fc2ブログ

動けないでいる

現在私は、親に虐待されている子供の命を救う活動に、ほんの少しばかり関わらせてもらっている。
といっても、本当に端っこの方でほんの少しだけ。
このブログを頻繁に書いていた頃には、いずれ自身の経験を生かして積極的にそういった活動に加わりたいという意思があったが、現在は遠ざかっているというか、むしろ避けているぐらいかもしれない。
きっかけは、毒親の元で苦しんで育った人と、保護された施設で虐待を受けた人の諍いを目にしたため。
どちらも辛かった。
そしてどちらも今も辛い。
「あなたの方がまし」なんて比べる事などできないはずだけど、そう言いたくなる気持ちもわからなくはない。
だって、振り返ると私もそうだったからと。
両親そろってて裕福な家庭で衣食住に困らず生活環境学習環境整っている中で育っていながら、親にすべて支配されていた事の辛さを訴えていた人に、「贅沢な悩みだ」と思っていたわけで。
人は、不幸なら不幸なりに優越に浸りたいものなのかも知れないね。
そして、そうやって考えると、まあこのブログでも好き勝手な事を書いて来たけれど、たまたま通りすがりに目にした人を傷つける事は多々あったと思う。
直接コメントやメールをくれた人には対応したけれど、黙って泣いてた人もいるかも知れない。

そして今、現実的に何かできる立場にはなれたわけだけど、10年前だったらやったであろう事が今はできないでいる。
私が動くと誰かを傷つけそうな気がして。
正直に言うと、今、私は幸せではあるけれど、それは自分が幸せである選択をし続けている結果で、美しいものを見て心地良い事だけをしているからこそそれは成り立つのであって、残酷な現実を直視し、悲痛な叫びを聞き、泥水に飛び込んで溺れている人を救おうとすると「幸せ」ではなくなってしまうというジレンマに悩んでいる。
きっと元から性格が悪いんだろうね。
自分が苦しいとすぐ、自分の苦しみをわかれ!って思考になりがち。
もう長年付き合ってきたから、自分の性格だいたいわかる。
隠したって辛さ倍増するだけだし、言動の端々にそれは漏れるでしょう。

てわけで、今、私は動けないでいる。
いずれ時が来たらこれも動き出すかもしれないけれど、気長に待つよ。

少しでも誰かを救えればと使命感に駆られて動いている人は、本当に尊敬する。

コメント

非公開コメント

No title

ぽあんさんみたいに50過ぎても、これだけのナルシズムに浸れたら幸せな人生ですね。

Re: No title

そうですね。
私は幸せです。
50過ぎて健康で自分大好きで、やりたいことやって、言いたいこといってますから。
ありがとう。
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc



八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する