スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花子と狐狗狸のいる学校

小4の1/2成人式の後は、今年度最後の懇談会があった。
いつもなら残る人は4、5人と少ないが、最後ということもあり15人ほど参加。
この一年の成長や最近の気付きなどの話をした。
子どもの考える事、やること、それぞれの家庭でどんな会話があったかなどを聞くのは面白い。

そこでちょっと気に掛かることとして話題に上がったのが、「トイレの花子さん」。
女子を中心に、放課後に誰もいないはずのトイレの一番奥からノックの音や声が聞こえると噂が広がり、
「本当にいる!」と怖がりトイレにも一人で行けなくて困っている子が何人かいるようだ。

私も少し前にその話は次女から聞いていた。
仲良しの子たちが「確かめたいからついてきて」と頼むので行ったら、
確かに誰もいない個室のドアの内側からノックの音が返ってきて走って逃げたと言っていた。
なので、「『本当にいるとわかってよかったね~』と言っといたんですよ」と話をしたら、
なぜか皆は苦笑。
大抵は「花子さんなんか嘘。いるわけない。何も怖くない!」と言って聞かせているらしい。
だけど、お化けを楽しみに行ってるんだから、確認できたらラッキーじゃんね?

そしてもう一つ、同じ系統で問題として出てきたのが「コックリさん」。
学年でそれらしい遊びが流行っているらしい。
これも親の時代にもあったことなので、特に目くじらを立てることもないと思うのだが、
昔報道された集団ヒステリーの女子生徒のことが頭に残っているのか、皆ひどく心配している。

我が家などは、次女がその話題を出したときに
「じゃあ、家族みんなでやってみようか」と言ったぐらいなのに。
「コックリさんなら任せて。お母さん何度もやってるから、文字盤すぐに書けるよ♪」と
チラシとペンを持ってきたら、「いや、やっぱいい」と逃げられてしまったが。
もちろんその後、暗示にかかりやすい人がやると本当に危険だから
人に誘われても絶対にしないことと、注意はしておいたが。

「ありもしないものを怖がるなんてバカみたいだけど、そこが子どもらしいところですね」と言うと、
子どもに「怖いからやめて!」と禁止している人たちは皆、微妙な表情。
そこでもう一つ、体験談「学校であった怖い話」を披露。
「・・・・というわけで、コックリさんなんて本当にはいないって証拠ですし、
 もしあったとしても、長年取り憑かれててもこの程度だから」と笑い話で言ったつもりが、
表情に微妙さが増しただけでウケはいまいち。
何か私は間違った?

一人ずつ順番に話す役が回っていき、なぜそんな恐怖におののいた顔をされたのか後でわかった。
「怖いからやめて!」と厳しく子どもに言っていたお母さん方は、霊的に敏感な体質なのだそうだ。
時折見えてしまったり、そういった物を感じやすいので、怖くてたまらないらしい。
そんな霊能力者が15人中3人以上もいるなんて、結構な確率だ。
そりゃあ、花子さんやコックリさんは危険すぎる。
と納得。

懇談が終わって、図書室で宿題をしていた次女を迎えに行くと、部屋の電気が消えていた。
薄暗い中で、コソコソヒソヒソしている女の子たち。
ガラッと扉を開けて「コォラ~~~!!」とやると、「キャッキャッ」と飛び出してくる。
「なあに?怖い話でもしてたの?」「うん!」
・・・・こいつら、親の心配も知らずに。
中の一人が私に聞いてきた。
「ねえ、コックリさんって本当にいるの?怖い?」

さあて、どう答えたもんか。

「あのね、霊なんて、怖い怖いと思っている人が自分で作り出すもので本当にはいないんだけど、
 少しでも怖いと思っていたら催眠術みたいに見えたり聞こえたり感じたりすることはある。
 コックリさんをやって狐のように目がつりあがってコンコンとしか喋れなくなった子もいるよ」

「その狐のようになった子はどうなったの?」

「精神病院に連れていかれた。だからコックリさんをやったらダメだよ。
 気が狂ったら精神病院に入院しないと治らないから。嫌でしょ」

「うん。わかった。しない」 と真剣な顔。

こんな純真な子たちを、絶対にオカルトになんか染めちゃいかんよな。


その後、下駄箱の所で懇談会に出ていた人と一緒になり、
「子どもたちにも困ったものですね」と少し談笑。
「テレビ番組の悪影響でしょうね。『オーラの泉』なんかで霊がどうしたとか前世とか因縁とか、
 さも本当のことのように紹介するから、真に受けて信じる人が増えるんでしょう。
 オカルトを現実に混同させるような気持ちの悪い番組がなくなって良かったワ」と言うと、
「ええ・・・そうですね」とまた微妙な表情。

あ、この人、霊に敏感な人だったっけか。
私ときたら、ぜんぜん人の顔を覚えられないもんだから、失敗、失敗。テヘッ。


夜、夫に話をした。
「昔やったコックリさんの話とか、笑い話にならずに怖がられてしまったので、
 PTAで『あの人、狐憑きなんだって』とか噂になっちゃうかと心配なんだけど」と言うと、

「いや、狐憑きはない。むしろタヌキだろう」

あーあ、そうですかい。見た目かい。

でもそういえば、あの時のコックリさん以来、太り始めたような気も・・・

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。