スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去との和解

コメント欄でLibraさんとやりとりしながら、
私もちょっと前までこんな事で深刻に大げさに悩んでいたなと思い出す。

苦しくて、「これさえできれば」と求めたのが“過去との和解”でもあった。

心理学系の本を山と読み、宗教、スピリチュアルセミナー、エネルギー研なんかで修行してみたり。
元がいいかげんなチャランポラン人間なので、ドップリと嵌りきる事もできないのだけど、
それにしても馬鹿なこと。

神を拝んでも、お守りやお札を買いまくっても、どんなパワスポ行っても、
呼吸を整えてみたって、誰かのエネルギーを受けても、意識をどうのこうのしても、何も変わらない。

ただ、やってることが無駄だと思いたくないばかりにどんな効果が上がったかを
その「つもり」になってでっちあげてただけ。
本心ではやめたいと思いながら、
「でも、本物だったらどうしよう」「これを失ったら一生このまま辛く惨めなままかも」という
恐怖と卑しい心根でしがみついているという有様。
そうした辛さなんてただの幻想に過ぎなかったというのに。

気付いてしまえば「ああ、なんだ」ととても簡単なことだった。
そのきっかけとなったのが、日野晃先生との出会い。
「過去は全肯定やぞ」「しゃあないやん」

確かにそうだ。
この時代、この場所に、この肉体を持って生まれ、この親に育てられて、この環境を生きてきた
これまでのことは既に仕方が無い。
それをもしも「こうだったら」とか「こうなれば」と考え続けるのは、無意味な人生の浪費に過ぎない。
先生には更に「よっぽど暇なんやな」とも言われた。図星過ぎて痛い。

人は自分の生まれを選んで来ることはできない。
宗教やスピリチュアルでは、「今生で修行するために最適な場所を選んで来る」なんて事を言ったりもするが、
それは真っ赤な嘘。
大富豪の家に美人で天才に生まれてくるのも、戦火の町の劣悪な環境に生まれてすぐに死ぬのも、
たまたまの偶然。
業やら徳やらのカルマもなければ、生きとし生けるもの誰も何も特別な者などない平等な星の屑。
そこを前提として、さて、「この環境、この身体でどう生きるか」だ。
選べないものは選べないが、選べるものはまだまだ沢山あり、生きるとは選び続けることだから。

私にとっては過去と和解できたのかどうかなど、もはやどうでもいいことになってしまった。
過去も環境もただの自分を形作る素材のひとつ。
使い古しの固まりかけた絵の具やゴワゴワの筆しかないからと、他人の高級画材を羨む必要はないわけで、
古びた色と癖のある筆を使ってどんな作品にするかが、その人の腕の見せ所。

だから私は子ども達にも、「こんなお母さんでゴメン」とは言わない。
もちろん自分の最善は尽くすが、完全なる家庭、完全なる母親など存在するはずもないからだ。
文句があるなら自分でやってみろ!だ。
いい年をして、自分も子どもがいるにも関わらず「親に謝ってもらいたい」なんて泣くACが
たまにいたりするけれど、それは心底気色悪い。
だから「一生やってれば」と冷たくつき離すのが、私なりのその人を尊重する愛情表現。
「私を」わかってもらう必要などないと思っている。

“和解”という優しい響きとは程遠い処にいるのかもしれないけれど、「それでいい」のだと全肯定。

コメント

非公開コメント

No title

>「過去は全肯定やぞ」「しゃあないやん」

過去は、動かしようのない事実ですからね。
人生は木の枝みたいなもので、親の枝や幹を否定したって、無理な話です。
でも、枝分かれを繰り返せば、そのうち日の当たる場所に出ることも…。

過去の解釈は、その時々で変わりますが、それも「しゃあないやん」ですよね。
その解釈の変化が、枝分かれの変化を生み出すわけですから。
むしろ、新しい解釈を見つけ出すことが、成長の証なのかもしれません。

そういう意味では、「文句があるなら自分でやってみろ!」は、
自分自身にも当てはまる台詞ですね。(^^)

他人に求めるなら

親にこうであって欲しかったと言う人の「こう」は、何を参考にした「こう」なのかも考えてみると、根拠のないものだったりします。
それも植え付けられた情報で、うまくいかないことをそこに理由付けしている限り、被害を受け続ける人生になるでしょうね。
心理学なんてのも、でっちあげなのに。


あと、自分ができることを人ができないからって責めるのも、何か違うでしょうね。
責任ある人に、その時やらなければならないことを求めるのは、文句ではなくて正当な権利なのでいいとして。

