FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アムウェイとザ・シークレット

ついに来ました。リアルに私の所にも。マルチネットワークビジネスのマの手が。
(漢字で書くと、名誉毀損・営業妨害で訴えられちゃうといけないからね。あ~、オットロシヤ~:笑)

PTAで一緒に役員をしている人は、いつも美味しい手作りおやつをもってきてくれていた。
多いのはフライパンで作ったというケーキで、「こんなフカフカなのがフライパンで焼けるんだ、へー」と興味を持ったのから始まって、手作りのこと、環境のこと、食品添加物の害についてなどよく話をしていたところ、木曜日の運営委員会の後、「明日、○○さんの家でケーキを焼くんだけれど、よければ来ない?」とお誘いを受けた。
○○さんは、次年度執行部入りする人。
ケーキ作りを見たかった私は二つ返事でOK。
その時、「■■さんも来るから、ポジティブな話がいっぱい聞けるよ」という、ちょっと気になる一言があったのだが、あまり気にもしなかった。
■■さんという人は知らないが、たぶんカウンセラーとか、アドバイザーとかそういった類じゃないかなと簡単に考えて。

翌日、○○さんの家を訪ねると他にも4人の主婦。
子どもは近隣の別の小学校に通っていたりするが、皆、幼稚園等で顔見知りの人たちだ。
お昼ごはんも作るということだったので私はエプロン持参で出かけたのだが、作るのは専ら家の人と誘ってくれた人だけ。我々はただ見ながらのダベリング。
ニュースを録画したDVDを見て、食品添加物や残留農薬の怖さなどについて話し合っているうちに料理はでき、お昼になった。
食べているところに噂の■■さん登場。
そして鈍い私はようやくそこで、この集まりがアムウェイ勧誘のためだったと知ったのだった。

まあ、ポジティブな話というか、景気の良い話はしてくれたと思う。
大企業の社長・社長夫人、議員、芸能人、大統領、経済界の大物と会っただの会食しただの、世界中をファーストクラスで飛び回っていろんなものを見たとか、住んでる豪邸とこだわりのインテリアなんてな話。
それらのリッチな暮らしはアムウェイのおかげで手に入れられたという。
しかもこの会社、社会的な貢献も数多くやっていて、支持者に有名人はとても多い。
フンフンと聞いていたら、脈ありと見たか、詳しいシステムの話にまで発展していった。
最初に「私はビジネスはやりません!」と一応言ってはおいたのだが、彼女はそれを変えさせるテクニックがあるからこそ成功しているわけで、そんなもの意にも介さない。
立て板に水のごとく慣れたトークを展開する。その話術は巧みで、「さすが」と感心するほどだ。

私はすっかり洗脳されてしまった。
そして気付いたら、契約書にサインを・・・・・・・するわけないわな。(笑)

ひとしきり話終えた彼女に「何か質問はある?」と聞かれて、「いいえ。完璧ですね」と笑顔で答える私。
それはそうだ。私を誰だと思ってる。これまでこんな経験は山のようにしてきている。
騙され易さにおいては右に出るものはないんじゃないかというぐらい騙されまくった馬鹿中の馬鹿だゾ。
今流行の「ついていったら、こうなった―キャッチセールス潜入ルポ」の内容のほとんどを体験している私からすれば「質問」ほど危ういものはない。
なにしろ、敵の「こう来たらこう返す」のマニュアルは長年の蓄積によって磨かれまくっているのだから、個人が瞬間で考え付くぐらいの事例は織り込み済み。むしろ手の内さらして餌を与えるようなもの。
「反論」にしてもそうだ。論破しようとする人ほど深みに嵌まっていくパターン。
宗教の勧誘を受けた事がある人なら一度は聞いた事があるだろう。「この人が一番反対していたのに、今じゃ一番の理解者(功労者)だから」なんてフレーズ。
もちろん、今回の彼女の話にも出てきた。「『私は絶対にやる気はないですから!』と息巻いて、拒絶オーラをムンムンに出していた人が、ちゃんと話をしてあげると『早く契約書出しなさいよ。どこに印を押せばいいの!』と変わって、今や立派なトップディストリビューターになった」って話。
それを成功譚としてケラケラと笑いながら聞く主婦達。危ない事この上ない。
ともかく、噛み付くのは、積極的に絡んでいくというということだから、一番下手なやり方。
「そうですねー」で相手を肯定して、「でも、私は嫌です」と、自分の意思を示す。これしかないのだ。

