FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椿三十郎の見所は

昼に何気なくテレビをつけたら、椿三十郎のPR番組をやっていた。
一時間半の特番だったのに、残り30分もない。
「しまったー」とあわてて食い入るように画面に見入る。
私はまだ映画を観ておらず、日野先生が指導された動きとラストシーンがどんなものか知らないので、できれば見所などのポイントを押さえておきたいと思っていたのだ。
うっかりボンヤリの私が大切なシーンを見落としなく隅々まで味わいつくすことができるように。
しかし番組はもう終盤。中村玉緒が織田裕二に質問するコーナーで締めくくりのよう。
そこでは殺陣の話題が出た。
織田祐二は当初、カッコいい殺陣ということだったら、自分より絶対に上手く決めてさまにできる人はいるので、そういった人に部分的に代わりにやってもらう方がいいと思っていたそうだ。
しかし、求められているのは「斬りたくないのに斬らなければならない殺陣」。
それならば絶対に自分がやるべきだということで、一切のスタントを立てず全て本人が演じきったという。
以前、森田監督も「人を斬るのも疲れるということを表現した」ということを言っていたのを聞いたこともある。
生身の人間味を出してリアリティを追求するという意味もあるだろうが、どうも、それにも増して武道的な人間と人間との真剣な係わり合いに焦点が当てられている気がする。
生きるか死ぬかのギリギリの命のやり取りほど、人が必死に相手に向かい合うことはないからだ。
殺陣をスピードやテクニックなどの見せ方の演舞としてだけ見て、黒澤作品と比べてどうだとか、三船椿の時にはどうだったとかの批評をしている意見もネット上で時々見かけるが、そういう場合はえてして何を感じたかはすっ飛ばしているものが多いように思う。
もちろんまだ見ていない私が何を言えるわけでもないが。
番組では織田祐二の話にかぶるように、殺陣の練習風景の映像が流れていた。
もしやチラリとでも武道指導に入っている日野先生が映ってはいないかと目を皿のようにして凝視するが、それはなかった。
あちこちの宣伝で「殺陣に力を入れた」「前作とまったく違うラストシーンを見てほしい」と言われたり書かれたりしているのを見聞きするにつけ、そのアイデアを出したのが誰かは語られることはなくても、ちょっと嬉しくなる。
来週あたり、いよいよ観に行く予定。
じっくりと味わいつくそうと思ってる。最後のクレジットまで。

テーマ : ◎椿三十郎◎
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。