放っておいたら勝手に育った

うちは貧乏人の子沢山。
4人も子供がいるけれど、底辺の生活なので、塾なんか行かせる金などない。
誰も塾に行ってない。
家庭教師なんかとんでもない。
通信教育の教材も買えない。
それどころか、問題集や参考書も必要最低限。
小遣いもやれないので、高校になったら各自バイトして自分の物を買う。
ただ、高校は原則バイト禁止。
家の貧乏さを訴えて許可をもらおうとしても、
公務員先生には子供がバイトをしなければ暮らしていけない家の存在が信じられないらしく
学校側は、
「バイトをしたら学業がどうしても疎かになり、志望校には入れない。後悔させたくない」
の一点張り。
何度も何度も申し入れては突っぱねられたので、仕方がないから隠れてやるしかなかった。

そんな子供たちがどうなったかというと・・・

一番上の子は、勉強嫌いだけれど働くのは厭わない。
自分のやりたいことをしてやりたい物を買うためなら、昼も夜も寝ずに働く。
高校出て就職して、転職を何度かしたけど、今は一人暮らしで面白おかしくやっている。

二番目の息子は、人の好き嫌いが激しいのでバイトは長くもたなかった。
勉強も好きではないけど、負けず嫌い。
ライバルに負けたくない一心で覚醒して、奇跡的に国立大に入学というわけわからん奴。

三番目の長女は、コツコツ努力型。
バイトの金も貯めて、時々ドカンと旅行行ったりブランド品買ったりもするけれど、
もう百万単位の貯金もできてるらしい。
こいつも軽々国立大。さすがに大学ではトップクラスとはいかないけれど、まあそこそこ。

四番目の娘は、まだ高校生。
勉強嫌い、友達少ない、外に出るの嫌い、服とか興味ないのでバイトもしてない。
暇さえあれば本を読んでるか、ネットでアニメを見てるので、オタクかーと思っていたら、
語学の模試、学年一位だったとか。懇談で担任に言われるまで本人も知らないというのんびりさ。
もちろん私も子供の成績とかいちいち見てないしな。どの子も。

今年も私は高校のPTA執行部に引きずり込まれてしまったりしてるのだけど、
二人国立大に入ったと聞くと、「教育法を教えて」とか言われて困る。

「やっぱり出来る子って、三歳までに決まるって言うよね?もう手遅れだよねー」とかね。

いや、知らない。

4人産んで放っておいたら、勝手に兄弟で社会作って適当に育ったみたい、って事ぐらいしか。

子供に何かしてやろうとか思ったことないし、遊んでやったこともないし、
寄るな触るなって突っぱねてたぐらいの私だよ?
子育てで悩んだことなんか一つもないしね。

なので放っておくのが一番かなとか思うけど、そうすると放置子とかやる人とかもいたりするかもしれないね。
でも、そういうんじゃないから、一応書いとく。

休日は毎週みんなで公園行ったりドライブしたりバーベキューしたり海行ったり、
どこにもいかない日はDVD借りて映画見てお菓子大会~とかやったりで、ずっと一緒にはいたかも知れない。

夫の帰りが遅かったけど、ご飯を待って9時10時に食べたりなんか普通。
とにかく全員揃って「いただきます」をしないと気持ちわるいので。
塾の帰りが9時10時でひとりでご飯を食べる子をむしろ可哀想に思うんだ。

一緒にいるけど、それぞれ好きなことをして干渉はしない。そんな感じだったかも。
ネットもフィルターもかけずに自由にやらせた。ただしリビングで。

子供たちは自分の部屋があるけど寝に上がるだけで、リビングのテーブルで宿題も遊びも全部やるから、
物が散らかってしょうがなかったよ。
だーれも片付けないからね。ゴチャゴチャ。


世の中で言う、頭の良い落ち着いた子供を育てるとされる教育法とは真逆の子育て。
なもんだから、教えるなんて到底できないよね。

っていうか、悔しかったら、真似してごらん。(笑)

はい。自慢ですよ。コレ。

ホンモノの霊能者探しをお続けの方に

大きなご利益を謳う宗教に入っては「これじゃなかった」と落胆し、
有名な霊能力者を訪ねて行っては「わかってくれない」と憤慨し、
「今度こそ」
「あそこに行けば」と探し続けていた人は、
完全に理解してくれて、完璧に欲しい答えをくれる「ホンモノ」に会えたのだろうか?

