長すぎる箸の利用法

どこかでこんな話を聞いたことはないだろうか。

地獄の亡者はいつも腹をすかせて飢えているが、実は食べ物は豊富にある。
しかし、それを食べようと箸で掴んでも口に運ぶ事はできない。
なぜなら、地獄の箸はとても長くて1メートル以上もあるから。
亡者たちは御馳走の山を前にして食べられないという苦しさを味わい続ける。
一方、極楽ではご馳走を思う存分食べて満ち足りている。
こちらも同じ1メートル以上の長い箸だが、互いに食べさせあいこをするから。

私が始めてこの話を聞いたのは、
脳梗塞で動けなくなった母の介護中に、心配してくれた友人に連れて行かれた、
天照大神を祀るある手かざし系の宗教でだった。
“お取次ぎ”は自分で自分にではなく、人にするから意味があると関連付けられて。

以降、私はこの話を再々目にしたり耳にしたりした。
神道系仏教系のさまざまな宗教で、自己啓発セミナーで、スピリチュアル的な書籍で、
マルチ商法の勉強会で、自称心理カウンセラーやエネルギーワークの人からも。
この話は宗派、思想を問わず好まれている。
それだけ普遍的な訓示を含んでいるということだが、別の言い方をすれば、
もくろみを持って利用するには格好の材料だということにもなる。
ただのおとぎ話なのに、いや、だからこそ、誰もが頷いてしまう。
そして、
「今ここは、地獄ですか極楽ですか?あなたはどちらにいますか?」と問われたら・・・

円天会長のブログにもこの話がのっていたのには笑った。
いい人でなくても、いい話はいくらでもできるから。

長すぎる箸なら適当な長さに折って使えばいいじゃないか。
手づかみで食べろよ。
いや、それより、畑を耕せよ!魚を釣れ!
料理をしろ!
誰かが用意した御馳走をめぐんでもらおうとせずに、働け!
生きて暮らしている中で人と関わりあうからこそ、思いやりが生まれるというもの。
単純なギブアンドテイクではないはずだ。

極楽の住人であろうとする人は皆、地獄の亡者だと知れ。

コメント

非公開コメント

そうですね。その視点、、、すぐに忘れてしまいそうになります。

私も。
自分に言い聞かせています。
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する