スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体罰反対派の方の意見に対して

私の書いた
「それでも私は「体罰」を肯定する!」から記事を引用して
批判されているブログがあったのでご紹介。

美と健康のブログ  「実は・・・」 本当のところ
体罰肯定論に、整合性はあるか


私はこの方の意見に対して間違っているとか甘いとか言うつもりはない。
というか、普通はこれが正常な感覚だと思う。

本質的な事を言えば、「暴力」で「教育」が出来るわけがない。
人為的な痛みを伴う懲罰での強制が可能とするのは「調教」だけ。
というようなことを、
「スパンキングで躾の愚」でも書いたつもりだ。

ではなぜ私がそれでも「体罰」を肯定するのか。

それは、今の「体罰」の範疇とされるものがあまりにも広く、
これが全面的に禁止にされている事によっての弊害は大きいと感じるためだ。

昔は当たり前に課せられていた教師によるほぼ全ての懲罰・制裁が今は禁止されている。
ゲンコツ、出席簿で叩く、黒板消しで叩く、チョークを投げて当てる等だけでなく、
一人だけ立たせる、正座させる、前に立たせる、廊下に出す、グランドを走らせるも「体罰」。
それどころか、授業中に立ち歩く子を力ずくで座らせてもいけないし、
出て行こうとする子の腕や肩に触れてもアウト。
もちろん襟首をつかむなど、もってのほか。
そして「怒鳴る」ことすら立派に体罰とされているとか。

だから教師は、迷惑行為をする子に根気強く「説得」をしないといけないわけだが、
何もできないと大人を舐めている子どもが聞くわけもない。

問題のある子に対しては、
その子の目線に降りて気持ちを汲み取ってやるのが良いとされているため、
大抵はまず「なぜ、こんなことをしたんだ?」と聞いてやったりしている。
しかしそんな事をすれば、彼らは
ふて腐れて黙り込んで「ウザイ、あっち行け、キモイ」(拒絶)
哀れっぽい目で「~~が~~だから嫌だったのに、先生が気付いてくれなかった」(責任転嫁)
ニヤニヤ笑いながら「イテテ、尻が痛くて座ってられない」(嘲弄)
と返してくるだけだ。

ここで気持ちを汲み取ってやるのなら、ウザくてキモイ先生はそれ以上追求せず、
嫌な事があったのを気付いてやれなかったことを謝罪し、
無理な事は無理だと理解してやらなければならない事になるわけで、
それでは当然改善されることはなく、無法状態は続いてしまう。
そして根気強く言葉による説得をする間に、
その他の子どもの学習する権利は侵害されるが、それは放置となる。

問題ある子もない子も学習面での遅れにより学力低下をして等しく困るのが、
体罰より良い事だとは私には思えない。

教師が生徒に対して絶対的な権威を持って毅然とした態度を取るためには、
現在のように何もかもを「体罰」として禁じるのではなく、
他者の権利を害する迷惑行為への適正な処罰方法としての体罰も含む懲罰と、
単なる教師の欲求不満の解消を目的とする加害行為とを分けて、
前者を認めることが必要なのではないだろうか。

しかし、そう言うと、
「どこからどこまでが体罰で、どこからが暴力なのか
 線引きがきないので無理だ」という声が上がったりするが、それはあまりに頭の悪い言い分だ。
ひどい虐待親が「躾のために殴った」と言い訳をするのをよく聞くが、
だからといってこれまで誰か「躾禁止」と声を上げたことがあるのだろうか?
中には「絶対に子どもに手を上げない!」と決めて、
叩かなくてもきちんと躾の出来ている人もいるから、それはそれで評価される事だが、
危険な事、他に害を及ぼす事は生きていく上で絶対に戒めなければならない事であり、
まだ未熟でその判断がつかない子には、必ず何らかの罰が必要だ。
(大きな声で「ダメ!」と驚かせたり、怖い顔をして脅したり、
 散らかしたものを片付けるまでご飯を食べさせなかったり、
 外出先で走り回る子を捕まえて無理やり座らせた事はあるはず。
 子どもを傷つけてしまうからとそんな事も一切せずに
 ありのままを尊重したとすれば、逆に優しい虐待親だろう)
命と健康を守るため。そして正当な権利を奪ったり奪われたりしないため。
法律やあらゆる規則は、その為に存在している。

一律に体罰を禁止して、それで教育環境がより良くなるのならいいが、
決してそうなってはいない事実が歴然としてあり、
いまだ解決方法も示されていないのはどういうことなのだろうか?
「学級崩壊」「虐め」「不登校」は増え続け、学力・体力は低下し続け、
毎年やっていい事と悪いことの見境も付かない新成人が、みっともない姿をさらす。
それは、誰も本気で叱ってくれる人がいなかったことを表しているに他ならない。

頑張ってもテストの成績が良くならないとか、部活で記録が伸びないからとか、
そんな事は生きていく上でどうでもいいことであり、
また、殴って良くなるわけもないのは誰が考えても明らかなはず。
だから、今回ニュースになった事件が正しい体罰であったとは私は言っていない。

そして、そんな暴行と、
子どもが真っ当な社会人として自立できる事を目指した罰や強制が
同じにしか見えない人に対しては、何か強烈なフィルターがかかっているんじゃないかと、
そんな風に思っている。


----------------------------------
それと、私の身バレをご心配も頂いているようですが
教育委員会の人も、私がPTA会長をしている学校の校長先生も、
他、近しい何校かのPTA会長さんも、ここの愛読者ですので、
何の問題もない事をつけ加えておきます。(いろんな物の考え方があるので賛否は別として)
公務員である学校の教師がこういった事を書くのはマズいでしょうけれどね。
ただの一般人の一意見ですから。

コメント

非公開コメント

はじめまして。たまたま通りすがったのでコメさせて頂きます。あなたがそんなにご自身の思想・信条が正しいと信じてらっしゃるのでしたら、身元を明らかにした上でブログをなさってはいかがですか?

