特権階級

夫とドライブ中に車道を横切る歩行者を見かけた。
それで思い出したのか、夫が以前通りがかりに白い杖をついた目の不自由な人が道路を渡ろうとしているのを見て手を貸した時の事を話しだした。

横断歩道ではないところにいて危険なので信号のあるところまで案内しようとしたのだが、拒むのだそうだ。

「ここが近いんです」と言い張って。

どう説明しても頑として聞かない。

近いかもしれないが交通量は多いし、なんといっても目が不自由なので距離をはかったり間をぬったりはできないはずだが、どうもいつも通っている「道」らしい。

引っ張ってはいけないしそのまま放ってもおけなくて仕方なしにそこを渡らせてあげたのだけど、釈然としない思いが残ったようだ。

運転手が見れば白い杖で目が不自由なのはわかるから、車がよけて当然というのがその人の常識なのか。
車道を渡ってて事故にあったら弱者に配慮せずぶつかってきた車が悪い、手助けしてくれない周囲の人も悪いと主張するのだろう。

痛い目をみるのは自分なのに。

障害者は健常者よりも不便さが多いから、それを回避するためならルール違反はOK?
労わられ遠慮され守ってもらえるべき人?

そんな事をしばらく考えていたのだけど、ふとそれは別に障害者に限ったことではなかったなと思い当たった。
弱さを主張したがる人とはだいたいそんなものだ。

「過去が不幸、今が不遇、弱いから、周囲の人が無理解だから、こうなっても仕方がない」という言い訳を持つのが「自己憐憫」。

ニート、リストカット、アル中、ギャンブル狂、借金癖、いじめ、虐待、不倫、自殺だって何だって「理由」はあるんだよね。

自分を痛めつけているようで実は他人に甘えてる。それが依存。
「わかってくれ」との押付けは、逆恨みの攻撃みたいなもんなのに。

私もついそんな気持ちが出てきてしまうことがあるかもしれない。
そんな時は、白い杖で車道を渡ろうとしてるのではないか?と思い出して自戒としたい。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する