スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しい洗脳とはじめてのおつかい

日本人で「はじめてのおつかい」を知らない人はいないだろう。

幼い子どものワクワクドキドキの大冒険にカメラが付いて回り、
道を間違えたり寄り道したり、迷ったり、他人とふれあったりの中で、
泣いたり笑ったりする姿を多くの人がお茶の間で微笑ましく見ている人気番組だ。

が、例によって捻くれ者の私はこの番組が大嫌いだったりする。

いかにもいかにもの作りがあざとくて、見る奴の気が知れんというか。

まあそれは人それぞれの好みだから、ストレスで乾ききった心のオアシスにしたいとか、
小さくか弱い者が困って泣く姿を見るのが「たまりませーん!」というS的欲望を満足させたいとか、
そんなのがあってもなくても別にとやかく言うつもりはない。
好きなものは好き。それでいい。

しかし、うっかり番宣で流れてきた歌を聞いて、驚いた。

なんだ、これ? 
ひどい洗脳ソングじゃないか!と。


私が聞いたのは、挿入歌の「しょげないでよBaby」という歌。

聞けば聞くほど「ん?」「んん?」「んんん・・・???」と首を捻ってしまう言葉が出てくる。

歌詞を掲載すると著作権法に引っかかりそうなので各自ググってもらうこととして、
ここではどういった危険なメッセージが盛り込まれていたかだけ紹介しておく。

「しょげないでよBaby」で始まるこの歌、
歌詞を調べる時に知ったのだが、いつもおつかい中の子どもが泣き出したときに流れるらしい。
いわば、番組内で視聴者の感情が一番揺さぶられるシーンということ。

歌詞で私がまずカチンと来たのは、「ママのわがままは心配するな」
子どもがわがままなのはわかるが、ここでは母親がわがままだと言っているのだ。
子どもに対して自分勝手に振舞う手のつけられない大人がいるということがまず前提。
このように、のっけから親と子の立場を逆転させる仕掛けとなっている。

そして次に「パパより知ってる ママのやさしい瞳」と来る。
父親と母親は夫婦であり、いわば運命共同体。
それをガキが「自分の方が知っている」とは思いあがりも甚だしい!

その上、言うに事欠いて母親を「僕の大切な友達」と呼ばせるのだから、
いったい親を何だと心得ているのだろうか!

他にもまだまだある。

「パパも僕も いい子でいるから」 一家の大黒柱がガキと同列か!

「大きくなったらママをお嫁にきっともらってあげる 父親と母親が夫婦だと理解させろよ!

「なんだかママはおかしい 早くパパ 帰って来て 僕一人じゃ手におえない」
大人が子どもに世話焼かせてどうする!

「僕もステキな大人になってあげる この恩着せがましい言い方。しかも上から目線。いったい誰が教えたんだ!

そんな具合に、とにかく親を子どもと同等かそれ以下の存在に貶めようとする意図がプンプン匂う。

「崖の上のポニョ」(参考:ポニョ、母としての見方)同様、
親子関係を崩壊させるメッセージをふんだんに散りばめていながら、
それを微笑ましい良いことと受け入れさせるように巧妙に仕組んでいるのがこうしたテレビ番組。

だから、誰も気持ち悪いとか、危険であるとか気付かないうちに思想を統制されてしまうのだ。

子どもたちにこの話をしたところ、思ったとおり、
「お母さんは過敏すぎる。そんな意味なんかあるわけがない。深く考えるようなことじゃないよ」との
答えが返ってきた。
もちろんわかると期待していたわけではない。

とりあえず、一冊の本を渡してみるところからはじめる。
私がその昔読んで衝撃を受け、以来、物を見る目が変わった本だ。

「23分間の奇跡」

罠は隠された目的を持って、どこにでも巧妙に仕組まれている。
とても優しく、正しく、心地よく、親しみやすい笑顔で近づいて、
流れに逆らわず従順であることがいかに楽で得であるかを説き、疑いを捨てさせる。
眠らせたままこき使い、その生き血を搾り取るために。