もう10年以上前になるんだね。

あの当時私は霊能力者の知り合いはいなかったし、
胡散臭い自称能力者にああだこうだと言われて振り回されていたりもしたので、
偽宗教の教祖に騙されて傷ついた人たちを思いやるようなふりをしながら、
そんな居もしない者を探してるとか馬鹿じゃなかろか?
おとぎ話を信じていいのはガキだけだよ? なーんて心の隅で思ってたりしていたわけなのです。

でも、縁あって今は、その方面の力を持つ人たちと一緒に遊んでいたりします。
相変わらず私には何の能力もないけどね。もちろん。(笑)

ホンモノは、いるね。

だけど、かつて私が知っていたような「ホンモノを探している人」にもし今後出会ったとしても、
紹介はしないでしょう。
私は今私の近くにいる彼らが大切なので。
つまらない人間の、くだらない霊能力者選びのテストなんか受けさせません。

ただ、私の大切に思う人が困っていたら、相談はするでしょうけど。


霊とか因縁とかに悩んで、ホンモノの霊能力者を探して解決してもらおうと思ってる人、
体が動くなら、霊場めぐりや坐禅や山駆けでもしてた方がマシですよ。
まあ、天狗になった行者なんかもワンサカいたりもするけれど。

普通になろうとした人

昨日の「世界仰天ニュース」はアスペルガー症候群についてだった。
ネットでは気軽に「お前アスペだろ」「あの人きっとアスペよ」なんて使われる言葉だけれど、
これはれっきとした脳の障害であって、性格が変わっているとか悪いとかという話ではない。
なのでそういう言葉を聞いたり目にしたりするたびに、不愉快になってはいた私だが、
昨日のテレビを見て、おおいに反省するところがあった。

以前関わりのあった知人が、少し変わった人だった。
場の空気の読めなさには時々いらつくことはあったが、そういう個性として私は見ていた。
ある時、彼女が自分の子育てについて語ったことがあった。
「私は子供のために努力をして自分を変えた」ということを。

昔から変人扱いされることの多かった彼女だったが、
小学校に上がった子供から泣いて抗議されたときには堪えたと言う。
「どうしてお母さんはそんな風なの?どうして他のお母さんのように普通じゃないの?
 もう嫌だ。そんなお母さんなんか嫌いだ」と。

それから彼女は周囲のお母さん方を見て、
どんなときにどんな反応をし、どう行動するのかを徹底的に研究し真似をし続けたのだそうだ。

「私は娘のために自分を変えた」と誇らしげに言う彼女を私は理解できずに、
「他所の母親と比較をして、ありのままのお母さんを否定する子供のいいなりに何でなったの?
 そこは親なら子供を叱るところじゃないの?
 自分を殺して他人の真似をするのが良い事とは思えない」
なんて言ってしまった。

別に議論したわけでもなく、その場はそれで終わったのだけれど、
やっぱり彼女は変わってるなと私は感じただけだった。
しかし、それとまんま同じことが、昨日のテレビの再現ドラマにあったので驚いたのだ。

ああ、子供が泣いて嫌がるほど他のお母さんと違ってるって、そういうことだったのか、と。
自分の理解の範疇を超えていることは想像すらできない。

知って良かった。

けれど、同じような人とまた接することがあっても、
やはり私は苛立ちそうではある。

平和を勝ち取る戦人

マインドコントロールって、特別な事じゃない。

マルチ商法の人がよく使う手に、
答えのわかってる質問をするというものがある。

長生きと早死どちらがいい?
健康と病弱どちらがいい?
若く美しくいるのと老いて醜くなるのどちらがいい?
裕福と貧困どちらがいい?
安心と不安どちらがいい?

これで悩む人はいない。

そして答えると、
美しく健康に長生きして裕福に安心して暮らせる
「方法」を教えてくる。

これに「No!」と言うことは、
貧困の中、病弱で醜く老いて早死にする不安を選ぶという意味。

もう絶対これしかない!という風に押しつけてくる。
他の方法なんてダメだと貶しまくって。

それで

あなたは

平和 と 戦争 とどちらがいい?

