スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒れるインド女性としょぼくれる痴漢予備軍

以前、インドでも女性専用車両が導入されたことを記事にしたが、
ルールを守ることを知らない自分勝手なノータリンはどの国にもいるようで、
ついに違反者が一斉摘発という事態になり、その映像がニュースで全世界に流されるに至った。
女性専用車両に乗った男性に「ホームで腹筋」の罰、インド地下鉄
2010年11月29日 13:27 発信地:ニューデリー/インド
【11月29日 AFP】インドの首都ニューデリー(New Delhi)で前週、地下鉄の女性専用車両に乗っていた男性客に対し、怒った女性乗客らがホーム上で腹筋運動をさせる騒ぎがあった。インド各紙が報じた。
 ニューデリーの地下鉄では、混雑する車内での女性客や観光客への痴漢行為が絶えず、少なくとも1車両が女性専用車となっている。
 一方で、前年に地下鉄が郊外まで路線延長されて以来、混雑が悪化して多くの路線で乗車率が限界に達している。
27日のタイムズ・オブ・インディア(Times of India)によると前週、女性客からの相次ぐ苦情を受けた警察が、ニューデリー郊外のグルガオン(Gurgaon)駅で、女性専用車両に乗っている男性客の一斉摘発を実施した。すると、これに女性客らが加わったという。
 違反した男性客には250ルピー(約460円)の罰金が科せられたが、女性客らの怒りはおさまらず、男性客を平手で叩いたり、腹筋するよう命じたりしたという。
 警察は、「実に多くの男性が女性専用車に乗り込んでいた。女性客たちは、警察の存在に勇気付けられ、違反男性をこらしめる勇気を得たようだ」と話している。
 また、メール・トゥデー(Mail Today)も、グルドロナチャーリャ(Guru Dronacharya)駅でも25日夜、女性専用車に乗っていた男性客らが、公衆の面前で腹筋運動をさせられる憂き目に遭ったと報じている。(c)AFP


これまでさんざん嫌な目にあわされてきた女性たちの怒りを見よ。

銃を持った警察官が見守る中、日頃抑圧されてきたであろう女性たちに、
ここぞとばかりにバシバシと叩かれるうなだれた男たち。
言いなりに、ホームでスクワットまでさせられる始末。
いつも「俺は男だ。文句があるか!」と歴史的な男尊女卑の文化を根拠に
弱い女性たちより優位であることを誇っていても、
より強い権威には立ち向かう事すらできないチキン野郎だということが一目瞭然。
情けない姿が世界中に晒されていい気味だ。

女性の地位が極端に低いインドのような社会でも、こうして秩序は守られる。

だが、表向きは男女平等ということになっているどこかの国では、ルール違反する権利を主張し、
弱いもの虐めをしている情けない姿を自分たちで誇らしげに世界中に晒している団体がいたりするらしい。
これは諸外国からは相当に奇異な目で見られていることだろう。
嘆かわしいことだ。

コメント

非公開コメント

ブログ運営会社に通報しました

余りにも酷い内容なので、ブログ運営会社に警告し、ブログ全体を削除する様通告しました。
貴女のブログは、明らかにfc2サービス規約に違反しており公序良俗を乱すのも甚だしい。
こちらのブログを見て、男性排除を試み電車を停める馬鹿が発生した場合、fc2と貴女を偽計業務妨害の教唆及び電車遅延による損害賠償を請求する様、株主として鉄道会社に要求します。
これは最後通告です。
1週間以内にふざけた女性専用車両の記事を削除するかブログを停止することを求めます。
この要求を無視した場合、貴女に如何なる不利益が生じようとも関知しません。

警告について

本日、FC2より削除依頼の要請があった旨の連絡をいただき、すでに返事を返しております。

今後の動向につきましては、ブログで公開すべきことではありませんので、しかるべき機関を通じ個別に対応させていただきます。

以降、この話題について、コメント欄ではノーコメントとさせていただきます。

株主としての責任から警告します

貴女はノーコメントを通すつもりでしょうが、
こちらは男性のお客様の権利と定時運行を守る鉄道会社株主としての責任から以下指摘します。
1.日本国内においては女性専用車両と名が付いている只の一般車両(※)から男性客を追い出すのは強要罪という刑法上の罪に問われる。
※カレーライスをライスカレーと言い換えているのと一緒
2.また、男性が女性専用車両に乗車しているだけで騒ぎを起こしたり非常警報装置を作動させて電車の運行を妨げる女性は、偽計業務妨害罪という刑法上の罪に問われる。
3.こちらのブログ及びブログサービスを提供しているFC2は上記1及び2の罪を誘発する教唆の罪に問われる可能性がある。
(こちらのブログ管理人が女性専用車両に賛成だろうが男性が乗り込むのが気に入らなかろうが関係ない。法律でそうなっていることを指摘しているだけ)

万が一このブログの内容を信じて事に及んだ女性が現われた場合を考え警告しておきます。勿論、電車を遅らせた分の遅延損害賠償は頂きますよ。家でも土地でも売ってもらってでもね。

No title

昨日、FC2事務局を通して返信を受けました。
1.裁判所/国土交通省/鉄道会社の判断は、募金や献血と同等の男性による任意協力で成り立っているという解釈を認めながら、「女性専用車両へのの協力は、任意に基づく規則以前のマナーとしてのルールではありますが、だからといって他人に迷惑をかけてまで無視をするのはよろしくないという内容で展開しています。」との主張の整合性が取れているとは思えません。
大体、「女性専用車両へのの協力は、任意に基づく規則以前のマナーとしてのルール」と仰るが、献血や募金への協力がマナーとしてのルールとなったなんて初めて聞きました。
お断りしておきますが、日本が法治国家である以上、マナー/ルールよりも法律が優先されます。このことはブログ管理人の貴女だけでなくブログを読んで男性排除を試みる全ての方に注意しておきます。
2.「しかし例えば募金の主旨に納得がいかないとしても、普通、人は募金活動を妨害したり、多くの人の善意を台無しにする行為はしません。」とあるが、恣意的な解釈です。協力したい人はするし協力したくない人はしないだけの話。募金の例に例えれば、協力したくない/協力しないの財布から無理矢理募金箱にお金を入れさせるのが現在賛成派のやっていることです。

貴女からの返信を許諾しないまま一部掲載しましたが、反対派及び鉄道会社株主として公益を守るためこちらの反論と共に掲載しました。1
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。