スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学会葬の手伝い

10年近く前に町内会長をしていたご近所さんが亡くなった。
朝、自治会の世話役をしている人が訪ねてきて夫が応対して聞いた。

明日のお通夜と明後日の葬儀は、山を降りた市街地の葬儀場で行う。
そこで帳簿係をして欲しいとのこと。夫は行けないので、私をよこすと返事をしたらしい。

あれっ?と不思議に思う。
だって、その人は一族揃って創価学会の人。そしてこの町には学会員はとても多い。
普通は学会員が一切取り仕切る学会葬でやるはずだ。
なのに、学会員は帳場はしてはいけないので非学会員の手が要るからとか。

ちょっと前に知り合いの学会葬に出たから知っているが、市内から知っている人も知らない人も、
出られる人はみんな駆けつけるみたいな勢いで、会場は満杯だった。
受付で受け取られた香典は、お経が流れる中、
学会員数人が手際よく後ろの方で即座に封筒と現金に分けて、帳簿に記していた。
だから、そのお金はみんな創価学会が持って帰ってしまうのだろうと思っていたのだが、
どうも今回は、開封せずそのまま遺族に渡して欲しいらしい。

どういうこと? と考えていたら、何だかだんだん腹が立ってきた。
葬式を集会所でやるなら手伝いにも行くけれど、
遠くの葬儀場でやるのになんで近所が借り出されなきゃならないの?
しかも普通は親戚とか職場の人とかがやる帳場を、
宗教上の理由かなんかしらないけど、特に親しくもなかった私が?
仕事を休んでまで他人の手伝いに行くぐらいなら、義母の看病の方を優先するよ。
だいたい、何のための学会だよ!無関係な人間をあてにしてくれるな!
故人とは仲が悪かったわけではないが、親しかったわけでもない。
それに私はもう自治会の役員もしていないのに。

というような事を夫にぶつけると、
「いかないならいかないでいいと思うけど、連絡しないと・・・」と煮え切らないから、
すぐその場で電話をかけて、仕事があるので朝からの葬儀の手伝いはできない旨を伝えた。
明日はたまたま用事があって早引けするので、少々無理をするが出来る事はしてあげたいと思う。
しかし、会社を休んでまではないでしょ。

本音を言えば、手伝いたくない。
またあの集団のお題目の大合唱を聞くのかと思うと吐き気がする。
でも、仕方ないか。これも大人のお付き合い。
それにしても、嫌だ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。