「もう誰も信じない」ってか?

「昔、人に裏切られて悲しい思いをしたのでもう誰も信じられない」、
という人がたまに居る。

私は「ふーん、そうなんだね」としか返せない。

「私はあなたを裏切らないから安心して」って言葉を期待してるのかな?と思いつつ、
そんないかにも臭い言葉は気持ち悪くて言えないし。

そんなふうにこちらのリアクションが薄いからなのか、
更に過去にどんなに酷い裏切られ方をしたかを詳しく話してくれたりもするのだけど、

やっぱり私は「ああ酷いね。それは辛かったね」ぐらいしか返せない。

すると、
そうしてひとしきり自分の辛かった経験を語り終えた後で

「でも、ぽあんさんの事だけは、信じてるから」

とか言われたりする。

途端に、
そこまででモニョモニョしていた正体不明な感情が、形を明らかにする。

不愉快。

怒り。


これ、
「こんなに酷い目にあわされて誰も信じられなくなった私が
 あなただけは特別に良い人、信じられる人と認めてあげてるのよ」
ってことだからね。


お前の評価なんかどうでもいいんだよ!

お前に認められたからって、何で私が喜ぶと思うんだよ!


被害者意識の強い人、
自己評価の低い人って、何でこんなに高慢ちきなんだろう?

矛盾してるようだけど、本当、そう。


可哀想だから、言わないけどね。
でもあなたが同じ話をしてきた多くの人たちは、みんな、心の内で思っていること。

だから誰ひとりとして残ってないでしょう?
あなたを馬鹿にして都合の良いように使う人だけしか。

三輪山登拝に行ってきました

大神神社

縁あって、昨年の秋、初めて訪れた大神神社。

それから1年、今回で4回目の参拝。

なぜそこまで足繁く行くのか、自分でもわかりません。

けれどもどうしても行きたいのです。


今回は、前日から奈良に入り、朝から向かいました。

今度こそ念願の三輪山登拝をするために。

三輪山登拝口

山であったことは口にしてはいけないとのことで、こちらには書けませんが、
とても良い経験をさせていただきました。

ふたたび山に登ることがあるかどうかはわかりませんが、
大神神社には、これからも何度も足を運びたいと思っています。

ここは、特別な場所のひとつです。

三輪明神 大神神社

祖霊と死霊の違いもわからないバカを晒し上げる!


食べ物に死霊を寄り憑かせ、

それを人肉に見立てて食べる。


正月にそういう儀式をする国がどこかにあるらしいですよ。

そんな穢れた国なんか、私は知らないですけどね。

まあ、ここ見てみてよ。↓

    正月とカニバリズム ― 鏡餅の怖すぎる本当の姿

    知らないと恥! 本当は怖いお正月!! あなたは一体何に拝んでいる?

どっちが恥なんだか・・・

どこの悪魔崇拝だよ。

今のSEALDsなんかやってるアホたちは、すぐ信じるんだろうな。こういうの。

「神社」って名前が付いてるからって、

「宮司」って肩書きが付いてるからって、

本物とは限らないんだよ。

変化に富む毎日

ここ数年、どんどん新しいことが起きていて、特に今年はすごいと思う。
まあ、毎年言っている事かも知れないけれど。

去年までの流れと急転直下変わっちゃって、どうしたものかと途方にくれてたのが
今年の初め。

どうしようったってどうしようも出来ないから別に何もしてないんだけども、
次々とアチコチから話が舞い込んできて、
あれよあれよという間に、イベントには呼ばれるわ、テレビには出るわ、
果ては私が主催したイベントに業界人が無償で来てくれたりとかね、どうなってんでしょうね?

で、来年からは定期的に大阪で仕事が入る予定もあるし、
スポンサーになるから事務所を持たないかなんて話もチラホラ出てたりとか。

いやぁ、人生って、どう転ぶかわかんないものだよね。


ただ、ね・・・・


出会いもあれば、別れもあるわけで、

人との縁だけは努力や計算ではどうしようもないから、
その寂しさには、どうしても慣れることはできないものだなって感じる。


「新しい扉を開けるためには、古い人間関係を捨てなきゃならない」
なんての、よく自己啓発系やらスピリチュアルとかで言われたりするけど、私にはできない。

でも、出来る人もいる。

冷たいなぁ、と思うけれど、人それぞれの価値観だから、しょうがないもんね。

心の傷なんか、舐めときゃ治る治る。

さあ、この勢いでまだまだ先に行きますよ!

