スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗脳大国ニッポン

文科省の「放射能を正しく理解するために」については私も以前に書いたが
現場の精神科医の先生も問題視されている。

文科省が発表している文書「放射能を正しく理解するために」の内容の誤りを精神科医が指摘
こちらのブログに書かれた記事を読み、やはり裏の目的を持ったマニュアルだとの確信を強くした。
精神科医の方も、ブログ主も、
人を知る人、人の心を持つ人の、冷静で真っ当な考え方をされている。


子どもを死の危機に瀕する人体実験に使って何とも思わないどころか、
その責任すら本人に押し付けようとするのが、この国の政府のやり方だということがよくわかる。

いったい誰を守ろうとしているのか、ということだ。

国民の命と子どもたちの未来か?

それとも、一企業の営利か?
原発推進をしてきた政治家の対面か?


それは、人々の将来にわたる健康と自由に生きる権利を犠牲にしてまでも、
また、他国からの日本という国への信用すら打ち捨ててまでも、
守るべき価値のあるものなのだろうか。

人々が権威ある所からの情報を疑うことなく従って、
不安に駆られたパニックさえおこさなければ守られるものとは、
政治と経済に広く深く根を張って来た原発利権の仕組みだ。

しかし、多くの人が気付かずにいる。
奴隷の生活に慣れすぎているからだ。

「これまで通りの生活」と「魂」とを引き換えにさせようとするのが、この取り引き。
それを持ちかけている奴らが、悪魔でなくて何だと言うのだろう。


震災後の3月25日深夜からの「朝まで生テレビ」は、原発について討論された。
放送前の会議では、そもそもこのテーマについて番組内で触れるかどうかでもめたらしいが、
出演していた人たちの話の酷さには、本当にハラワタが煮えくり返る思いすらする。

「事態は良くなっていく」「放射能が実際より怖いと思われているのが問題」
「チェルノブイリでは小児甲状腺がん急増以外では目立ったものがなかった」
「津波の死者に比べて報道のされ方のバランスがおかしい」
「自然界に放射能がもともとあって、それがちょっと増えるだけ」
「リスクは0にならない。経済的に無理」

現状で得られる情報から推測される規模と、
そこから今後予想される汚染範囲、程度、健康被害などの影響から目をそらし、
事故そのものの矮小化を謀ろうとするだけでなく、
放射能被害の危険性の認識すら変えようとする意図がありありと見て取れる発言ばかり。

「原子炉は壊れてない。壊れていたらチェルノブイリになってた」とも言っているが、
現実には、津波の来る前に地震で既に壊れており、翌朝にはメルトダウンも起きていた。
今ならきっと、
「メルトダウンは危険じゃない。チェルノブイリは実はたいした事じゃなかった」とでも言うのだろう。

出演している原発推進派の面々は、この番組で500万円握らされて喋っているのだから。
→youtube[福島原発事故 歴史に残る朝生]
→マスコミが原発事故報道で腑抜けになるワケ

事故が起きる前にこういったことが表に出て欲しかった。
しかし、取り返しの付かないことが発生した今では、
これ以上の被害が広がらないこと、そして、二度と起きないためにも、
また闇に隠されることの無いように願いたい。




それにしても、こんな事すら見抜けない伊勢白山道も罪なものだ。
権威に弱く奴隷根性が染み付いてるから、原発推進派の御用学者の説を頭から信じて疑いもしない。
そして文科省と同じ事を言っている。

ここは、ぜひとも原発作業員に志願して福島で免疫力を高めてきてもらいたいところ。
海草食べてニコニコして感謝の思いを持ってたら大丈夫だということを、
その身をもって証明してこその、神に選ばれし教祖様ではないか。

彼は、最近では空気清浄機や蒸留水をすすめたりなんかもしているが(笑)、
それこそが、不安や恐怖を「外」の何かでどうにか解消しようとしている
浅はかなエゴの悪足掻きだという自己矛盾には気が付きもしない。

いったいこれで「内在神(=神は身の内にあり)」と言えるのか?

妄信している信者たちも、もともとが「いのちごい人形」なんかを
疑いもせずに書いていたワールドメイト信者だったりするから気が付かないのだろうが、
また性懲りもなく同じ罠に落ちて、「あんたも好きねぇ」だ。
人生掛けた、ドリフ大爆笑100連発か?

