スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は日本人の国です!

「たちあがれ日本」という新党が設立され話題になっている。

どうしてこんな名前にしたのか、その感性を疑ってしまうのは私だけではないだろう。

言葉自体は悪いものではないのでおおっぴらに批難もできないが、
何かおかしい、なぜか日本を大事にしている気がしない、
そして一般国民に対して責めてきている気すらする、軽んじているというか、偉そうというか・・・
そんな気分の悪さが確かにある。

それはなぜなのか。

はっきりいって、物言いが他人事でしかないからだ。
「立ち上がれ!」だとか、「頑張れ!」「よみがえれ!」などという励ましは。

あなたはいったい、何人なんですか?
「日本」の中に、「たちあがれ日本」党の人は含まれていないんですか? 
ということを皆、薄々感じながら、さりとてはっきりと問うこともできずに、
困ったちゃんを扱いあぐねてる雰囲気が蔓延して、これがますます気持ち悪さを作り出している。

「立ち上がれ」と最初に聞いた時、私がまず頭に浮かんだのが昔のあるロボットアニメ。
オープニングで「♪立ち上がれ~ 立ち上がれ~ 立ち上がれ◯◯◯◯」と歌われていたからだ。

このアニメの歌は、ロボットを操縦する主人公を応援する歌となっており、
「立ち上がれ」の後に、「君よ」と呼びかけ「走れ」と続き、
その後も、「飛べ」だの「撃て」「叫べ」「行け」「燃やせ」「飛べ」と、
激しくも小気味良い命令語のオンパレードで構成されている。

この歌の中には、大きな期待は込められているけれど、
歌っている者自らが能動的に動いていくのだという姿はまったくない。

もちろんアニメを見ているちびっ子達のための歌だから、これはこれでいい。

見てる子は、ヒーローに自分を重ねあわせて、その場で一緒に戦っているような気になるだけだから、
ちびっ子が何をしようとすまいと、物語には何の影響もない。
ただ、視聴率が悪ければ番組が打ち切られるだけのことで、それはまた、ちびっ子には何の影響もない。

大人の見る野球やサッカーなど、スポーツの応援にも同じことが言える。
「ガンバレ、日本!」は、外国人チームと戦う日本の代表選手たちに対して応援団が使う言葉で、
選手同士で使って励まし合うなんてことはしない。当たり前だが。
この場合、選手は人間なので励ましによって勇気づけられたりといった影響はあるが、
声援が多ければ多いほどそれに比例して強くなるわけでもなく、やはり本人の実力勝負。
観客が選手の努力を肩代わりしてやることはできない。

それが「応援」というものだ。


であるのなら、日本という国に応援団は要るだろうか?
当の日本人が、「立ち上がれ」だの、誰に向かって言うのか?

この際、名前として適す適さないはさておき、純粋に言葉として考えてみた時、
自分、または自分たちが「立ち上がる」のならわかる。
今まで寝てたか、座ってたか、倒れてたか、ハイハイの時期だったのか知らないが、
とにかく立ち上がるんだなと。
「立ち上がらせる」でもまだどうにか気持ちは通じる。
「国を動かすのは我々だ!」との強い意志の表れとすれば、少々の傲慢さは許容範囲だ。
たちあがれ日本」は、どう考えてもあり得ない。

ちゃんと日本語を理解しているのなら、日本人としての感性が育っているのなら、
決して自らの体を表すものとして名乗れるはずがない政党名。

この名の党が5年以上続くと誰が思える?
この名の党が政権を取れると誰が考えられる?

現在、若者たちが夢を持てず無気力になっていることが憂慮されているが、それも当然だろう。

何がしたいのか、どうなりたいのか、そうしたビジョンを、
いい年をしたそれなりの地位の大人たちがより集まっても示せないでいるのだから。


「たちあがれ日本」党には、日本という国が独自に意志を持って勝手に動いているわけではなく、
日本国に住む個人、家庭、社会の総体であることを今一度、きちんと認識し、
驕り高ぶった名を改めた上で仕切り直しをされることを希望する。

日本は立ちも座りもしない。

「日本という国が悪いので、正しい我々が命令して変えてやらなければならない」
というような誤った印象操作は、是非ともやめていただきたい。

“日本”が悪いのではない。
そして、“日本”が私たちに何かをしてくれるわけでもない。

日本の“土地”に住む私たちが、日本の“社会”を構成しているのだということを忘れるな!

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。