和解って

 ぽあんさんは、生ぬるいコトバが嫌いなのかなー(^^)。
「過去は全肯定やぞ」これがまさに私も思うところの和解なんですけど。で、私はまだもう一つ全部を受け入れられないでいる気がしてます。親に謝ってもらいたい、その気持ちを少し前まで強く感じていました。今、ようやくそれを手放せそうです。

 今とこれからを自分の手で作っていくしかない。
確かに、ACから抜け出す(この表現が適切かわからないけど)ためには、その人自身がそれを望むしかない・・・というか、ACであろうがなかろうが、変化はそれを望む人にしか必要ないことだろうし。それは子供に対しても同じで、干渉すべきではないのでしょうね。

 過去を肯定することが、自分を肯定することで、本当のポジティブシンキングかな。ただし、肯定っていうのは過去を捻じ曲げるのではなく、ありのままに見るというのは必要だと思います。

過干渉は自立を妨げる虐待

>ぽあんさんは、生ぬるいコトバが嫌いなのかなー(^^)。

たぶん嫌いです。
「癒し」とか、「許される」とか、「波動」とか、「愛のエネルギー」とか、「みんなひとつ」とか、「ありのままでいい」とかその他もろもろ、全部。
それ、どういう意味? とツッコミを入れたくなる。
よく「考えるな!感じるんだ!」と言う人がいますが、ほとんどが本物の上辺だけ真似た詐欺師と、その奴隷たちだったりするし。
(玉蔵さんは、そんなこんな全部知っててやってるお笑いの人なので可)

>親に謝ってもらいたい、その気持ちを

私は思ってたこと言いたいこと全部死にかけの親に言い尽くしたから結果良かったんでしょう。気が済んだ。
大人になったらもう、親がわかってくれようがくれまいが自分の人生には何の関係もないのに、縛られてる人は多いですね。
逆にくだらない人間の事を考えては腹を立てたり悲しんだりするのは自分がもったいない気がしますが、抜け出せない人はきっと趣味を楽しんでいるんだろうなーと今は思って思ってます。

>変化はそれを望む人にしか必要ないことだろうし
>干渉すべきではないのでしょうね。

ですね。他人に迷惑をかけない限り。

>過去を肯定することが、自分を肯定することで、本当のポジティブシンキングかな。

ポジティブシンキングって言葉も嫌い。(笑)

>ただし、肯定っていうのは過去を捻じ曲げるのではなく、ありのままに見るというのは必要だと思います。

それぞれがやりたいようにすればいいと思います。
自分が自分をどう見ていても、実際には他人(子どもも含む)にはありのままに見えてたりしますよ?
だれも本当のことを言葉で教えてはくれないだけで。

ふっきれてますね!

 自分探しはもういいってことで(笑)ありのままの自分なんて、探さなくても他人が見つけてるって。・・・本当に子供には教えられました。でも、自分の歪みに気付くことが出来るかどうか(認められるかどうか)は、その後を当然左右すると思うので、ぽあんさんが「大人になったら・・・・関係ない」という気持ちに至るまでには葛藤もあったのかなと思います。

 ポジティブシンキング<やっぱり嫌いですか(笑) よく使われる言葉なので当てはめてみたんですけど。私もこの言葉に違和感があります。でも、ゆるーくてぬるーい言葉、なんか心地よい時があって(^^;)。ずっと浸かっているとゲンナリしますが、たまの温泉ワードというか。あ、ぽあんさんの嫌いな”癒し系”ですね!

親を越えて

>よく使われる言葉なので当てはめてみたんですけど。

私も普通にPTAとかで人と話をするときにはそんな使い方します。
いわゆるウケ狙い。というか、それらしい言葉を使ってれば
「そうよねーっ。私たちって気持ちが通じるよねーっ。仲良しよねーっ」って雰囲気にはなるから。
大人の汚さも「ふり」をするには重要な要素ってことで。

私はブログにはガシガシ適当なことを書いていますが、自分に対して大甘ですからね。
楽々のぬるさにドップリですよ。
でも、臭い言葉には鳥肌が立つんだな。

>「大人になったら・・・・関係ない」という気持ちに至るまでには葛藤もあったのかなと思います。

いろいろジタバタしたような。でも、もうあまり覚えていません。
今、思い出そうとしてみたんですけど、親にこうして欲しかったというのはないですね。
してあげたかったことは、時々浮かぶんですが。

もうすぐ親が死んだ時の年齢を越します。
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。