成り立たないアンビバレンツ

 光が強まれば闇は薄れる。
 暖かさが増せば寒さは弱まる。
 相反するそれらが両立しないように、
 一人の人に愛と憎しみを同時に持つことはできない。
 良き事をしながら害を与えることはない。

ダライラマ法王が自我についての説明の途中でそう話されたとき、私は一瞬反発を覚えた。
「だって、相反する愛と憎しみのアンビバレンツってあるんじゃないの?」と思ってしまって。

愛して愛して愛しすぎて辛くなり、そんな苦しみを与える相手を憎くなる。
こちらが思ってるほど思ってくれない悲しさから。
他の人の方を大切にする嫉妬から。
冷たくぞんざいな扱いをされる悔しさから。
どうにかわかって欲しい、わからせたい、思い知らせたい、
との情念の業火に焼かれる地獄はあると私は知っている。

だけど次の瞬間に、それは本当は「愛」ではなくて「執着」なだけだと思い直した。
相手をわかろうとせず、自分をわかって欲しいとの思いだけで働きかける所に愛はない。
しかも、「本当の私をわかって」と要求しているつもりで、自分にとって都合良く作った「見せたい自分」を押し付けていたりするものを。

他人の自由意志を尊重せず、あるべき姿にしようとするのは相手を害する事になる。
至極当たり前の事なのだが、感情はそう簡単には割り切れないのがやっかいだ。


秋田で自分の子を虐待の挙句に殺害した女性が10年前に男性がらみの放火事件を起こした事が報道されている。
火をつければ消防士の元恋人が来るかもしれないとの動機で。
そのときの心情を裁判の場でこう話したという。
「炎の中で死んでいく私を見たら、私の愛がどれくらい深いかわかってくれると思った」
「私を遠ざけた彼を困らせてやりたかった」
これがまさにそう。
世にある男女間のトラブルのほとんどがこういった感情から起こっていると言っても過言ではない。

これがもし「愛」と呼べるのだとしたら、こちらはどうだろう。

あるテレビ番組の中でイジメを受けた経験のある子供が自殺を考えた時の心情を語っていた。
「虐めた奴らを見返したい」
「悪かったと思い切り後悔させたい」
「自分が死んだらどんな顔をするか見てみたい」

とてもよく似ているように見える。

わかってくれない人にわからせたい。
自分を嫌う人に罪悪感を感じさせたい。
後悔で苦しめたい。
「あなたのせいで私はこんなに不幸。あなたは悪い人」と刻み付けたい。
との思い。


虐められた人はイジメっ子を愛してる?
まさか。
それはないだろうが、逆はあるのではないだろうか。

「愛して欲しい」のは。
「優しくして。親切にして。仲間に入れて。高く評価して。嫌わないで。そして、好きになって。」

「そうしてくれないのなら、苦しめ!!」


そこにあるのは自分が心地よくなるための要求と、欲望が満たされない怨みだけ。


幸せを願う気持ちと不幸を願う気持ちとが両立することはない。
他人に対しても、自分に対しても。

ゆえに、相反する愛と憎しみのアンビバレンツとは、その実、身勝手な執着と逆恨みの復讐と言い換えることができるだろう。


光と闇は両立しない。

苦しみを伴う愛はない。

苦しさは正当化してはいけないもの。
誰かによって苦しめられてる気がするのなら、それは自分の誤りだと気付かなければならない。


コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する