FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「寂しい」気持ちはどこからくる?

例年より賑わいが少ないクリスマスとはいえ、やはりカップルの姿は普段より多い。
恋人たちにとっては特別な日というのは変わらないらしい。
車の窓から外を見ながら長女が
「私ももう少ししたらあんなふうにクリスマスを過ごすのかな」とつぶやく。
「そうだろうねー」
「クリスマスの夜に家に帰ってこなくなったりして」と言うから、
「ああ、なるだろうね」と返すと、
「ええっ、いいの?」と聞く。
「仕方ないよ。『ダメ』って言ったって聞きゃしないよ。恋愛にとち狂ったらね」
「そんなことないよ・・・」
とまあ、その話はそこで終わったのだけど、娘はこんなことも言う。
「でも、彼氏は欲しいよね。同級生でももう付き合ってる人がいる人がいて、いいなと思うもん。
 私は何歳で彼氏できるかな。中学かな、高校かな。
 できなかったら寂しいな。恋人のいないクリスマスなんてさ」
馬鹿ガキ!
当然、「あんたね、そういうところがアホだっつーの!」ととっちめたけど、意味わかったかな?

同じような言葉を口にする若い人は多い。
私が若者だったバブルの昔からそんな雰囲気だったが、
クリスマスに彼氏がいないと寂しい人ってのは誰が決めたんだ?
そこをずっと疑問に思っていた。
付き合っている人がいないと可哀想な人、
恋愛していないと異常者のように言われてしまう風潮を当たり前にしているけど、
本当にそう?
それは自分の寂しさ? 実感してる?
寂しく感じる前から寂しいだろうと決めてかかってない?
だとしたら根拠は何?
その胸の感情は、恋人がいないせいではなく、
恋人がいない自分が他人からどう見えるかの不安ではないの?
と。

いまや結婚年齢が上がり、
誰も25過ぎた女を「売れ残りのクリスマスケーキ」とは称さなくなったが、
そう言われたくないばっかりに焦って結婚相手を探すような時代と今とで、
何も進歩していないような気がする。
自分の価値を低く見られたくないがために誰かが欲しいとするならば、
それは人と人との関係を築くこととはならないのだ。

私自身、未熟なエゴの塊なので、どうあるべきなんて言えるようなものを持たないが、
だからこそ子供たちには、若いころからそういうことを
徹底的に考えるようであって欲しいと思っている。
自分で何を感じ、どうしたいかぐらいはね。
だって、本当に好きな人とじゃないと、どんな御馳走でも美味しくないから。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。