きっと深見センセも、彼の後ろの正面も、いい受け皿ができたとお喜びのことでしょうよ。
大金を巻き上げても怨みもせずに「ありがとう ありがとう」と感謝されてね。

身に覚えのある人は、これも読んでね。
 ネットカルトは出会い系と同じ匂い
 アホの子のための霊能相談室
 敵の敵は・・・

コメント

非公開コメント

メルトダウン

やはりね、でもその事実はとっくにわかっていたんでしょう?
…と今となっては、あきれるのも冷たい目で見るのも通り越し、
ただただ、現地で作業されている方や、不条理な避難生活をさせられる『原発事故被害者』の健康や身の安定を願うばかりです。
この事故に対するさまざまなことが頭を巡っては憤ったり冷静になってみたり調べたりして、あたしのログにUPするまでもなくぽあんさんがUPされていたので、こちらで拝見できてありがたいと思ってます。

原爆を兵器として使われた日本がやるべきことは、『広島平和都市記念碑(原爆死没者慰霊碑)』に書かれているそのままではないかと思います。

頑張ろう日本は、何を目指すのか。

地震・津波大国ゆえの今回の災害と事故で、あたし達一庶民には、何を後世に残すことができるんだろう。

とまあ、いろいろ問いかけていますが、
ひとまず、自己健康管理です(汗)今はいけません、ホントに。
まずは何より、自分の心身が基本です。

嘘をついたことを認めない人たち

メルトダウンの事実が公式発表になった途端、
テレビに出てた学者や識者たちが、「最初からわかってた」とか
言い出しました。
だったら、メルトダウンしてて、放射性物質が充満してる建屋が
派手な水素爆発で吹き飛んで、放射能が広範囲にばら撒かれた事実を知ってて、
「大丈夫、安全です」と言ってたって事ですよね。

で、今は、「放射能は実はそんなに危険じゃないから大丈夫です」、
「燃料はもう中に残ってないから安全です」になってる。

原発はどうなったら危険な状態ってことになるんでしょう?
チェルノブイリが大げさだったって喧伝も盛んになってます。
絶対に自分だけは死なないって思ってるんだろうな。

まだ中には取り出すことが不能なほどに溶けた燃料が
容器に放射線をバリバリ当て続けて疲労を早めてる。
そして地下にはこってりと汚染された水が10万トンたまってる。
梅雨時期にどうやってあふれないようにできるのか。
まだこれからの方がずっとヤバイのに。

日本一美しい村だった飯館村が失われてしまった事は、とても残念でなりません。
誰も死んでなくったって。

まさにそこですね

東電が(この際国もですね)メルトダウンを否定?していた間は、安全神話は生き続けていたという茶番。
あたしと父は、メルトダウンは起きていても言わないだろうなと、意見は一致し、ただ父はもう何もしたく無いらしいので、とにかく自分の住む横浜や、多くの親戚が住む福島県本宮市の放射線量や危険性について調べ上げ、特に親戚にはよく知らせていました。
しかし親戚こそ、心労。
病は気から、ではありません。けど、微妙な距離に住む親戚達の生気を奪っていることも事実です。
家から出られない、出たくなくなる現実。
考えただけでもゾッとするのに、報道はどうして真実を伝えてくれないのでしょう。

まともな放送局は無いのかと思えてなりません、それで被災者が納得するはずが無い。
地域局は地域局にまかせっきり?
そんなのおかしいと思います。
だからこそ、福島県知事の動きは、遅いけど、国よりは早いと評価されるんですよね。

チェルノブイリだって、今でも人が住めなくて、石棺の中にはご遺体があることすら、日本国民は知らないのでは?
そしてチェルノブイリのように、訳も分からず放射線を浴び亡くなった方が今のところいないから、福島第一原発は大丈夫と言えるのか?
何かがおかしいです。

今まで「頑張ろう日本」に胡散臭さは感じなかったけど、今はちょっと警戒しています。
自分や子供の身を守るのは自分しかいないのだって事。

そして、ご近所のありがたさに感謝する毎日です。いいタイミングでいいところへ引っ越したかなって思います。

あたしの親戚が住む本宮市(旧安達郡白沢村)は、飯舘村と違い「日本で2番目に住みづらい場所」になったことがあります。
でも、まだまだ健在のばあちゃんが作る野菜、親戚と作る米…どれもいとおしいく、おいしいと思います。

セシウム含有の可能性のあるタケノコを母からいただきました。
あたししか食べられないでしょう?とは思いますが、ばあちゃんが毎年やってきたタケノコ掘りでとったもの。
どうせあたしは家系的にガン家系だし(父方)、子供にはNGにしてあたしだけ食べてます。でもばあちゃんにばれたら、すぐに捨てろと言われると思います。だからお礼も言ってません。
我が子、タケノコ嫌いだし(爆)でも大スキなラーメンのしなちく(ほぼ中国産、中国製)と、どちらが危ないんでしょう?

今後、メガフロートにためた水も、さてどうするのか。
無人探査機、入った機材…
すべてが放射性物質で汚染されているというのに。
ちなみに旦那は、メガフロートの構造自体が放射線をシャットアウトできる構造かは不明だと、構造、流量計算等からはじき出して言ってます。
もともとあれがあった場所で、あたしと旦那は学びつつ出会い過ごしたので…何かの縁かね?とブラックに笑ってますが、お互い内心はマジだと思います。

これらのハテナを、一個ずつでも明確にできればいいのですが。

はじめまして

とても面白いブログですね!
また、訪問させていただきます。
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。