それでも、あの手この手で心理作戦で揺さぶりをかけるものだけれど。
その手練手管はやはり洗練されている。
まず、収入には「労働収入」と「権利収入」があることの説明から入る。
時間と労力で得る労働収入で暮らしている人は縛られて不自由。ネットワークを持っていれば遊んでいてもお金が振り込まれる権利収入の人は、いつどこで何でもできるという自由がある。ときて、「さあ、あなたはどっちを選ぶ?」と選ばされる。
年をとって家族の介護や健康を損なうなどで働けなくなったら収入は0。一方、お金に余裕があればヘルパーも雇えるし、医療費の心配もない。
旦那さんの収入に頼っている生活だと、やりくりの苦労のイライラが家庭の雰囲気に影響をしてしまうもの。だけど余裕があれば家族に困った事があっても「大丈夫」と笑っていられるし、家族を海外旅行につれてってあげたらどんなに喜ばれる事か。
不自由な奴隷のような生活でいいよと諦めるのも自分。完全な自由人として可能性を花開かせるのも自分。
「選ぶのは、あなた」
って、これ、選択の自由がないように思うんですけどぉ。。。

とまあ、こんなふうに畳み掛けるのが手だ。
そして決して無理強いはしないというのも。
「選ばせる」というのは、すべての責任を個人に負わせ、自分は知らないよをするための布石だからね。

とにかく良い事を言う。
会社が得た収入はいろいろな福祉のプロジェクトに使われているから、買えば買うほど社会に貢献することになる。
間の流通コストを削減した分、メーカーや生産者が潤い、より良いものが開発してゆける。
健康の基準を厳しいものにしているから、どこの商品より安心できる、等など。

実際、突っ込みどころは満載だけれどね。
根拠とされる資料はずらずら並べてくれたけれど、健康についての誤解と矛盾を突く気にもならないレベル。
大学を出て、私よりずっと頭がいいはずの人たちが、どうして自分で物を考えようとしないのだろう。
と、私はそこが不思議でならない。

結局、皆、やりたいことをやりたいようにやっているのだ。
見たいものを見たいように見る。聞きたいことを聞きたいように聞く。
だから、それはそれでいい。と、私はあえて何も言わない。

しかし面白いのは、こういったアムウェイのようなビジネスに、スピリチュアルな人たちが最近もてはやしている「ザ・シークレット」の理念が色濃く影響しているという点。
心に強く思えば思うほど現実化する「時代」になったのだそうだ。
私は「ザ・シークレット」がアメリカで評判になり始めた頃、何かのきっかけでyoutubeで動画を見たのだが、最初の数秒で気分が悪くなって以来、見ていない。
映像も声も暗示のためのものだ。
貸してくれるというので、丁重にお断りした。

心に強く思えば実現する。
それは、今の時代でなくても普遍的な事実ではないのだろうか。
やりたいことをやる。
それをなぜ教えてもらう必要がある?
なぜそのためのシステムが要る?
健康でいるために、あれが要る、これも要る、どんな水で、どんな空気で、どんな栄養で、とそのすべてを「ここのでなければ」と頼ったとしたら、それがなくなった時にどうなる?
「無限の富を手に入れられる」?
いらないよ、そんなもの。
だって持ってるもの。
私の定義では、外にあるものを求めるのではなく、作り出せる者こそが「自由人」だ。

ポジティブシンキングの■■さんは、世界中の珍しいものを見て回りたいという夢があり、毎月のように優雅な海外旅行をしているのだそうだ。
大きなネットワークを持っているから、自動的に沢山ポイントが集まって、アムウェイからのボーナスで招待されることもたびたびあるという。
「自由人」になれたおかげで、時間を自分の思い通りに使えるのが幸せと微笑む。
それを「いいな~、私もいつかそうなりたいな~」と憧れの眼差しで見つめる主婦達。

・・・・・・おいおい、そのお金は、どっから来てるわけ?

良いフライパンなら少々高くても買おうと思って来た私だが、金額聞いてギョッとした上、システムの話で急速にその気持ちは萎えた。
一流デパートで売られているものと同じ工場で同じ工程で作られる上に改良されているのでより品質が良くて安価というのが謳い文句だったが、情報は鵜呑みにせずに調査し、比較検討が原則。
口コミを調べる。他社の価格を調べる。やれやれ、べらぼうだぜ、まったく。

ヤフオクに、同じフライパンの新品が半額で売られていた。
インダクションレンジ(電磁調理器)も、フードプロセッサーも。
ポイントを達成するとボーナスが増えるからと無利子のローンを組んでまでまとめ買いをしては破産するケースも多いと聞くから、在庫処分なのだろう。
知り合いには、せめてその金額ぐらいは教えてあげよう。

それとも、「アムウェイの商品を私から買ったら、アムウェイから買ってボーナスをもらうより安く買えるよー」と言って、商売するかな。
儲かるゾー。イシシシシ・・・・・ψ(`∇´)ψ

コメント

非公開コメント

No title

はじめまして。アムでたどりつきました
ずいぶん前の日記ですがコメントさせて下さい。

私もぎりぎりまで気付かなかったんです★
ぼーっとしてるから呼ばれたのかしら。
なんだかなぁって思いながらも、とりあえず言いたい事を言わせていました。
長いんですよねぇ、洗脳時間。 うんざりしながらもあいずちと笑顔。。
結局 洗脳されませんでしたが。

