スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら、セント・ジェームス

日野先生を知ってから何度か足を運んだ大阪道頓堀のジャズクラブ「St James」。
一昨年、オーナーでピアニストの田中武久さんが亡くなり、去年の1月はその追悼ライブがあった。
それからまた1年。
この1月31日を持って、St Jamesは39年の歴史に幕を降ろすことになったそうだ。
どれだけ愛されてきた場所であっても、容赦なく時代は流れていく。
その最後に臨んで、1月28日に急遽、「日野晃・日野一輝&太鼓衆一気ライブ」が開催された。

開催が決定したのは、今年になってから。
やりたい!やろう!日にちはここしかない!
そんな感じに立て続けに入っている海外ワークショップの合間のこの日と決めたら、
後は、どんなステージにするのか、だけ。
このあたり、いかにも日野先生らしい。
だから、生徒たちも、
聞きたい!行こう!平日がなんだ、急な出費がなんだ!行くと言ったら行く!
と、バッと集まる。
九州から、東京から、見知った顔が続々と詰めかけていた。

この日、時差や環境の変化などで日野先生の体調は万全とは言い難かったらしい。
というのは、ブログを読んで後で知った事で、ステージではそんな事は微塵も感じなかったのだが
先生は困難があればあるほど、自分で自分に更に重い課題を課してそれをカンフル剤にされるのだろう。
日記には、それが太鼓集一気とのアンサンブルだったと書かれてあり、
「え、最初から決まってたんじゃなかったんだ?」と驚いた。(笑)

ライブは物凄い熱、熱、熱が怒涛のように押し寄せた。
音がフラッシュのように空中に弾け、ドカンドカンと空中爆発。
息をするのも忘れるぐらいに圧倒され内臓に響く。
激しく逆巻く波であったり、火花であったり、その中に訪れる一瞬の静寂、緩急のコントラスト等、
自由自在の世界が展開され、聞く者は存分に酔いしれた。

終わった後、ワーッ、ブラボー、最高ー、すごい!の声とともに、
多くの人が「ありがとうございました!」と叫んでしまうのが、日野先生のライブならではかも知れない。

「元気をもらった」とか、カンタンに使いたくない言葉ではあるけれど、
でも、本当にその言葉は、ここで使わなかったらどこで言う?というぐらいにピッタリな言葉だ。
しょうもないモヤモヤとか全部吹き飛んだ。
人はここまでやれるんだ!ってのを体感した。
だったら、どうする?
私も、もっともっとパワー全開させて行くぞー!!!
となってしまうのだから。

セント・ジェームスの最後に、この最高のステージが見れて良かった。
形は消えてもこの瞬間は永遠に刻まれて、この場に参加した人たちの中で未来に繋がっていくのだ。

セント・ジェームス
バースデーケーキ
田中夫人と
ドラムと和太鼓のセッション

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。