スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修羅家の彼女

その次男から聞いた彼女の家庭の話。

母親が気が強いというのは聞いていたが、実際はそれどころではなく、
日常が修羅場と化しているよう。

例えば、母親が好きな韓流スターのドラマの役を少し笑っただけで、
夕食抜きで、食器が飛び、罵倒の嵐。
「あんたが嫌いな俳優を好きなお母さんの作った食事なんか食べたくないでしょ」
ということで翌日の朝食も弁当も当然作ってはもらえない。
仕方ないので自分で作っていると隣で、
「死ねばいいのに。何で生きてるの」的なことをずっとグチグチ言い続ける。
もうこうなると父親もお手上げだそうで、何もできない。
学校に送ることさえ「お母さんが怒るから」と断られ、
祖母に車で迎えにきてもらうことになったとか。
車の中で悲しくて涙が止まらない彼女と
「あんな子に育ててゴメンね」と泣く、どうやら母方のお祖母ちゃん。
彼女は早朝の学校でひとり、皆が登校してくるのを待ってたらしい。

どんなことでも母親のブチ切れるきっかけになる。
帰りが遅い、電話をかけすぎる、成績が下がった、手伝いをしない、口答えする、
それで持ち物を壊したり、携帯電話をへし折ったり、大声で罵り上げる。

聞くだけで胃が痛くなりそうなほど辛い話だ。

母親がこうなったのには、本当に祖母の子育てが影響しているらしく、
幼少期に何か不遇なことがあり、そのせいで、
いけないことをしても叱るということが一切できなかったからだったとか。

「それじゃ、実はお祖母ちゃんが毒親ってこと?」と思ったら、ビンゴ。
祖母もまた悲惨な暮らしぶりだったという話。

連鎖か・・・
どうにか彼女の代で断ち切れるといいのだが。

「だからか彼女、子どもは嫌いなんだってさ」と言う息子。

「それは大丈夫。お母さんだって子どもは嫌いだけど子育てできてるもんね」と私は笑う。

希望はあるさ。
とりあえず彼女はいい子だもん。

だけど、彼女の父親は最大のクソ。母よりも祖母よりも。

コメント

非公開コメント

No title

何となく、かつてのうちの両親の姿がダブって見えるような…。(^^;)
そこの両親も、いずれは丸く収まってくれると良いのですが…。

そういう負の連鎖を断ち切るのは、やっぱり外部からの新しい刺激ですよね。
だからこそ、結婚という制度があり、有性生殖という仕組みがあるわけで。
そういう意味で、配偶者というのは責任重大ですよね。

割れ鍋に

負の連鎖といえば、もしかしたら次男もどこか私の負を受け継いでいるかも。
なぜか、「ヤンデレ」好きだから。
今の彼女はそんなことはないのだけれど、メンヘラっぽい美少女に
無茶なわがままを言われたいという願望があるみたいで、
ちょっと心配です。
真夜中に「すぐ来てくれないと死んじゃう」とか言われたいんだと。
まあ、実際にそんなことがあったらたぶんドン引きするとは思うけれど。

男も女も精神的に大人になってからじゃないと、子どもは作るべきではないと、私は思います。


そうそう、彼女の母親がブチ切れた理由ですけどね、
韓流ドラマで、お気に入りの俳優がヒロインにふられたあてつけに海に飛び込んで助けられ、
泣いて駆け寄ってきたヒロインに息も絶え絶えに「僕と結婚して」と言ったシーンで、
彼女が「キモチワル~」と笑ったからだったそうです。

でも、本当に気持ち悪いですよね。それは純愛じゃない。
韓流ドラマ好きは要注意かも。

マイナススパイラル

彼女は一人っ子なんですか?
お父様、娘を守るより奥様のご機嫌損なわない事のほうが大切なんですね…。

昨日の家庭訪問で、長女のことで少し気になる事を担任から聞きました。
長女に悪気はなく肩などをポンと叩いたつもりが、相手には痛みとして伝わっているケースが何度かあり、解決はするがこのままだと長女は悪気のないままになってしまうので、おうちでも注意してみてくださいと言われました。
じつは思い当たる節があって。
幼少期、舅(長女から見たら祖父です)によく頭をポン!と可愛がりのつもりなんでしょうけどされて、その度に長女「何で叩くのっ!」と言い返したら最後、締め出しか閉じ込められました。
今は旦那もあたしも「ポン!」はしていないつもりではいますが、もしかしたら名残でしてしまっているのかも…ということを反省して自分の行動に気をつけようねと話し。
長女には当時の事を覚えているかと聞いてみました。
そしたら、先日旦那の帰省でも相変わらずされたそうですが、彼女も小4、バカじゃないので言い返すこともしないそうです。
でもイヤだったと。帰省のたびに毎回嫌な思いをしていると。
それを踏まえたうえで、担任からの話をしました。すると、最初はちょっとキレ気味でしたが、しちゃっている、頭ではないけど身体のどの部位でも相手が痛いと思ったら、自分がされたことと同じだって言っていました。
じゃあ「ポン」ではなく、まずは口で相手を呼ぶこと、それで気付いてもらえなかったら、指で優しくツン、ならどうだろう、と、いろいろ試して行くことに。

負の連鎖はどうしても起こってしまうのかもしれません。
でも、いつまでも続くこともないのではないか。ただ、そこにはやはりK-Hyodoさんのおっしゃるとおり、外部からの刺激、ちょっとした手助け?ということは必要なのかな、と思います。

彼女、断ち切れる事を切に願ってます。

他人は砥石

ら~♪さん

人は良くも悪くも育つ環境に染まるものだから、
意識の上に「イヤだ」と上がってきているものを押さえている内に、
無意識の癖として身に付いてしまうことがあるのかもしれません。
他人との衝突は、その癖を矯正する良い機会なので、歓迎すべきことですね。
痛いけど。
娘さん、早いうちに気付いて直せるのは良かったですね。
年を重ねるほど大変だから。

連鎖するのは暴力だけでなく、人との関わり方全部がそうだと思います。
わざと相手を貶めて楽しむような親だった場合、
本人はそれが親しみの表現のつもりだったりするから、怒ったり泣いたりしても、
そんな反応をする方がおかしいように言われるので性質が悪い。
やがて諦めと慣れで何も感じなくなったつもりでも、怒りは心底に残る。
だから、同じ事を他人にしてしまった時に拒絶されると、猛烈な相手への憎しみになっちゃいます。
加害しながら、被害者意識が疼くみたいな。

徹底的に困って、自分がどうにかしなくてはと思わないと、変われないんですよね。
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。