スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスといじめ

農家をやっている知人は、鶏も飼育している。
そこで鶏小屋の管理を任せていた人がデタラメなことをしていたため、
雄と雌の割合を適正に保つことができてなくて、
気がついた時には、小屋の中に多くの雄がひしめきあうという状況になってしまっていた。
雄の鶏は気性が荒く、ストレスがかかると半端ない攻撃性を見せる。
その中で犠牲になるのが弱い仲間。
寄ってたかって突きまわされて数羽が血塗れに。
目を潰された奴もいれば、中には頭を集中的に狙われて頭蓋骨まで穴があき、
脳みそをブルブルさせたまま逃げ回っていた個体もいたそうだ。
担当者が変わったため、近々すべて殺処分になるのだが、
それまではとりあえず、傷ついた鶏はそれぞれ隔離し守ってやっているという。
「ヒヨコの頃は皆ピヨピヨと、寒い時は身を寄せ合って押し競まんじゅうして可愛いのに、
 なんでこんなに凶暴になるかなぁ?」
と言っていたが、それはそういう本能を持っているのだろうから仕方ない。

なにしろ、自然ではなく人為的に作られた群れだ。
管理を間違えば悲劇は起こる。

この鶏の行動を言葉にした時、
多分、誰しもが「鶏同士のいじめ」という言い方をするだろう。

狭い所に押し込められたストレスのはけ口としての、いじめ行為。と。


しかし、これをもし人間に置き換えたなら、
目玉をえぐったり、頭蓋骨かち割らったりを「いじめ」とはとても呼べないだろう。

逆に、鶏のこうした行為を「暴行」「傷害」「殺人(鶏?)未遂」とも言わないが。

そう考えると、
「いじめ」という言葉は、今、あまりにもあやふやに使われていやしまいかと思う。
そろそろ、明確な定義が必要ではないだろうか。

「体罰」と「虐待」の定義と共に。


それにしても、学校の箱、家庭の箱、会社の箱、社会の箱のストレスから
弱い者にターゲットを定めて虐げる事例の多さにはうんざりする。
いい大人まで。
ニワトリ頭のなんと多いことよ。

コメント

非公開コメント

No title

そういえば、「お互いに傷つけ合うのは人間だけだ」なんてことを、
まことしやかに言ってる人がいましたよね。昔。

この鶏の場合、いじめというより、生存競争ですよね。
過密になれば、間引く方向に力が働くのは当然かと…。

競技に勝敗はつきものなのに、「勝って当然」となれば、
負けられない恐怖に追い立てられて潰れていくのも当然。
熱心な馬鹿に付き合わされて、生徒も可哀想に…。

安心を求めて、井戸の中に飛び込む「井の中の蛙」が、
多過ぎるんでしょうね。きっと。
いつでも飛び出せる、底の浅い井戸なのにね。

失敗の恐怖を暴力で発散

K-Hyodoさん、
恐怖に追い立てられる育児ノイローゼにも通じるような。
絶対に失敗は許されないから、思い通りになってくれない相手は邪魔者で敵。
そんな狂った世界観に影響されない強さを持てるといいのだけれど。
幼い者、弱い者を守れるのが強者のはずですよね。本当は。

こんなのありますが

子供は体罰を受ける権利がある!

体罰の会 緊急集会

講師:南出喜久治 体罰の会副会長 
   戸塚宏 戸塚ヨットスクール校長

日時:平成25年2月5日(火)午後6時30分から8時30分
場所:新大阪丸ビル新館609号室
   大阪市東淀川区東中島1-18-27
参加費:1,000円


体罰、虐待、暴力
同じものとして扱われている感じがします。

行って話を聞いてきます

Re: こんなのありますが

私は戸塚校長の教育理念や脳幹論は支持していましたが、
体罰の会は支持しません。
会の人たちがよくわからないからです。
同じ言葉を使っていても、言っている内容が違うように感じます。

体罰を肯定するためには、虐待死させる親たちこそが敵だと表明すべき。

虐めはなくならないし、それに負けない強い心を育てるのは必要ですが、
フラストレーションのはけ口で弱いもの虐めをする奴は、最低の人間のクズってのは確かですから。
本当に強い人は、大切な人を守るものですよね。

お話し聞いてきて、また教えてください。

体罰の会 緊急集会

体罰の会 緊急集会へ行ってきました。

日経、朝日新聞
NHK、TBS、フジテレビ等のマスコミがたくさん来ていてびっくり。

ニコニコ生中継では3万7千人もの人が見ていたようです。


桜宮高校のバスケ部顧問
彼の先輩だとおっしゃる教師も来られていて

自殺についてマスコミの報道の仕方はどうなんだ?
美化し過ぎていて、そのことが他の自殺者を増やしているのではないか?報道のあり方をよく考えてくれ。
みたいな事をマスコミの人たちに訴えていた。
個人的にゆっくり話をきいてみたい。。。


体罰の会の南出弁護士の話で印象に残っているのが

体罰は集団(群れ・グループ)の秩序維持のためにある。

国に刑罰があり、秩序が守られているのと同じ。

成果主義のためではない。

ってところ。



教師が体罰をできるようにしたいけど、とても慎重にしないと危険だし、難しいとも言っていた。


体罰は集団のため・・・・・か

日本っぽい気がした。



本能の話も出ましたよ。
最近は本能が弱い、欠落している人が多いと。

強い人っていうのは本能が強い人なのでしょうかね?
本当に強い人は、優しいですね。

Re: 体罰の会 緊急集会

ありがとうございます。
本当に一枚岩なのかな?
私は親による虐待死を避けるために、
児童相談所の権限をもっと強化すべきと昔から思っていますから、この成り行きには関心を向けています。
躾と虐待の違いをよほどの馬鹿でもわかるくらいに明らかに定義して欲しい。
でないと、親や教師という立場は絶対に正しいから何やってもいいことになる。
そうではないことは、戸塚校長が言われてきたはずですが。
「体罰は誰にでも出来ることじゃない」と。
その通り。クズには教育は出来ません。
だからといって、体罰出来てるからクズじゃない証拠にもならないはずなんですがね。
どうも取り違えてる人がいそうな感じがするんですよね。
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。