来年の話をすると鬼が笑うと言うけれど

夏前頃からDMがじゃんじゃん届く。
娘の名前と「お母様」宛で。

一体どこで調べてきたのかというぐらい、
連日のようにリーフレット、パンフレット類が郵便受けに入っている。

成人式用着物の販売、もしくはレンタルのご案内だ。

しかもそれが来年の話ではなく、再来年の予約だというのだから、
気の早いことだなぁ、と放っていたら、娘から「いつ見に行く?」と催促。

最近ではこれが普通なのだそうで、大学でも友人たちとその話でもちきりなのだとか。

というわけで、この週末に見に行く。

しかし、高いね。

レンタルでも、2~30万は行く。

だったら、振袖よりも訪問着の使いやすいやつを買っておいた方が、とも思うけど、
女の子の夢らしい。

しょうがないなぁ。

上の男の子二人には、DMなんか一通も来なかったし、
本人たちも「何しに行くの?めんどくさい」とかで、行きもしなかったのにね。

でもこれが娘を持つ醍醐味ってやつかな。
親の私が言うのもなんだけど、結構な美人さんだから、振袖は似合うだろうな。

試着で写真をいっぱい撮ってやろう。

と、割と私もワクワクしてたりする。(笑)

衝動的に消える奴

ネットをどんな風に使おうが個人の自由だが、
自分の意見を主張したいだけにしろ、他人との繋がりを持ちたいにしろ、
ブログやtwitterアカウントやコミュニティ等を作ってはちょっとやって消し、
また作っては、アッチャコッチャにちょっかい出しては人を集めては消える、を
性懲りもなく何度も何度も繰り返す人って何なんだろう?

気まぐれなのか衝動的なのか知らないが、そうやって逃げるように縁を切っては、
名前もコロコロ変えてても、やってることはいつも同じなもんだから、
うっかり関わると注文多くて面倒くさい面倒くさい。

聞きたくもない秘密を一方的に語っては、「理解してくれない」と拗ねてみたり、
勝手に悪口を言われているという被害者意識を膨らませて、鍵をかけてブロック。
そんなに警戒しなくても、ただの一般ブロガーでしかないアナタに興味を持ってる人なんか
そうそういるもんじゃないから。

その、誰もが自分に注目しているに違いないと思い込める「自信」ってどこから来るの?
それだけ特別なアナタなら、人に大切にしてもらえないなんて悩む事ないんじゃないかなぁ。
プロフィール

ぽあん

Author:ぽあん
広島在住。
のんびりとやりたい事だけして
暮らしています。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ」。

★★応援しています!★★
最近の記事
武道なリンク

日野武道研究所


武禅一の行

ほぼ毎日更新
(ぜひブックマークに!)
移転しています
日野晃の
さむらいなこころ


YouTube
[SRS伝説の武道家 達人 日野晃]

YouTube
[コンサートに向けて(ドラム)]

YouTube
[2005年のfeel&connect]
9日間のワークショップを10分で紹介
http://jp.youtube.com/watch?v=hA37h1-nYPc
http://jp.youtube.com/watch?v=ADoNbkOJFjc

クイズ紳助くん 2007年2月19日
「なにわ突撃隊 こころを鍛えろ!武道研究家に学ぶ!!」
オープニング映像有



やもりこ先生のブログ
峠より

八幡 謙介さんのブログ
ギター教室講師のブログ

香月章伽さんのHP
香月ダンスファミリー

館兄さんのブログ
ボディーアーキテクト公式サイト

北村成美さんのHP
なにわのコリオグラファー“しげやん”

たてまるさんのブログ
たてまるの日記

やましろ整体さんのブログ
女整体師の 出張めがね日記

怪談師夜魔猫GINさんのブログ
オカルト酒場の片隅で

星が見える名言集100
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する