スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死を売るワクチンビジネス

恐怖に煽られて新型インフルエンザワクチンや抗インフルエンザ薬が多用された翌年の今、
数年前の流行後、感染者数が減少傾向にあったノロウイルスが再び猛威を振るい始め、
大流行の兆しを見せている。

新聞やテレビでは、昨年は新型インフルエンザ予防のためのうがい・手洗い・マスク・消毒が
ノロウイルスを抑える効果をもたらしたと報道しているが、これは違う。
そもそも日常の中でうがい・手洗い・マスクを徹底したところで、ウイルスに効果などあるわけがない。
また、ノロウイルスにアルコール消毒が効かないのは常識。

ではなぜ、減少傾向にあったノロウイルス感染者が今年になって増加しているのか。
実は、このノロウイルスというのは、健康な人間が感染しても発症しないことも多々あるのだ。
もちろん感染源とはなるのだが、軽い下痢や風邪程度で治ってしまう。
しかし抵抗力の弱っている者は重症化し、病院にかかる。
ということは、患者数が多いのは抵抗力が落ちているため、と考えるのが自然ではないだろうか。

ノロウイルスで症状が出た人の、インフルエンザワクチン接種率はどれくらいかをぜひ知りたい。
そんなデータはもちろんないだろうが。

こんなサイトを見つけた。

米英の子宮頸癌ワクチン強制接種計画は
アフリカのエイズウイルス入り天然痘ワクチンと同様の生物兵器?


今、話題の子宮頸がんワクチン義務化についての多くの疑惑とからめて、
アフリカとブラジルで急速にエイズ感染が拡大した原因や“手口”など書かれている。


何が本当で何が嘘かもわからないが、
偉い人に任せていれば良いようにしてくれるだろうという安全神話は
もう信じてはいられない。

現在、ハイチでは半世紀以上なかったコレラ感染が広がっている。
地震後、下痢やはしかが流行しているとしてワクチン接種が強化されたのは無関係だろうか。
それとも市民らが抗議しているように、国連ハイチ安定化派遣団のせいか?
どちらにしても不気味だ。

コメント

非公開コメント

根拠はありませんが…

うちは毎年、インフル予防接種を子供二人に受けさせてました。残る一人は卵アレルギーがあるので、接種をせず。
昨年は新型に三人順番にかかったので、予防接種やめて。まんまと今年の春先、B型に二人と私がかかりました。
で、今年のワクチンは三人とも受け…接種後一週間くらい、何となく機嫌や体調が悪く。
卵アレルギーの子は、次の日に接種した腕がプックリ腫れて。痛がらず熱もなかったので受診せず、一週間後には腫れはひきました。
そんなわけで、抵抗力は多少なりとも落ちてるんじゃないかなって思っていたので、コメントしました。

今年のインフルワクチンは季節型と新型のミックスだそうですし、安全性に不安が出るニュースも発表され、来年は考慮中。

ワクチン接種しても、毎年かかる子がいて「インフル予防」ではなく「インフル重症化予防」という感じですし、陽性出たら登校園停止なのは同じですから…。

インフルエンザは恐ろしい病気?

Uさん、お返事おそくなりました。
ネット環境が調子悪くて開く気しなくて。

最近、ワクチンについての不安なニュースが出るようになりましたね。
前は全部隠されていたのに。
良い傾向か、それともまた何かの仕掛けがあるのか。まだわからないですけど。

なるべく不要なもの、よくわからない物は体に入れないようにしたいものです。

でも、社会人としては、皆が絶対に良い物だと信じている物を真っ向から否定するわけにもいかないから、難しいなって感じですけどね。

>ワクチン接種しても、毎年かかる子がいて

もしワクチンを接種しなかったら重症化するのでしょうか?
もしかしたら、かからないという可能性は?

去年、私の家族はかわるがわる高熱で2日ぐらい寝込みましたが、病院に行っていないのでインフルエンザにはかかってないことになってます。
ワクチンを打っていたり、タミフルで治療しようとしていたら重症化したかもしれないと私は思ってるんですよ。

否定できない私の弱さ

コメントのお返事ありがとうございます。

まったくもって図星?
実際、ワクチンをうたなかったらどうなるの?という不安ばかりが募り、医者にも半ば脅され?て接種させました…。
昨年のぽあんさんの記事もしっかり拝見してました!そう、インフルエンザだという所見がなければ、タミフルやリレンザでの怪行動もないのではないか、と私自身も思います。

脳症や重症で亡くなった方々の、本当の理由が知りたい!というのが、私をはじめワクチンを接種させる親の本心なのではないか、と。

ちなみに、この春のB型で3人中2人がタミフル効かず(私もです(汗))、続けてリレンザ処方されました。
インフルエンザウィルスが自然に減少する日数でもありましたが、医師は処方していないと何かあったときに困る。
医療従事者への責任云々も、おかしな考え方ではないのかな、とも。

私自身アレルギーがひどく、子供も気管支炎などの持病があり、いつも助けてもらっている医師で信頼しているだけに、断れないというのもあります。

今シーズンは様子見て、来年は自分の意思で決めます。
今年は言われるがまま流されました。親として子供にどうなってもらいたいのか、キチンと考えるべきですね。

必要と不要

>3人中2人がタミフル効かず(私もです(汗))、続けてリレンザ処方

たしか・・・、タミフルもリレンザも発症から48時間以内でないと
ウイルスの増殖を抑えることができないはずでは?
普通は、発症しはじめて様子を見て病院に連れて行く頃にはもう半日から1日は過ぎているわけで、
それからタミフルを服用して様子を見て、「効かない」と判断したのでは、遅いはず。

まあ、病は気からと言うので、
「よく効く薬を沢山使ったから治る!」と思い込んだら元気が出るのを狙っているのかもしれないですが。

それにしても、アレルギーは大変ですね。
薬を全部断つわけにもいかないですし、民間療法でも怪しげなのは沢山あるので、
何を信じたらいいのか悩む気持ちはよくわかります。
私も昔チビが「アトピー」だったので、あらゆることをしました。
でも、どんなに信頼できるお医者様でも結果の責任は取ってはくれませんから、
必要なものと不要なものの判断は自分でしないと、と思うんですよ。


ネット環境が改善しましたので、またブログ再開です。
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。