福岡ワークショップに親子連れ

日野晃 福岡ワークショップに、16、17日と行ってきた。
今回は高校3年生の長男と親子参加。

息子はドラムコンサート以来「興味がある」と言いながらも、
ワークショップに誘うと「そんなに本格的にやりたいとは思わないから」とか、
「休日は予定があるから」とあまり乗り気ではなさそうだった。
なので、一種の社交辞令みたいなものか?と思い、今回も軽く「来る?」と声をかけたのだが、
数日して「俺、バイトを代わってもらえたから行くよ」と言って来たので、こっちが驚く。
なぜその気になった?
息子は「就職を決める前の大事な時期だから絶対に学校は休みたくない」とも言っていたはずだが、
それと秤にかけても勝る何かが今回のワークショップにあるかもしれないと感じたようだ。
自分の道を決めるという重圧に悩んでいるのは、よくわかっている。
しかし、このワークショップに参加したからといって何かができるようになったり、
特別な物を得たりするというものでもない。
だからこそ、行くなら「今」なのだろう。そんな気がした。

一日目、身体塾・即興塾。
息子は胸骨が動かなくて難儀しながらも、「面白い、面白い!」と喜ぶ。
その場その場を100%楽しむ事に貪欲な所と、人に好かれる愛想(調子?)の良さが奴の長所。
放っておいても心配はないから、私は私の稽古に取り組む。
何度行っても、まだまだまだまだ・・・・・何一つまともに出来ないままだけど。

夜に先生方と参加者の何人かで食事に行った席で、最近された小学校でのワークショップの話が出た。
先生は稽古の中で、よく「何か質問がある人?」と聞かれる。
大人は大抵の場合、混乱してて何を聞いたらいいかわからない状態だったりするのだが、
子ども達は思ったことをとりあえず口に出すので、自分に理解出来ないことをそのまま、
「なぜ?」「どうして?」「どうやったら?」と何でもかんでも聞いてくる。
しかし先生は、そうした質問に、
「質問には人に聞いてもいい質問と、聞いてはいけない質問があります。自分で考えなさい
と返したとか。
「先生らしい」と皆で笑う。
小学生達にはそれがよほど新鮮な体験だったようで、多くの子が感想文にその事を書いていたそうだ。

確かに巷の一般的な教育論では、そんな返事はまずありえないだろうと思う。
親や教師は、子どもの好奇心の芽を摘まないように、疑問には適切に答えてやるべきというようなことが、
多くの本にも書かれているし、教育評論家みたいな人も言う。
どんな問いにも、正しい答えを返してやるのが子どもの伸びる力を育てる良い教育だと。
だが、本当にそうだろうか?
「誰の疑問なのか?」を突きつけることもなく?

現在、教育方針に「生きる力を付けさせる」「自己肯定感を持たせる」と掲げる学校は多い。
しかしやっている事は正反対。
せっかくの本人の疑問に対して、どこかの誰かが考えて出した答えを与えてやるなど、
その人自身を大切にするどころか潰しているようなものだということに、気付く人は少ない。
「自分で考えなさい」と言われて何かが響いた子供たちには、大きな可能性がある。

疑問とは、個人的な問題だ。
そしてそれは、生きるということ全てに関わってくること。
問い続けるのが人生。

そうなんだよ、息子クン。
何が自分に向いているか、何がやりたいのかは、君の疑問、君の問題。
答えがわからなくても当然であって、わかるために社会に出て仕事に取り組むのだから。
悩む暇があったら、とにかく働け!

先生の話を息子が今の自分の問題に当てはめて考えたかどうかはわからないが、
少なくとも私にとっては、また大きなヒントをもらった。

コメント

非公開コメント

No title

ワークショップ、お疲れ様でした。

何をするにしても、自分の中にある必然性って、大事ですよね。
大人になればなるほど、どんどん他人の言葉が中に入ってきて、
自分の言葉が見えにくくなっているように思います。

今、何が必要で、今、何ができて、今、何がしたいのか。
そのせめぎ合いの中で、今の答ができていく…。

最近は、そんなことを実感しています。

おとなこども

>大人になればなるほど、

大人という意味もいろいろありそうです。
自分の言葉を持っていない人は、無駄に年を重ねているだけのガキと言えるのでは。
「俺様流」の主張を自分の言葉だと信じてる人達も。

>今、何が必要で、今、何ができて、今、何がしたいのか。
>そのせめぎ合いの中で、今の答ができていく…。

そこに他者の存在があるかないかで、出る答えも大きく違ってくるでしょうね。
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する