぁ。

コメント

非公開コメント

こんにちは。
「強い子になれ。」「強くありたい」
そう言う言葉はあちこちにあふれてますね。
強いっていう定義もひとそれぞれで
他人を蹴落としてでも力は勝つと信じてる人も居れば
己の心の中にある甘えや不条理な気持に勝つものというひともいる。
どちらかといえば 自分自身の心の中に自分を信じる気持ちがある人を強い人といい 
自己肯定感のない人を弱いともいうのかもしれません。
自分の弱さを受け入れたならそこから何かをつかんでいけばいいですよね。
弱い事に甘んじて努力をしないことが何よりも残念な事だと思います。
また強いからと言って人の気持ちを理解することを省くことも残念な事ですね。強さと弱さは1人の人の中に同居してる気がします。

ばじるさん

>強さと弱さは1人の人の中に同居
そう思います。
>自己肯定感のない人を弱いともいうのかもしれません。
自己肯定感は「自己」ですから、他人が付けさせてくれるものではないですよね。
もしも、他の手を借りたいのであれば、そのように動いてこその自己肯定感になるのではないでしょうか。
「心を鍛えるにはどうしたらいいのでしょうか」と尋ねまわるのもいいし、
自分が憧れる人に「どうしたらあなたのようになれますか」と聞いたり真似したりするとかね。
「私は弱いから仕方がない」と動かない人に、
「このままでいいよ」「弱くなんかないよ」と言う人こそ、
思いやりに欠けると私は思います。
自分より劣っていると感じる人に好んで優しく接する人もまた、
自己肯定感の薄い人が多いです。
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。