その証拠が目の前に見えていたとしても誰も気付かない。

親が子をきちんと教育して十分に精神を成熟させた大人にしてもらっては困る奴らがこの社会を牛耳る限り、
優しい洗脳はこれからも続いていくのだろう。

コメント

非公開コメント

同様です。

今年もよろしくお願いします。

私、この番組の撮影現場に遭遇したことがあります。
その異様な光景と言ったら!
カメラを仕込んだ荷物を持った大勢の大人たちが、普段人気の少ない通りで幼い子を取り囲み、移動していく。
当時まだ歩きもしなかった長女に、こんなことさせたくないなぁ、って思っちゃいました。
何て言うのかな、おつかいって、出来るようになってからでいいと思ってましたし、明らかに普段と違う様子に子供も気付くから、子供も余計に不安にならないのかしら…など、普段の生活を越えた「違和感」は、おつかいじゃないよなぁって。

挿入歌の歌詞まで聞くほど興味もなく、ぽあんさんの描写で初めて知りましたが、私も似たような思いで読ませていただきました。

子供のかわいらしさでこの番組が大好きな母は、いつも涙して見ていますが、我が子(孫)には鬼ババアなので嫌われてる始末を見てると、何とも妙な感覚です。

ポニョも同感です。

ひねくれているのかな?でも私はこれでいいんだけど。

ちなみに我が子、長女はしっかりおつかいできる子に成長しています。持たせたお金が足りなければ買わずに帰ってくるし。
同じ年頃で、おつかいの時、財布を三回もなくした私よりはずっとマシだと思います。

心底親バカでお恥ずかしいですがf^_^;

今年もよろしく

Uさん

撮影現場の情報、ありがとうございます。
この不自然さが「作り物」だと子どもが気付けるぐらいならまだいいですが、
「無謀なおつかい」の成功に下手に自信を持っちゃったりしたら、先々危なくないのかな、
なんて事も考えたりします。
まあ、テレビの撮影隊にとってはその時だけ面白い絵が撮れればいいので、
後の事なんか知ったことではないのでしょうが。
私なら、幼い子から片時も目を離す事はできないですけどね。
考えも付かないことをしでかすのは、可愛いというより、恐怖ですよ。常に命の危機的な。

>子供のかわいらしさでこの番組が大好きな母は、いつも涙して見ていますが、
>我が子(孫)には鬼ババアなので嫌われてる始末を見てると、何とも妙な感覚です。

それは、「渡鬼」が好きな人と共通の現象かもしれませんね。
(「渡る世間の大鬼のこと」参照 http://poanne.blog81.fc2.com/blog-entry-979.html

>ちなみに我が子、長女はしっかりおつかいできる子に成長しています。
>持たせたお金が足りなければ買わずに帰ってくるし。

偉いですね。いい育ち方してる。
子育ては、実際に役に立つ仕事をさせて、使い物になる人間を育てるのが目的であって、
愛玩動物として見て楽しむためではないですからね。

まあ、これも、わからない人にはわからないことでしょう。

No title

この歌は子供の気持ちを歌った曲なんだから
育ちとかそういう視点で聴いてるのがそもそも間違ってると思うよ。

子供の気持ちになって考えられる人が
この曲のメッセージを受け取ることができるわけだから
曲のメッセージを素直に理解できない人って
かわいそうな教育を受けてきたんだね笑

もう二度と来ないよwwwばいばい

No title

この曲は、ママがおせんべいを食べながら感動的なテレビ(ドラマや映画だと思う)を見て泣いているのを、横で子供が見て、
「どうしてママ泣いてるの?僕がなぐさめてあげるから機嫌を直して。僕が大人になったらお嫁さんにもらってあげるから!」
と言っている、感動的な曲です。
大人の常識だけで間違った解釈をインターネットで撒き散らさないで下さい。
(いつまでも子供の気分を持ち続けたいオヤジより)

聞いた人次第

私が何を感じてどう書こうと、元の歌の価値を左右するものではありません。
聞いた人がそれぞれでいいんじゃないですか。
感動したなら、それを自分なりに表現すれば。
私は気持ち悪かったと、それだけのことです。
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。