スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挨拶以前に

“挨拶は人間関係の基本”

私がそう考えているのは、たぶん、何かで読んだかしたからだろう。

「おはよう」「こんにちは」
「ありがとう」「いただきます」「ごめんなさい」等々・・・

これらもまた、誕生日の祝いと同じく、
私には厳しく教えられたなんて記憶もなくて普通にごく自然にやってたこと。
親もたぶん、「躾している!」「教育してやってる!」なんて
考えたこともなかったと思う。

人付き合いの超苦手な私でもなんとかやっていけているぐらいだから、
挨拶さえできれば、とりあえず最低限の社会生活はできる。
そう信じていたのだが、
最近、それ以上に大切な物があったということに気付かされる事があった。


中学校では毎年、2年生全員が授業の一環として、
地域の店や企業に職場体験でお邪魔させてもらっている。
スーパーやコンビニ、食堂、GS、美容室、工場、食品加工場、レジャー施設等で、
生徒たちは約1週間、さまざまな体験をさせてもらい、「働く」という事を学ぶ。

もちろん未熟な中学生だから戦力になどなるわけもなく、
逆に教える時間や手間を取っていただくばかりで、
地元の方々の理解と協力があってなんとか成り立っている学習。
受け入れて下さっている企業様には感謝、感謝である。

そんなある職場の方に、先日、今回体験に来た生徒についての感想を
聞かせてもらう機会があり、その意外さに驚いた。

「まず、挨拶が出来ない」と言われた事に関しては、
恥ずかしいことではあるが、そういった子も中にはいるだろうとは予想はしていた。

しかし、詳しく状況を聞くとそれは異様な状況だった。

私は、モジモジしながら蚊の鳴くような声で挨拶したかしないかわからないような
そういう子どもの姿を思い浮かべていたのだが、まったくそうではなく、
黙ってスーッと入ってくるのだそうだ。そして、終わるとスーッと帰っていく。
「挨拶は?」と言うと、「あ・・・・おはようござい・・・・」とボソボソ。
けれど、次の日にはまた黙ったまま。

仕事では、「これをしてください」と言われたことについては、
きっちりと真面目にこなすのだそうだ。

しかし、使う方からすると、挨拶がない事よりも困ることがある。

それは、返事をしない、ということだ。

「~~~が~~になったら~~を~~してくださいね」
仕事の手順を説明しても、黙っている。
「わかった?」
と聞いても、沈黙。
「わからないならもう一回説明するね」
とくり返しても黙って聞いてる。
そして、「できる?」と聞くと、「・・・・・」。

これが本当に困ったのだそうだ。

「はい」か「いいえ」か何とか返事をしてくれと、何度言って聞かせたことか。
しかし、その時は「はい」と応えても、
同じ場面ではまた沈黙。
そのうち、こちらも何も言いたくなくなって返事を待つことをやめたと言われていた。

その子は最後の日まで真面目に仕事はしたけれど、
「お世話になりました」の一言もなく、
黙ってスーッと帰って行った
のだそうだ。
これでは人間関係は築けない。

あまりの事に、開いた口が塞がらないというか、
精神的に病んでるんじゃないかと心配になるぐらいだ。

他にも何人かの人に聞いたが、ここまで極端な例はないにしろ、
わかったかわからないか、何をどうしたいのかの意思表示がはっきりしないのが
気になったとは聞く。
これは今の子ども達に共通する物なのだろうか?

家に帰って、今、中3の娘に「挨拶や返事ができない子が多いんだろうか?」と愚痴ってみると、
あっさりと「うん、そうよ」と返ってきてまたビックリ。
「だから前から私が苦労してるって言ってるのに」と娘。
クラブの後輩たちと話が通じないとは聞いていたが、どうやら同じ要因らしい。

先輩に会っても挨拶をしない。黙って部室に入ってきて、勝手なことして黙って帰る。
「挨拶をする!」「することがわからなければ指示を仰ぐ!」「『ハイ』は?」
こまごまと指導をすると、
「あの先輩、コワ~イ」と部活に出てこなくなる。
「話し合いで決めることがあるので必ず出てくるように」と少ない休憩時間に、
各クラスを回って伝達しても、黙って部活をサボる。
なので「用事がある時以外は、ちゃんと部活には出るように。サボる人はやめてもらうよ」
と言うと、「もう、やめます!」と切れる。
そのくせ、廊下で数人がたむろって「やめろと言われた~~」「えー、ひどいー」とメソメソ。
いったい、何をどうしたいんだ?

「そんな人が多いんだよ!」と娘は怒っていた。

それが今の中学生以下の全般の傾向なのかどうかはまだ私にはわからないが、
昔に比べると、増えているようには思える。

挨拶はもちろん大切だが、それ以前をも今は学校で教えなければならない時代なのだろうか。


人と人とのコミュニケーションは、働きかけと呼応で成り立つ。

泣けば世話をしてもらえる赤ちゃん時代から、
親の呼びかけには反応し、笑顔には笑顔で返してきたはずなのに、
返事をしなくなるのはどうしてだろう?

小さな縁が大切に出来ないのはなぜなのだろう?

これは、教育の問題だろうか?

いろいろな事を考えさせられる出来事だった。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。