ゆとりの効果はどこにある?

小学校の懇談で担任から、親世代から今に至るまでの教育指導方針の変化や、
これから特に必要とされる「生きる力」を身に付けさせる学習の取り組みに付いての話を聞いた。

「生きる力」とは、生活に役立つ実用的な知識であったり、物の考え方、情報のチョイスや整理、
他者へ正確に伝える技術といったものに比重を置いて訓練させるということだとの説明。
これまで漠然と情操教育の方面でだけ捉えていた認識を改めることができ、大いに参考になった。

「ゆとり」で薄くなった教科書が、一気に分厚くなったため、
教師も子どももやる事が増えて大変だー、というイメージでいたが、そうではなかった。
答えを教えるのではなく、子どもたち自身に考えさせる授業を、
スパイラル的に段階に応じてくり返し学習させることにより、しっかりと基礎学力が定着する。

このように目的と方法を説明してもらえれば、わからないことによる親の不安は軽減する。
先生への信頼感も湧く。
今年の担任は、どうやらやり手のようだ。

担任の語ってくれた中に、過去の「ゆとり教育」が始まった頃の話があった。
私たち親世代が小学校、中学校時代は「詰め込み教育」がなされていた。
家では教育ママゴンが火を噴いて、熾烈な受験戦争に駆り立てており、
ついて行けない子は落ちこぼれとして問題児化。
不良グループを作り、喧嘩に明け暮れたり、学校中の窓ガラスを割ったり、シンナー吸ったり、
盗んだバイクで走り出したりと冗談ではなくハチャメチャだったことは、私も記憶している。
もちろん校内暴力や虐めも今の比ではない。

これではいけないということで、心の教育の必要性から「ゆとり教育」が始まった。
すると今度は、学力が落ちているとマスコミが騒ぎ出した。
教科書がペラペラだとか、円周率を3で教えるとか(大嘘)、
国際的にも学力の低下が顕著だとかと、不安を煽る報道を流し問題視されたため、
文科省はさらに方向転換に迫られての今日に至ったという話。
それもだいたい私が把握していた通り。

参考資料として、OECD(経済協力開発機構)が行っている学習到達度調査(PISA)の
国別順位比較の表が配られた。
それで見ると2000年度調査では日本は、
数学リテラシー1位、読解力8位、科学的リテラシー2位 だったものが、
2009年度調査では、
数学リテラシー9位、読解力8位、科学的リテラシー5位 となっている。
この年は、いずれも上海がトップだ。

担任は、こんな表がありますと見せてくれただけで特に何も説明はされなかったが、
国別のはずなのに「上海」や「香港」が上位にあるという時点でイカサマではないか。
都市部の生活水準が高い子どもが通う学校では教育水準も高いのは当たり前。
学校に通うことすら出来ない子どもがどれだけいようが決して数字には出てこない。
全体に平等に高い水準の教育が施されている国が世界的にどれだけあるだろう。
都市部と比べるなら、日本も都市部で成績を出すべきだし、
人口自体が少ない国の場合もまた条件が変わってくるはずだ。
そうした物は一切無視で、しかも、参加国が2000年には32カ国だったものが、
2009年には65カ国に倍増しているということも考慮に入れずに、
単に順位だけの変化をもって「極端に学力が低下している」根拠にされてきていたのだった。

ゆとり過ぎでの問題は確かにあるだろう。
しかし海外と比較して上だ下だと騒ぐ事に、何の意味があるというのか。
くだらないプライドが喜んだり悔しがったりする以外に。

心の成長が置き去りにされて社会が荒れる事を改善しようとして始まったはずの
「ゆとり教育」だったのだから、その目的を果たせたのかどうかの検証が先のはず。

マスコミは好き放題に叩いてきたが、そこに深く踏み込んだという話はついぞ聞かない。
それでいて、世間が騒ぐということに危機感を感じて文科省が方向転換をする。
何がやりたいのか、どうあって欲しいのかブレまくり。
指針を作っている世代は「ゆとり教育」を受けてないはずだが、
この「ゆとり」過ぎはどうしたことか。


国も政治も信用できない。
確かな物など何もない。
権威ある偉い人ほど嘘をつく。
明るい未来は夢だった。

今、そんなことがどんどん明らかになってきている。
悲観的な現状ではあるが、だからこそむしろ日本人にとって良いのかもしれない。
否が応でも「生きる力」が必要だからだ。

疑いながら、確かめながら、命がけで知識を手に入れていく経験を
これからは大人も子どももしなければならない。
それを知る為に、「ゆとり」という時代はあったのだろう。


参考:OECD生徒の学習到達度調査(PISA)

↓科学的にも論理的にも世界最先端のアメリカの成績の悪さに首を傾げた人は、ポチッとな。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングに登録しています。



コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する