男と女の幸せ勝負?

どうやら私を熱烈に愛してくれてる粘着ストーカー君が2ちゃんねるに、この5年も前の記事を貼り付けたようです。
「どうしてマスコミはいまだに女目線なんだ」
おかげでアクセス数急増。
まあ考えている事は基本的に変わりませんのでかまいませんが。

コメントを下さった溜息さんへのお返事、長くなってしまったので、こちらに書かせていただきます。

------------------------------------------------------------------------
溜息さん、コメントありがとうございます。

ただ、少し誤解があるようですね。
2ちゃんねるのスレッドのテーマと、ここで私が問題にしている点を混同されては困ります。
よく内容をお読みください。

「女は女である事を損だと考える人がまだ多くいるようですが、まったくそんなことはありません。
 女が平等を勘違いして男的な成功を幸福だとする所から社会の乱れは始っているんですよ。」
と、要約すればこんな事です。


>だったら世に蔓延る

この「だったら」が何を指して言われているのかがわかりません。
>>気付いた人は「男のせいだ、女のせいだ」と責任転嫁することなく、
>>すでに動いている。
>>自分の為すべき事を為すべき所で。

結論のこの部分でしょうか。

>離婚時、福祉、裁判時初め法律、社会制度の女様のみ優遇

>何かと女様だからと免除される社会的慣習の女様のみ優遇
>(今回のwカップ実況など好例)

>大学入試、公務員試験を初め最初から下駄を履かせる女様のみ優遇枠

>その他女性様専用、女性様優先など数え切れぬ程の女性様特権の数々


社会制度の問題点と
女性を利用することでもたらされる経済効果・企業側のイメージアップといったメリットは
別のものです。ここは分けて考えてください。

離婚時に有責の側が慰謝料を請求されるのは当然です。
収入が多い分、額も大きくなるということで男も女もありません。
また、親権・養育権にしても、子どもの養育に適した環境の場が望ましいという観点で判断されます。
母子家庭に対する手当てが出て、父子家庭にはなかった点については
5月26日に改正児童扶養手当法が成立し、受給できるようになりました。
昔は子どもは母親が育てるものだとの社会通念が強かったので、
このような不平等が続いていたものと思われますが、子どもの福祉に男親女親関係ないですからね。
他、裁判や社会制度で女尊男卑的な不平等が思いつかないのですが、何かありますか?

また、社会慣習として女性が優遇されるのは、男性が基本ジェントルマンでありたがるからでしょうね。
女性に限らず、自分より弱く小さい者を守り優しくできる人、組織、社会は健全です。
だから皆こぞって「女性のために」と言いたがるんですよ。政党も企業も。イメージ戦略として。
それを苦々しく思い、女性優遇は許せないという人が多くなれば、改まると思います。
まずは動いてみられてはいかがでしょうか。

>そういった【理不尽】な
>【女尊男卑】を全ての女性様が反対・拒否してから語って下さい。


私は現在の社会が女尊男卑とは思っていませんので、反対・拒否する理由がありません。
私が問題視しているのは、女性性、男性性が平等と言う名の下に、
差があってはならないように扱われていることです。
すべてが「個」としてオールマイティでなければならないのではなく、
家や社会で男女それぞれの特性が役割として伸びやかに活かされるのが
本当の自由であり、平等であると考えます。
その実現のために、私は女性として今、出来ることをしています。

【理不尽】な 【女尊男卑】が問題だと思われている方が、その解決のために動かれたら良いことです。

私はただの一主婦ですので、全ての女性様を代表しているわけでもありませんし動かす事などできません。
しかし、個人的にでも具体的に何をどうして欲しいという要望があるのでしたら言ってください。
それが賛同できるものであればお手伝いできるかもしれません。

「匿名掲示板に集まってはグチグチと女の悪口を言って
 ストレス発散してるような金玉の小さい男には
 どーせ何もできやしねーよ!」

とか言われないように、頑張って活動してみてくださいね。(微笑)

コメント

非公開コメント

No title

男性というだけで制度的に不利である土壌は、女性にとってもいいことはありませんよ。
男性は、自分の父であり夫でもあるのですから。
女が事後に言っただけでほぼ確定してしまう痴漢冤罪などが特筆すべきところでしょうか。

「グチグチと女の文句」という捕らえかた・・こういう女多いんですよね。
中学からずっと女子校で、今も女の多い職場ですから、先輩、同僚、後輩、お客さん、ありとあらゆる女を見て接し続けてきていますが、実に多いです。

文句があるのは、「女性優遇の世の中」ではないでしょうか?
最後の太字フォントの下品な3行。
つべこべ文句言わずに男は黙って現状に甘んじろってことになりますよ。

ほとんどの女は、まず経済的に男がいなければ生きていけないんです。
あまり「女特権」にあぐらを掻いて、品性を落とすようなことを表現なさるのもいかがなものかと思います。

女がひとりで生きていけない社会だとは

ななしさんへ

>男性というだけで制度的に不利である土壌は、女性にとってもいいことはありませんよ。

男性蔑視、男性差別が制度としてあるのなら、良いことではないでしょうね。
しかし、そんな「制度」はありません。
反対に、男尊女卑の制度が長く続いてきたという歴史はあります。
学校に行けない、職業につけない、選挙権がない等々。

>男性は、自分の父であり夫でもあるのですから。

もちろんです。
そして女性は、自分の母であり、妻であり、妹であり、娘でもあります。

>女が事後に言っただけでほぼ確定してしまう痴漢冤罪などが特筆すべきところでしょうか。

これは改めるべきと私も思います。冤罪被害で自殺者もあるような現状は。
ただ、これが女尊男卑だからかというと、少し違うのではないでしょうか。
取調べも男性によってされているわけですから。
卑劣な痴漢行為をする男性があまりに多く、女性は声を上げることもできずに耐えてきました。
とても勇気がいるからです。加害者よりも被害者の方が恥ずかしいんですよ。
混乱の中、声を上げるわけですから間違うこともあるでしょう。
事実や証拠を検証し冤罪を生み出さないようにするのは、警察や検察の仕事です。
訴えた女性が悪いのではないというところを間違わないでください。
女性が警察に圧力をかけているわけでもありません。

>「グチグチと女の文句」という捕らえかた・・こういう女多いんですよね。

実際そうだからです。
見たままを言うと、「女はすぐそういう事を言う」という男は多いです。
・・・なんてね。ガキの喧嘩かっての。(笑)

>最後の太字フォントの下品な3行。
>つべこべ文句言わずに男は黙って現状に甘んじろってことになりますよ。

字が読めないんですか?
「現状に甘んじろ」とは書いていません。
「解決のために動かれたら良い」「活動してみてください」とはっきり書いています。
「『何もできやしねーよ!』とか言われないように」と。

この文章は読めていますか?同じ言葉を繰り返してますよ。わかりますか?大丈夫?

>ほとんどの女は、まず経済的に男がいなければ生きていけないんです。

そうですか。私はそうは思わないですが、ななしさんの周囲はそうなのでしょう。
では、男性は経済的に自立できても、女性は経済的に依存しないと生きていけない社会のどこが
女尊男卑なのでしょうか。お聞かせ願いたい。

>あまり「女特権」にあぐらを掻いて、品性を落とすようなことを表現なさるのもいかがなものかと思います。

ご心配ありがとうございます。
女のくせに生まれつき下品なもので、よく殿方からお叱りの言葉を頂きますのよ。オホホホ・・・
女性は求められるものが多くて大変でございます。
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する