要らん世話

通りすがりの通行人に言われる筋合いはありません。

他人の家にズカズカ入って「表札出しとけ」と言うのも、
言われてその通りにするのも
通行人さんの常識なのかもしれませんが、
あいにく私にとってそれは非常識なことなのでね。

いやいや、常識云々の問題じゃないですよ。ましてやあなたが例えた「他人の家」とは全くトンチンカンですね。そもそもネット上のブログは不特定多数の人間が目にすることを前提にしてあり、「よその家に無断で入ること」と「ネット上で通ったブログにコメントすること」は別問題でしょ。当然、前者は「住居不法侵入」の犯罪ですが、後者は「言論の自由」により誰しもが認められた権利です。私が言いたかったのは、あなたの発言に対する責任感の問題です。例えば、「このブログに書いてある内容を街中で話すことが可能か?」と問いたいんですが。源平合戦にも見られるように、古来から日本には「名乗り」の文化がありますからね。

馬の骨が偉そうに

だからそれが要らん世話だっての。

ここでは私は名乗ってないけれど、
「このブログに書いてある内容を街中で話すことが可能か?」については、
YESだが、それが何か?
やってるよ。

それにしても、通りすがりにしては絡んでくるね。

「要らん世話」かどうかはあなたの主観的見解なので、こちらには無関係です。もし読者からのコメントが要らないなら、コメ欄をなくせば済むだけの話ですからね。では本題の「このブログに書いてある内容を街中で話すことが可能か?」の問いについては、あなたは「YES」との回答なので、ぜひ現実世界と同様にこのブログ内でも身元を明らかにして頂きたいですね(笑) さっきの回答通りの現実社会でも話してる内容なら、ネットの匿名性なんか不必要なはずでしょ? 正直、こんな内容を現実世界でも吐いてるバカPTA会長がいるとは信じにくいけどね。それともさっきの回答は嘘で、実は現実社会ではこんな発言してないとか!?(笑) あなたの今後の応対を楽しみにしてますよ。

No title

ご無沙汰しております。
体罰…なんか、私たちが教育を受けていた頃よりも面倒なことに…。
宿題を忘れたら顔洗う、授業中にふざけたらバケツ持って廊下に立たせる、冬の寒い時期の体育で集合時に足踏みしてシャキッと立っていられない児童の足元を小突く…これは全て体罰???私は、厳しかったその先生が大好きでした。
そして体罰に対する視線がきつくなり学校でも問題視されるようになったら、これらのことをすぐにやめていました。(問題視していたのはほとんどが男子の母親で、ようするに先生に「やられていた」子達、です。)
その姿勢が、やはり教師なんだと思います。自分で自分をコントロールできること。
今でも、その態度だけは思い出します。そして、態度を示せない先生方を見て、問題児と見られている我が息子を見て思います。「間違っているのはどっちなんだ?」と。
そして私は「やられていた」子の親のようにはなりたくない、と思うこのごろです。息子を、すぐへこたれる人間にはしたくないので。

ここは主観のブログですよ

通行人さんの考えていることこそ、私には無関係でしょ。

身元を明らかにせよとか、
コメント欄をなくせとか、
リアルでここに書いてある通りを話せとか、

何の関係もない赤の他人の指図をなぜ私が聞かなければならないの?

それに、
>それともさっきの回答は嘘で、実は現実社会ではこんな発言してないとか!?

なーんて言ってるけど、そもそも匿名のブログに何を求めてるんだか。
ここはNHKのニュースでもないし、
お金を取って購入してもらってる情報でもないよ。
話半分で見たい人が見ればいいんじゃないの?
疑っていいし、反感持っていいし、何か言いたかったら言ってもいい。
そのコメントも読んだ人が判断すりゃいいことだから、解放して、実害ない限り削除はしてないわけでね。

気が済むまで吼えてればいいよ。
ここで私を馬鹿だの何だの罵っても、体罰と虐待を混同している人は減らないし、
まともに育てられてなくて社会不適応になったり、自死する子どもも後を絶たないだろうけどね。

ら~♪さんへ

手や腕を掴むことまで体罰として禁止にしたから、
授業中に立ち歩いた子を座らそうとした教師が生徒に
「体罰だ~、腕が痛いよ~、教育委員会に言ってやる~」とやったりするわけなんですが、
しかし禁止になったのにも理由があったりもするんですよね。
ロリ好きな教師がお気に入りの子にベタベタ触るとか。

どこの世界でも同じですが、問題を起こす一部のせいで、
全体が迷惑を被るようになります。
体罰教師だけを処分して解決という事には絶対にならない。
ですが、多くの人は安心して叩ける悪い奴ってのが大好物で、
寄ってたかってつるし上げします。
これもいつものパターンだなぁーと見ています。

本当の意味で子どもを守り育てるのは親の役目ですから、お互い頑張りましょうね。
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。