スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達はイジメ対策要員ではない

中2の娘が教育相談を受けた。これは全員が順番で受ける。
普通は本人の事について、何か困ったことや、勉強でわからない所などを聞かれるものだが、
長い時間を費やして聞かれたのは他の人の事ばかり。
「もう、なんなの?試験週間だから少しでも勉強時間をとりたいのに!」と娘はプンプン。
しかし、クラスで問題があるのだから仕方がない。先生もご苦労だと思う。

今、娘のクラスで虐めに近い雰囲気がある。
ターゲットにされている子は、娘と仲が良い子なのだが、
ここ二日、学校の前まで送ってもらっても入れないで休んでいる。

担任が言う。
「彼女のこと、ちょっと気にかけてあげてくれないかしらね。
 一人にならないように、気がついたら声をかけたり、そばに付いててあげたりとか」

娘は答える。
「いやです。できません。無理!」

そんなこんなの押し問答が続いたらしい。
他にもクラスに馴染めないでいる子について同じように繰り返されたため、長くなったようだ。

それを聞き、可笑しくて笑ってしまう。
なんとも可愛げのない答え方だ。
だが、それでいい。それがいい。

「だってさー、友達だから普通に話はするし遊んだりするよ。
 でも、一人でいるから行ってあげなくちゃとか、声をかけてあげようとか、
 わざわざそんなこと無理だから」

「声をかけるって、あれ? 
 肩を叩いて『最近どう?』とか、そんな感じで?」と笑いながら聞いたら、
 
「そうそう!先生、本当にそう言ったよ。『最近どう?って声かけてあげて』って」

「ぶははっ、それって、
 サラリーマン社会で共通の話題のない二人が無理やり間を持たすために口にする言葉じゃんか。
 ありがちな社交辞令第1位をここで持ってくるかーっ」

「だから言えないよねー」
「アッハハハハハハ・・・」
 
笑った笑った、涙が出るほど。
イジメの対策にそんなわざとらしい取ってつけたような学園ドラマをやらせようとするとはね。
本当は笑い事じゃないんだろうけど陳腐すぎ。

よしよし、よく言った。さすが私の娘。
友達に、先生に頼まれてわざわざ“声をかけてあげる”とか、“そばに付いていてあげる”とか、
そんな失礼なことはしちゃいけないよ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。