それとこれとの関係

友人と話をしてて、ひっかかりを覚えた一言。

「私の子供は学校に行けなくなったせいで進学できる高校もせばめられて、ある意味一生を変えられてしまったのに、イジメをした人たちは何のお咎めもなくのうのうと普通に学校に行っているのが許せない」

この一瞬、グワッと強烈な感情が噴出してきたのを感じた。

イジメがわかったのは、どうやら子供が喋ったのではなく、同級生の保護者からの情報らしい。
学校側は把握してなかったと言っているのだが、相手はいわゆる問題児で他の子にも同様に虐めているので、わからなかったはずはないと見ている。

近々教師と話し合いの場を持つらしいのだが、神経質なぐらいそれを子供に知られないように配慮するのが、私にはどうもよくわからない。
調査能力も指導能力もないとして信じてもいない教師から何を聞こうとするのか、何を伝えようとするのか、何を期待するのかもわからない。

イジメた子を処罰したって、失った時間は戻らない。
それに、本当にイジメがあったのかどうか、そのイジメだけが不登校の原因だったのかどうかがどう証明できるのか。
もし本人が語ったとしても真実とは限らないものを、本人不在でつきとめようとするのはなぜなのか。

と、私はいろいろ疑問に思うのだが、当事者は悩み傷ついた子供の心を守る当然の行為だとしているので(表向きね)、それは理解できないだろう。

私は問われた事のイエスノーを答える以外は責めや押し付けになるのでしないのだが、どうも悩んでも仕方ない部分での悩みが多いように思うのだった。


それは、このところのイジメ自殺にしてもそうだ。

マスコミでよく使われる「イジメに殺された」という言葉には、「はぁ?」と、いつも思う。

暴力や暴言、いやがらせ、仲間はずれなどはもちろん悪い。
やってはいけないこと。あってはならないこと。やめさせるべきことだ。
が、
「イジメに殺される」とは、肉体的暴行を受けての致死のみが該当する。

怪我で、悪口で、意地悪で、無視で人は死なない。
たとえ「死ね」「殺すぞ」と言われてもショックで心臓が止まったりはしない。

「死ね」と言われて従う人が殺すのだ。
存在を消し去りたいと一番望んだ人が直接手を下し殺す。

だからイジメっ子にはイジメた罪はあっても、人を殺した罪はない。

それが混同されて、「イジメ=死の可能性」を常識にしてしまっている昨今の風潮はどうも奇妙に感じる。


イジメられて自殺は当然ではない。
それと同じく、イジメられて不登校も当然ではない。
イジメっ子が学校への道をふさいでいるわけではなく、自分が行かないだけなのだから。

選択をしたのは当人であるということをふまえれば、他者に何の責任を問えるものかは明らかであろう。


と、こんな本音は、見たくないものを抱えている人には言えないのだった。
それこそイジメちゃ、可哀想。
未消化の課題は自分で解くしかないからね。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する