「安心車両」という呼び方

ここ最近は、月に1、2度くらいの頻度で東京や関西方面を行き来している。

半分仕事で半分遊び。

そこでJRや地下鉄も頻繁に利用するのだが、以前こちらで話題にした女性専用車両は階段すぐそばに設定されているので、確かに数が多く感じるし目立つ。

そりゃ、朝、混雑しているときに避けなきゃならないとなると苛立つだろうし、混み具合が違ったりすると尚更だろうなと思いながら利用させてもらっている。

幸い、私が乗っている時に無理やり変な主張して集団で押し入ってくる男性には出くわさなかったが、もしいたとしても黙って移動しただろうな。

気持ち悪いので。

ところで、大阪にいる私の男友達はこの女性専用車両には反対なのだそうだ。

どうして?と聞くと、

「なぜ女性だけが守られるの?男性だって痴漢の被害にあうのに。痴女だけじゃない。男が男に痴漢する事もある。

その厭らしさや怖さは女性が感じるのと同じだよ」と。

その発想はなかった!と目から鱗だった。

彼はだから男性専用車両も欲しいとのことだった。

男性専用車両といえば、冤罪を避けるためにみたいに考えていたけれど、性犯罪被害に男女の差はないのだった。

しかし、ここで問題がある。

男性を襲うのが痴女とは限らない事。

痴漢する女に比べれば、男に痴漢する男の方が多いのだ。

それでは男性専用車両にしても、性犯罪防止になるかどうかは怪しい。

2人してウーン?と頭を抱えてしまった。

ちなみにこの友人はバイセクシャルだ。

それは置いておいて、本題。

先日、怪我をしていて駅員さんの誘導で女性専用車両に乗っていた人が後日変な人から嫌がらせを受けたという記事を読んでいて、ある地方ではそのような誤解を避けるため、名称を「女性と子どもの安心車両」としているという事を知った。

これは良い呼び方だ。

もう少し範囲を広げて、障害のある方、具合の悪い人も男女関係なく乗れるような名前あるいは説明書きがあればなおいい。

困っている人が乗る場所の安全が確保されるとなれば、日頃元気なときは、階段から遠い満員車両で立ちっぱなしでも、何かの時には自分もお世話になるのだからと不公平感で腹を立てなくても良くなるのではないだろうか。

もちろんそこが絶対的に安全安心であるための対策は必要だが、それにしても、全車両に全方向から監視できるカメラを設置するなとという実現不可能な案よりも、やり方は考えられそうに思う。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する