職業選択の自由の“権利”はキャバ嬢にはないのか

新宿歌舞伎町のキャバクラ嬢のデモが、何度も報道番組で取り上げられている。

給料不払いや、不当な罰金、経営者によるセクハラをやめて欲しいとの要求それ自体は正当なものであり、
どのような職業であっても守られるべき労働者の権利だとの主張はわかる。

だが、一般の企業で働く人のそれと、
キャバ嬢のそれとが同等に取り沙汰されてもいいものだろうかといえば、私は少し違うと思う。

この業界とは元々そういった所なのだとの認識もなく飛び込んだのだとしたら、
甘いとしか言いようが無いからだ。

普通の企業勤めの場合、ある程度学歴や資格や能力を有している人でも、
20代なら月に20万前後の給料しかもらえないのが実情。
派遣やパートだと時給750円とか800円が大半で、特別な技能を持っていたとしても2000円ぐらいだ。

しかしキャバクラ嬢は、何の資格も能力も不要で、
ただ、若くてきれいで男に媚びるのが上手いだけで時給6000円以上(歌舞伎町)。
それだけの働きをしており、店にとって大切な人材なら無茶はしないはず。

「高い罰金をとらないで欲しい」という要求にしても、
遅刻や早引けは、-5000円、当日欠勤は-1万円、無断欠勤は-2万円という至極真っ当なもの。
それが嫌なら、時間にルーズなところを改めたり、勝手に休まなければいいだけのこと。
口でいくら注意しても責任感のない人間に通じるわけがないから、
罰金という形で店のリスクを軽減しようという、経営者の涙ぐましい努力ではないか。

「セクハラをやめて欲しい」?
性を売り物にする客商売の女なら、男のそうった扱いぐらい賢くこなせなくてどうする。

つまりこのデモは、キャバ嬢達が、
自分が水商売に向いていない上、社会人としても失格だと言って回っているようなものなのだ。

こんなデモ行進が、いったいどれだけ雇用主に対して訴えかけの力を持ち、改善が見込めるのか、
効果を知りたくて調べて回ったが、そこに言及している報道は皆無というのがとても怪しい。

そもそも、デモの参加者150人の内、現役のキャバクラ嬢がたったの5人しかいないということを、
どれだけの人が知っているだろうか。
他はみんな、キャバクラで働く女性らによる労働組合「キャバクラユニオン」のメンバーと支援者という。
歌舞伎町のキャバクラ嬢は約3000人。
ユニオンによると、多くの人達は不当な賃金や罰金・セクハラに悩んではいても、
行動を起こしたのがバレた時の店側からの報復が怖くて声をあげることができないでいるから、
代理で騒いであげてるということらしい。

参加した5人のキャバ嬢たちは、直接経営者に交渉しようとすると、
店のバックについてる怖いお兄さん方が出てきて酷い目に合わされそうだから、
皆と一緒にデモ行進する方がまだ怖くないということで出てきているとか。
(たぶん、現役が一人もいないと形にならないからということで、ユニオンから金をもらって引張り出されたと推測)

しかし、怖い人達がやっている、悪い店で、なぜ働き続けようとするのだろうか。

正当な賃金と安心して働ける労働環境を得る権利があると主張するのは結構だが、
それがない場所を選んでいるのは誰なのかと言う視点をまったく持たず、
雇う側の責任としているのがとても奇妙だ。

しかも、ユニオンもそれぞれの店の経営者に待遇改善を申し入れるわけでもなく、
派手な格好で路上を練り歩いて、
「私たちは酷い目にあってまーす。被害者でーす。可哀想な女でーす」みたいなパフォーマンスをして、
いったい誰に何を訴えかけているというのだろう。
歌舞伎町のキャバクラを利用するお客さんが、
「そりゃけしからん。キャバ嬢のために私がかけあってあげよう」
と言ってくれるのを期待しているとも思えない。

では、その目的は?

利用される人間は、どこまでも利用される運命か。


デモ行進の中の元キャバクラ嬢が、参加した理由を尋ねられてこう答えていた。
「アタシたちキャバクラ嬢って、ほらぁ、若い子の憧れの職業になってるじゃない?
 だけど現実はそんなにきれいじゃなくて、苦労もあるよってことを知ってもらいたくって」

信じられない話だが、本当に最近は風俗嬢に憧れる若い女の子は多いらしい。
キラキラときれいでお洒落で可愛くて、男の人にモテモテで大事にされたりプレゼントをしてもらったりして、
普通の職業ではまずないほどの大金が稼げるような、そんなイメージができているのは、
若年層向けの雑誌がキャバ嬢をモデルに使ったり、
「風俗嬢=女の勝ち組」のような記事を載せたりするせい。
今や小学生でさえ、ギャル姫メイクをして町に出る。
親も似たような顔をして似たような考え方をしているので、何が問題かわかってはいない。

何が正しくて、何が悪いのか。
何が美しくて、何が醜いのか。
何が幸福で、何が不幸なのか。

何が人間の権利なのか。

何が女の価値なのか。

見極めが難しい時代であることは確かだ。

(参考:「キャバ嬢」は女性「憧れの職業」 ブログやテレビでアイドル扱い)

(参考:キャバ嬢にあこがれます! - Yahoo!知恵袋)

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する