普通になろうとした人

昨日の「世界仰天ニュース」はアスペルガー症候群についてだった。
ネットでは気軽に「お前アスペだろ」「あの人きっとアスペよ」なんて使われる言葉だけれど、
これはれっきとした脳の障害であって、性格が変わっているとか悪いとかという話ではない。
なのでそういう言葉を聞いたり目にしたりするたびに、不愉快になってはいた私だが、
昨日のテレビを見て、おおいに反省するところがあった。

以前関わりのあった知人が、少し変わった人だった。
場の空気の読めなさには時々いらつくことはあったが、そういう個性として私は見ていた。
ある時、彼女が自分の子育てについて語ったことがあった。
「私は子供のために努力をして自分を変えた」ということを。

昔から変人扱いされることの多かった彼女だったが、
小学校に上がった子供から泣いて抗議されたときには堪えたと言う。
「どうしてお母さんはそんな風なの?どうして他のお母さんのように普通じゃないの?
 もう嫌だ。そんなお母さんなんか嫌いだ」と。

それから彼女は周囲のお母さん方を見て、
どんなときにどんな反応をし、どう行動するのかを徹底的に研究し真似をし続けたのだそうだ。

「私は娘のために自分を変えた」と誇らしげに言う彼女を私は理解できずに、
「他所の母親と比較をして、ありのままのお母さんを否定する子供のいいなりに何でなったの?
 そこは親なら子供を叱るところじゃないの?
 自分を殺して他人の真似をするのが良い事とは思えない」
なんて言ってしまった。

別に議論したわけでもなく、その場はそれで終わったのだけれど、
やっぱり彼女は変わってるなと私は感じただけだった。
しかし、それとまんま同じことが、昨日のテレビの再現ドラマにあったので驚いたのだ。

ああ、子供が泣いて嫌がるほど他のお母さんと違ってるって、そういうことだったのか、と。
自分の理解の範疇を超えていることは想像すらできない。

知って良かった。

けれど、同じような人とまた接することがあっても、
やはり私は苛立ちそうではある。

コメント

非公開コメント

以前の記事で同じようなこと書かれてましたよね。その時は結構感情的になってらっしゃった気がするのですが…
その人の努力が端から見たら滑稽で間違ってるように見えても、匿名のブログであんな毒を吐く母親よりずっといい

他人に対して理解できなかったりイラッとする気持ちは分かります。SNS等に愚痴を吐き出すのも個人の自由だと思います
でも、この記事の出来事に関連付けて以前アダルトチルドレンについてあなたが書かれた時は、愚痴の範囲を超えていませんでしたか?
読んだ人が不快になると分かっていた上であのような記事を書かれたように思えました。コメントへの返事も明らかに挑発的な文章でしたし

顔も名前も分からないとは言え、故意に他人を傷つけるようなことをしたのにそのことには一切触れずに「分かって良かった」の一言だけですか?
故意に他人を傷つけること自体もってのほかですし、万が一誰かを傷つけたら謝罪をする、お子さんを育てる時にそう教えなかったんですか?
あの時のあなたのブログ上での対応、人として母親として胸を張れますか?お子さんやご家族、友人知人に見せられますか?
本当は自分に非があると分かっているから触れたくないんでしょう

このコメントにも同じような対応をされますか?あるいは「そんな前のことを(笑)」と茶化しますか?罵倒されるのはいい気分ではありませんが、あなたのように自分の過ちから目を逸らして逃げるような卑怯者に成り下がるよりはマシです
あなたの振る舞いは人として、ましてや子供を教育する立場の母親として、恥ずかしいし有り得ない

名無しのコメントさんへ

ここは、友人知人、夫、子供、学校関係者も見ています。
自分が絶対的に正しいとは思っていませんが、
「私はこう思う」の嘘偽りない気持ちを文章にしていますので、
誰に読まれても困りませんし、隠してもいません。

そして、お聞きしますが、私が誰を故意に傷つけましたか?
意見はしましたが、お互い理解をしあえなかったというだけのことです。

あなたのコメント読んでも、一生懸命、私を傷つけようとする言葉を探して書き連ねてるんだな、ってそれだけですかね。

始めまして。(人と距離感について)

ゆうたぶから流れ流れてお邪魔します。

最後にサラッと本音を書かれてるのが、中々正直な人だな、と思いコメします。
自分も仕事柄、同じ様な立場になる事が多いので理解したつもりでいるのですが、
文中にある様なアスペルガー症候群を始め、敢えてここでは誤解を承知で言いますが精神障害の方とコミュニケーションを取る時、相手の話を一生懸命理解しようとすればする程、その人に寄り添うつもりがこちらが混乱して間違った理解をしてしまうリスクは、経験を重ねても常に付きまとってきてしまう問題です。
身体や病気の障害は比較的理解されやすいのですが、こと心の障害の理解は目に見えないだけ頭で分かっているだけでは違和感を拭いきれないので困ります。
自分の人としてまだまだ至らない部分は置いておいて、そうならない様に心掛けているのは、
「心は目に見えない臓器である」
と頭の片隅に置いておくと、対象者と適切な距離感を取って話し合いが出来る事も多いです。
これはいわゆる"普通の人"とも共通する、あくまで私の個人的なテクニックですが。
自分自身もこの見えない臓器を持っていると客観視すると、全体を俯瞰出来て勘違いしにくいと思ってます。

gazarakiさんへ

コメントありがとうございます。
「心は目に見えない臓器である」
本当にそうですね。

最近のことですが、娘のバイト先の経営者の性格がとてもおかしくて、モラハラ的な事を言ったり、金銭面でも常識から外れた事をしておいて娘が悪いからだみたいな話を周囲にされたりして、耐えられなくて辞めました。
辞めるときにも「恩知らず」「これから先も問題ばかりおこすようになる」なんて呪いの言葉吐かれて、娘は心病みそうだったみたい。
で、後になって、その経営者が実はアスペルガー症候群だったと判明したんですよね。
そうしたらその経営者は「イチロー選手と同じだ。だから俺はすごい」って方向にさらに走ってしまって、娘にもあんなにひどいことを言ったのに、「また働かないか」と何事もなかったかのように声をかけてきます。
ちょっと理解できないけど、それが障害なんだなーって、やっとわかった気がします。
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する