それで、「ザ・シークレット」の理念が色濃く影響しているとのことで、
そうなんですね(><)☆知りませんでした。
実は読んだことのある本なのです。
(DVDは、チラッと見て、私も何か思いましたが。)
妙な事に利用されてるのかなと思うと、残念に思って。

私の解釈では、確か、
全ては自分の責任、幸も不幸も等しく同じ時間。
出来るだけ楽しく生きていこう。
いつでも好転するんだ。
って解釈でした。。。違ったかな××
もちろん、気に入らないって意見もあると思います。
そりゃ、そーですよね。様々な好みかあるわけで。

おかしな解釈した人達の愛読書になってたら。。。
ゾッっとしますぅ~v-12
私の家の本棚にも同じ本がるのにー。

他にも楽しい日記や
なるほどと感じたのが多いので、
また遊びにていいですか?(^^)
おじゃましましたー。

賢人の教え 愚者の利用

ののさん、はじめまして。

アムウェイに「ザ・シークレット」の影響があるのではなくて、
利用できるものは何でも利用するのでしょう。
たまたまこの時期にはアメリカで「ザ・シークレット」がブームだったので
アムウェイに都合が良いように解釈した勧誘テクニックを広めていたのだと思います。
たぶん今はまた別の題材を使っているんじゃないかな。
こうした教育をディストリビューター達にして契約を増やすフォローを欠かさないのも、
アムウェイの魅力のひとつかもしれません。

聖書でも経典でもカルト宗教の教義に利用されますし、
ある占い師などは「いろは歌」が予言の書になっていると解明してたぐらいですから、
本に書いてあることなど、どうとでも歪めて思い通りの結論に結びつける事はできます。
同じ本を読んでも、人によって受け取り方が違うので、
良い教えかどうかは、本人にとって役に立つか害になるかの判断によりますね。

もしくは、不要か。

No title

そうそう^^
そんな感じの誘い方^^
そうやった方が一番伝わりやすいんだもの。
誰かみたいにこうやって、嘘と真実が混合したネットに書き込んだら
また次の誘い方考えなきゃなんないよね。。。
まったくめんどくさい^^;

例え勧誘だったとしても億万長者になれる話だったら俺はやるけどね^^

「私は色んな経験した。勉強した。そんな人いっぱい見てきた。あなたみたいな考えの人たくさんいる。」
あたしの考え方はこう。
だから私は絶対やらないとかゆっといて
周りの家族、友人、恋人がやったらやるくせに^^;
博学ぶって自分の本能が飛ぶ、


誘う側も誘われる側もそう
結局人間流されるのが大半。
「要は自分がどうなりたいか」だけ



欲と孤独に付けこまれるから

なんだろね。どっちの立場の人かわかんないけど?一応レス。

> 例え勧誘だったとしても億万長者になれる話だったら俺はやるけどね^^

なれるんだったらね。
なれる「話」なんか、いくらでも来るでしょ。
先物取引やFXなんか、出資さえすればガポガポ儲かるらしいよ。
やってみる?

> 「私は色んな経験した。勉強した。そんな人いっぱい見てきた。あなたみたいな考えの人たくさんいる。」
> あたしの考え方はこう。
> だから私は絶対やらないとかゆっといて
> 周りの家族、友人、恋人がやったらやるくせに^^;
> 博学ぶって自分の本能が飛ぶ、


あー、そうだね。
韓国ドラマが流行って韓国俳優がカッコいいと洗脳されたら、
オバサン連中はコロッと騙されてキャーキャーだもんね。
アムウェイの人たちももちろん、群れて楽しそうに喋ってるよ。

一切興味もないし男優の見分けもつかない、名前も知らないような人間は、
会話に入れないし居場所がなくて結構、辛いんだわ。
本音は、「ウラナリのどこが?キモイだけじゃん。ドラマも臭~い」と思ってても
言えないしー。

> 誘う側も誘われる側もそう
> 結局人間流されるのが大半。
> 「要は自分がどうなりたいか」だけ


「どうなりたいか」は引っ掛けのテクニックに使われてるよ。

「金持ちになりたいでしょ?」「子どもに高い教育を受けさせたいでしょ?」
「旦那様にゆとりを持ってもらいたいでしょ?」「年に1度は海外旅行に行きたいでしょ?」
「老後の安心が欲しいでしょ?」「健康的な生活をしたいでしょ?」
→「だったら、今のチャンスを掴まなくっちゃ!」と畳み掛けられるわけで。

「割高な商品を買わされたくないです」「友人知人を勧誘して嫌われたくないです」
「集会にたびたび呼び出されたくないです」
「時給にもならないようなサービス労働はお断りです」
「東京から来た誰かわからないような女の上から目線の話なんか聞かされたくないです」
といった、「自分が何をしたくないか」が、この場合は大切なんじゃないかな。
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。