スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神風吹け

徹底調査 放射線汚染食「食べてはいけない」
マグロ、カツオ、麦、イモ、大豆・・・
政府の言う 「暫定基準値」など、なんの指標にもならない

【「暫定基準値」超え食品リスト】


どうも、安心して食べられる物はこの国にはなくなったようだ。

買い物にいくたびに悩む。

「信州産のシメジはダメだよな~」
「リンゴは青森産だけど、民間の土壌調査を拒否してると聞くしな~」
「ニンジンは…ニラは…玉ねぎは…千葉?茨城?栃木?新潟?宮城?ビミョ~~」
「牛乳は表記の産地以外のもの混ぜてない?」
「パンにもバターが使ってあるんだよね。国産小麦が怖いような」
「北海道産のサンマは無事?
 7月半ばまでに海に2.71京ベクレルのセシウム137が流れてても」
「遠洋の魚でも、太平洋は全部汚染されてるよな~」

とりあえず、米はあるとして、あとはオージービーフ、ブラジル鶏、
長崎のアジ、瀬戸内のイワシ、野菜は西日本が産地のものをえらんで・・・と。
買えるものは少なくなったなぁ・・・。

気をつけていても、知らず知らずに口にしているんだろうなぁ。

今もしんしんと放射性物質は降り注いできているんだろうなぁ。

稼働中の10基の原発ではまだ放射性廃棄物が溜まっていってるんだろうなぁ。

まだ知られていないホットスポットがあちこちにあるんだろうなぁ。

病気が増えても「ストレスの為」とか言われるんだろうなぁ。

実際、ノイローゼになる人も多くなるだろうなぁ。

はぁぁ・・・・、もうどうにでもなればいいって気にもなってくるよなぁ。

どうせ未来がないのなら、今、面白おかしく暮らして笑って死んだらいいのかも。


なーんてな。
それが奴らの狙いなんだろうけれど、そうはうまくはいかないよ。

環太平洋地震帯にある日本にジャカスカ原発を建てさせた国に向かって
現在、放射性物質はドンドン流れて行っている。
CEREAによる環太平洋地域におけるセシウム137の汚染シミュレーションマップでは、アメリカの汚染が西日本より深刻であることを示している

原爆や劣化ウラン弾の時みたいに被曝者をモルモット扱いしていられなくなって
初めて気が付くのだろうか?それともまだ繰り返すのか。

世界が変わらないと、皆、共倒れだってこと。

コメント

非公開コメント

お久しぶりです

 過去の核実験関連の被爆程度で済むんじゃないですか?まあ大した被害なく(実際には詳しく調べたら判明することはあるかもしれませんが)過ぎていくのでは・・・。

 武田教授が脅かしすぎなのか、中村教授がペテン師なのかは20年後くらいにならないと判別できないけど、20年後では遅いと考える人を「被害妄想だ」的な批判をする人達が、私には理解できません。・・・しかも福島、東北を応援する人の善意の中にそういうヒステリックさが時々見受けられるのも残念です。

 今、わからない。わからないものはわからない、そう言うしかない。その中でどちらの可能性を選択するのは各人の自由であるはずなのに。
 心配しすぎだったね、とは笑えても、まさかこうなるとは・・と笑えるはずもなく。

 金美鈴氏が、放射能を怖がって色々行動を変える母親に対して批判的ですが、今回は母親を責める前に提言して欲しいことがたくさんあるのに、と思っています。金氏の趣旨は、平時なら肯けるのですが。

Re: お久しぶりです

そうですね。
これまで通りで大した被害は出ないかもしれないですね。あっても出ない。

武田教授は・・・・彼の良心に従って発言されているのでしょうが、
その騒ぎ方によってパニックになった人が逆に健康被害を受けてしまったという事も実はあると聞きました。
わからない人が、わからないなりにいち早く行動を起こした結果。可哀想すぎます。

