スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめと警察官

PTA会長ってのは、いろんな役がもれなく付いてくるもので、
何個の理事やら委員やら役員やらになっているのかもよくわからないぐらい色々ある。
毎日ではないにせよ、なんやかやでイベントがあったり会議があったりして、
やること山積みのおかげで要らん事を考える暇もないぐらい充実させてもらっている。
それはいいのだが、馬鹿のやらかす要らん事のせいで煩わせられるのは正直、勘弁してもらいたい。

何度も何度も、もう何年も繰り返してきた同じパターンで人を振り回す人がいる。
そのせいでどれだけの人が迷惑しているか。
大人はまだいいが、子ども達にあらぬ疑いをかけ不愉快な目にあわせるようなことは一番腹立たしい。
解決の道を探るべく、今現在、学校とPTAとで情報を共有し合い話し合いを重ねている状態だ。

昨夜は、地域の青少年育成市民会議が開かれた。
近隣の保育所から幼稚園、小学校、中学校、高等学校の校長か教頭、PTA会長、自治会長等が集い、
年間行事報告と現在の児童・生徒等の様子、これからの方向性などについて意見の交換をする。
昨日は丁度、他の会議とも重なることが多かったようで参加者が少なく、
中学校でも校長・教頭ともに欠席だったため、代わりに私に最近の学校の様子を尋ねられることとなった。

鬱陶しくややこしい人物のことはともかくとして、全体的には子ども達は良い傾向にはある。
なので、そういった報告をさせてもらった。
数年前までは少々荒れていたと聞くが、先生方、保護者、地域の方たちの地道な努力と見守りが実を結び、
年々雰囲気が明るくなり、スポーツ・文化活動も高い評価を受けるようになってきた。
朝は元気良く大きな声で挨拶をするということで周辺の人の評判もいい。
そして、2学期から自分の進路を決める自覚を持ち出した3年生を中心に学校全体が落ち着いてきたこと、
せわしなかった朝の読書タイムも静まり、ゆったりとした中で一日をスタートできるようになったこと、
文化祭や、これからの地域のイベントへ参加する予定、危険から子ども達を守るためのPTAの取り組み等など、
自分でもこんなに話すことがあったのかと驚くぐらいだったのだが、
それは、いつも校長先生が学校の様子をどんな小さな事でも逐次教えてくださっているからだろう。

報告し終えて、私はこれで私の役目は果たしたとばかりに安心しきっていた。
まさか最後の最後に大どんでん返しが待っていようとは思いもせずに。

他の学校のPTA会長さん、各自治会会長さん達も一通り話を終え、
全体のまとめという形で地元警察署の巡査長さんが口を開かれた。

その第一声に、私は目玉が飛び出した。

「先ほど、中学校が落ち着いていると話をされましたが、私はそのように聞いていません。
 『いじめ』があると報告が入っていますが、どうなんですか?
 学校側はその事実を表ざたにしないように、隠そう隠そうとするとか・・・

誰が、何を言ったのか、その瞬間に理解した。
こんなことをいう奴は、あいつしかいない!
カッと頭に血が上る。
「いえっ、そうではありません!」
大きな声で巡査長の話を遮ってしまった。

「学校は何も隠してはいません。
 問題は確かにないとは言えませんが、情報はすべてこちらにいただいておりますので、
 PTAで全部把握しております!」
全部というのはちと言いすぎ。(汗)そんなわけはないのだが、そこは勢い。
それくらい言わなきゃ気が済まない。何が『いじめ』だ。何が『隠そうとする』だ。

「あ、そうですか…。いや、そのように聞きましたので…ないなら、いいんです」タジタジとなる巡査長。
この場で、あるとかないとか言い争っても仕方がないので、
「では、この件は後でじっくりとお話させてもらいます!」と私の方から打ち切った。


会議終了後、巡査長と話をしようと近付いていくと、彼はこちらも見ずに帰ろうとする。
なので「先ほどの話なんですが」と引き止めて「どんな相談が寄せられているんですか?」と聞いてみる。
しかし、彼の言う事ははっきりしない。
「いじめは、ないんですね?」などと聞いてくる。
あるとか、ないとか私が判断すべきものではないだろうに。
いくら勢いでも、誰の何の話なのかも聞かずに無責任にないと言い切れるわけがない。
私は例の奴の話だと思っているけれど、もし違えば、情報提供者を嘘つき呼ばわりしてしまうことになる。
だから尋ねているのに、どうして巡査長は答えることが出来ない?
そこで私は言った。
「いじめがないとは言えません。が、私は深刻な『いじめ』があるのではなく、
 『いじめがあると思っている人がいる』という認識をしています
実際の所、これがこちらの把握していることのすべてだ。
「私がここでお話してもあれですから、別に時間を取っていただいて、直接学校に来られたらどうですか?
 校長先生はざっくばらんに何でもお話してくださる方ですから、詳しく聞いてみられた方がいいですよ」
そのように提案してみたが、
巡査長は「いや、いいんです。いじめはないんですね。ないならいいんです」と明らかに及び腰。
「ないとは言ってませんよ?」と私が言うと、めんどくさそうな困った顔で
「数人の人から『どうもいじめがあるらしい』という話を聞きましたので…」と言う。
「その数人は誰ですか?被害者の親御さんですか?他の保護者の方?どんな立場の?」
尚も突っ込むと、目を泳がせて「いじめがないならいいんです」と繰り返し、逃げるように立ち去ってしまった。

オイ、待てよ。そりゃないんじゃないの?

取り残されて、私は呆然とするばかり。
なんだ、あれは?
市民からの訴えがあるんだから、きちんと事実調査をすべきじゃないのか?
あれが警察の仕事のやり方かよ?はぁ~~~?
結局、何が何だかよくわからないまま。
中学校はその誰が何を言ったのか言わないのかわからないようなことで、
ケチを付けられて名誉を汚されただけ。
この怒りをどこにぶつけたらいいのだろう?

だれが何を言って回ってるかはだいたいわかっちゃいるんだけど。

それにしても、
「いじめがあると聞いたので確かめただけ。ないのなら別にいいです」と形だけ動いたことにするような警察に、
「学校はいじめの事実を隠す」なんて言われたくはないよな。

真実はどこに!って追求してくれてみちゃどうなんだ?
誰が本当は何を言ったのか、言わないのか。
誰がどんな動きをしているのか。
嘘、偽りのないところ、白黒はっきりさせて欲しいのはこっちなんだ。

だけど、学校だから、どの子の心も未来も守らなければならないからそれができずにいるってのに。
クソッ!!
馬鹿は自分の事だけ哀れんでいればいいから、
楽でいいよなぁ!

と、奴に直接言ってやりたい!

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。