たぶん、20年も待たなくても結果はわかると思いますよ。
現在、チェルノブイリの倍の早さで影響が出ているようです。
鼻血、リンパ節の異常、甲状腺の腫れ・・・・・
チェルノブイリでは事故後1年後から子どもの白血病が急増していますから、
私は、この春ごろから何らかの目に見える形になってくると予想しています。認められはしないでしょうが。

「食べて応援しよう」と原発30キロ県内で釣った魚など食べながら野宿していた阿部洋人さんという方も、
急性リンパ白血病で亡くなったそうです。
偶然かもしれないですが、そうでないかもしれない。
また、とある企業では従業員500人中、5人が急性白血病になったそうです。
こちらは伝聞ですので真偽は定かではありませんが、他の会社でもそれに近い話題を聞きました。

騒がず、慌てず、速やかに避難して欲しいなと思うばかりです。

男は見栄や体面、主義主張などにこだわるプライドの高い(頭でっかちの)生き物ですが、
女はより本能(動物的直感)に忠実です。
真の危機の時に正しい判断ができるのは、命を守る母親だと思います。

○○だよなあ、の気持ち

スーパー行っては、同じように「○○だよなあ、こっちはどこの産地で、あっちは…」
同じように過ごしています。

神風は吹いているんですね。
この資料を見て、何と言ったら良いのでしょうか、とにかく己に戻ってくるのかな、というような不思議な感じになりました。

先の記事の放射線の種類。
当たり前の事を忘れていて、お恥ずかしい限りです。
地球が生まれてからのことに由来する「自然界の放射線」、
人間が核分裂を起こして作った「人工放射線」、
線量を一緒くたにされてカウントされてしまうのは、腹が立つを通り越したぽあんさんのお気持ち、何となくですがお察しします。

だからこそ、しっかり放射線の由来物質を調べている一般市民の方々はえらいなって思うんです。
原因・事実を知り、生きて行く上での選択をする。
ホント、男性は気にしませんけど、普段は何でもざっくばらんなあたしですが、母であるが故でしょうか、
食品の産地
雨が降った日の放射線量
気にしない日は、3/11以降、一度もありません。

チェルノブイリ後、新潟・福島で私たちより若い世代(当時、幼児~小学生くらい)の方々が、血液の病気で亡くなった率が高いらしい、というウワサが、福島ではずっと騒がれていたそうです。

新潟ではあまりお聞きしませんでしたが…
福島のあたしの親戚筋のほとんどは、白血病・血友病など血液の病気になる事に対してとても敏感で
(ガンは家系だと信じて疑いませんが、それもじつはどうなんでしょう?という疑いだってあたしの本音としては、あります)、
どなたか統計を取ってはいないものかと、時間のあるときに調べているのですが、わかりません。

でも、あたしが今37才、
ウワサによる、なくなられた方々は、30歳を迎えていないという事実。

因果関係、調べる価値はあるんじゃないかと思うんですが、自分でしようとなると、なかなか出来ません。
行動に移すパワーが欲しいです。
今は3人の子供を何とかできる限り安全に過ごさせてあげたいというので精一杯で、それも言い訳じみてて、結局放射線のこと考えてると、イヤな気持ちになってしまうんです…。
かといって、今までどおりに生きて行くことなんてできませんし。
しばらくは、子供の無事を祈りつつ、モヤモヤしながら生きて行く覚悟です。

逃げ場はないから

>とにかく己に戻ってくるのかな、というような不思議な感じになりました。

海に流出した放射能は濃縮されて30年後に日本に戻って来る試算だそうです。
世界中に薄まってやがて消えると考えるのはたぶん、甘いでしょうね。

>しっかり放射線の由来物質を調べている一般市民の方々はえらいなって思うんです。

疑いのある物は何でも調べるのは、怖がりたいからではなく、安心したいからなのですが、
上からの情報だけで安全だと思いこみたい人たちは何故か逆に、「汚染されてて欲しいんだろう。病人が出て欲しいんだろう」などという穿った見方をされるようです。
そんな事を言ったら、PTAで毎年危険箇所点検して市に改善要望書を出すのだって、
「そんなにここで事故が起こってほしいの?」って事になりますよね。
まあ、だいたい実際に事故が起きて「やっぱり・・・」と言われながら、安全策が講じられるものですが。
人が死ななきゃ変わらない。

>チェルノブイリ後、新潟・福島で私たちより若い世代(当時、幼児~小学生くらい)の方々が、血液の病気で亡くなった率が高いらしい、というウワサが、福島ではずっと騒がれていたそうです。

「白血病患者急増 医学界で高まる不安」という噂も出てますね。
http://8218.teacup.com/terramkc05/bbs/895
これは、ガセである可能性が高いですが。
まだ、肝心のデータはどこにもないといった状況です。

私たちはモヤモヤしながら生きていくしかないのでしょう。


今現在の汚染も心配ですが、行方不明の核燃料塊が地下水脈に接した時に水蒸気爆発を起こすかもしれないのが、一番恐ろしいです。
明日、燃料塊がどこにあるのかの見解が発表されるそうですが、それが事実かどうかは誰にも確かめようがないという無意味なものですね。

事実に耐えられるか

 もちろん、意外と被害は少なかった・・・と言える10年後を祈っていますが(放射能に関して)。

 昔、日本国憲法前文は大変な美文と教えられてきた私世代。この国は未だに、武器を持つ=戦争が起きる、という考え方が多く、悪いことを口にするとそれは起きてしまう(言霊)を信じている人が多い気がします。そして、かつて反原発を声高に叫ぶ人の中には、あえて危険だということを強調したいばかりに、安全性については完全否定であったりもして、それは安全神話と全く真逆のベクトルの、でも本質的には同じものだったのではないでしょうか。沖縄で、反基地運動のためにあえて学校などの移転に反対するような、何が本当の目的なのかと問われるような行動をする人々もいて。

 正しい情報がきちんと出されることを願っていますが、どのような情報を出されても受け止める側に理解力と忍耐力がなければパニックになったり、違う被害を受けてしまうのでしょう。私達、国民、市民の方ももう少し賢くならないといけない気がします。
 震災以後、みな高学歴の(そして高収入の)マスコミの作る報道が、感情的だったり扇情的だったり偏向していたり・・・とにかく冷静に両論併記を心がけてほしいものです。

Re: 事実に耐えられるか

>  もちろん、意外と被害は少なかった・・・と言える10年後を祈っていますが(放射能に関して)

そうあることを願います。
しかし困るのは、「あれだけの事故でも被害はそんなにないのだから安全なのだ」とされて、
また原子力依存に戻ってしまうことです。
とことん酷い事にならないと、「危険なのでやめよう」とはならないのなら、
どうしたって最悪の事態にはいつか見舞われてしまいます。
その時「間違いだった」と反省しても遅い。
もしかしたら今がそうかもしれないのだけれど、もし先があるなら、変えたいものです。

>悪いことを口にするとそれは起きてしまう(言霊)を信じている人が多い気がします。

それはありますね。私も基本、そうですよ。
理屈じゃなくて、日本人のDNAに刻み込まれているからしょうがない。
でも、事実は事実ですからね。

>何が本当の目的なのかと問われるような行動をする人々もいて。

感情が先走るとそうなりますね。
「間違っていたということを思い知れ~!」と(なぜか敵ではなく身内を)呪ってしまう。

>  正しい情報がきちんと出されることを願っていますが、どのような情報を出されても受け止める側に理解力と忍耐力がなければパニックになったり、違う被害を受けてしまうのでしょう。

スウェーデンを見習いたいものです。
隠したり嘘を付いたりされれば、不安はドンドン大きくなりますよね。

>震災以後、みな高学歴の(そして高収入の)マスコミの作る報道が、感情的だったり扇情的だったり偏向していたり・・・とにかく冷静に両論併記を心がけてほしいものです。

冷静に事実を積み上げれば積み上げるほど、怒りがこみ上げてきてしまうのはどうしましょ。

でも、誰が悪いとかやるよりも、今はどうするかに全力でかからないといけませんね。
空気・土壌・食の安全の確保と、避難した人たちの生活基盤の安定、今後の危険の回避。
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。